FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

京都に行ってきたこと 2018 9月 ふつかめ~みっかめ

 ふつかめです。割と起きるのがゆっくりだったり、昨晩遅くて夜お風呂に入らなかったため朝入ったりで、出発が遅くなってしまいました。二日目は電車で移動して、南禅寺さんへ。最初に、また久しぶりに三門に上がりました。ここに上がったのも京都に来始めて最初の頃以来かもしれません。久しぶりに登ると、あれもこれもみえるなあ、みたいな感じがしました。すこしむこうに黒谷さんや真如堂さんらしき屋根がみえました。ここの掛け金にも飾りがついていた。贔屓の掛け金なのかな。
nanzen1809.jpg

 そのあとは水路閣をみた。今回はちょっと違った感じの写真にしてみました。
suirokaku1809.jpg

 そんなこんなで南禅寺に入ったのはお昼過ぎ。入った脇のところで抹茶をいただき、そのあと庭をみました。庭を見ているところで一緒に行ったKさんの携帯に電話がかかってきました。だいぶ時間がかかっていると思ったら、Kさんの祖母がお亡くなりになったお知らせでした。どうしようと相談しましたが、とりあえずいろいろ日取りがまだ決まらないので明日早めに帰るようにしましょうということになりました。ただ、ここからはやっぱり色々落ち着かない旅行になってしまいました。

 お昼を順正で食べました。おぼろ豆腐を食べたけれど、この前もこれだった気がする。売店で売っているおかべ家のきなこのカステラを買ってきました。今これを書きながらもそもそ食べています。たいへんうまい。

 永観堂さんにも行く予定でしたが、そこははしょって清水寺に行くことにしました。清水寺は混んでいて、しかも改修中なのですぐ帰りました。舞台は覆いがかかっていて外からは見えません。お堂の中に外国の方のすごい行列ができていて、何だろうと思ったらお堂の中にある大きなおりん?を叩くために並んでいるようだった。以前会社の人と来た時に、観光地化していて有難味がないと大変不評だったのですが、なんとなく気持ちがわかった気もしました。

 お土産など見ながら三年坂を下りました。昨日のギオンコーナーに続き、今回はここでもいつも行かないところに行くという企画があります。高台寺さんの観月茶会に参加することにしました。18時までに受付を済ませなければならないのですが、この時点ですでにかなり時間が迫っていて、いそいで行きました。途中、高台寺さんの前から暮れる八坂の塔がきれいでした。
yasaka18.jpeg

 時間が遅かったため、受付を済ませて先にご飯?を食べてきてくださいと言われました。圓徳院さんの中にある「羽柴」というお店で飲茶という食事をしました。別に精進料理とかでもなく、小腹に入れるだけ、っていう程度の量でもなくてよくわかりませんでした。量は少なめなものの、小食なので普通の食事ということでも良い感じの量でした。そのあとは石塀小路の喫茶店でコーヒーを飲みました。この食事とコーヒーがセットになっています。済ませてまた受付に戻りました。
 みんなが集まったところで、庭園を一通り説明してもらいました。昼間は何度か訪ねていますが、夜来るのは初めてです。昼とはまた雰囲気が違ってよかったです。
koudai180902.jpg
 途中、白砂が引かれて幻想的な庭があって、きれいだなあ、と見ていたらむこうを猫のようなものが通っていきます。よく見るとタヌキでした。こんなところでタヌキを見るとは。あれは下鴨家の一員だったりするかな。

 庭を見た後はお茶会です。お茶のこころえなど何もないので、ちょっとびびりながら参加しました。けっこうおおぜいの人がひとつの座敷にあつまっておこなうので、見よう見まねでなんとかしましたが、ちょっと落語の「本膳」みたいな感じもして面白かったです。いろんなしきたりがあるようで、きちんとやると良いものだと思うのですが、なんとなくところどころ、へんてこだなあ、みたいに思うところもあったりしました。わけを聞くときっと納得するのでしょう。
koudaiji1809.jpeg
 写真がけっこうピンボケじゃった。

 最後はたいへんに足がしびれた。今回最大の失敗だったのですが、初めて履く靴で来たのです。足の小指に靴擦れができていて、さらに足がしびれたので大変でした。終わってからは床の間の掛け軸や茶器を少し眺めて、それから表に出て、先斗町の行きつけのお店に行きました。満席だといわれましたが、ちょっとご主人と話をしている間にお帰りになるお客さんがいたので、ちょうど入ることができ、お酒など飲みました。四条通りに出たらちょうど終バスが行ってしまったあとくらいだった。仕方ないのでタクシーで帰りました。新しいホテルなので運転手さんが場所を知らなかったけれど、わかりやすい場所なので説明して迷わずに行けました。
 この日も遅かったのでざっと顔だけ洗ってねました。

 最終日は早く帰る予定で、錦市場をぶらぶらして帰りましたが、いろいろ時間が押して、結局最初予定していた電車で帰ることになり、その電車にすら乗り遅れそうでどきどきしました。なんとか予定していた電車で帰りましたが、Kさんがふとつてしまい、以前の喪服がもう着られないので帰りに地元で買いたい、というのでそれにもつきあい、帰りが遅くなってしまいました。今日は連休の最終日なので、元々一日休んでいるつもりでしたが、ほんとうに一日ねむくてねむくて困っています。これを書いているいまもすごくねむい。

 また来週も京都旅行ですが(!)、こんなに疲れてだいじょうぶかいなとおもいます。

スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

京都に行ってきたこと 2018 9月 いちにちめ

 京都に行ってきました。偶々重なってしまってまた来週行くのだけれども。11月にはべつの旅行会もあって出費がばかになりません。

 今回はちょっといつもと趣向がちがいまして、すこし離れた駅まで車で行き、駐車場に車を置いて、電車に乗り換えていくという方法をとることになりました。
 朝6時半ごろ家を出かけて、朝7時半過ぎに一緒に行くKさんをお迎えに行きました。そこから車で駅に向かう。通勤時間帯で渋滞していました。おまけにあてにしていた駐車場は満車の表示。スペースは空いているのに満車と出ているのです。どういうことであろう。あらためて別の駐車場に止めて、駅に行くと、みどりの窓口はたいへん混んでいました。たぶん券売機でも買えたのかもしれないのですが、慣れないことでよくわからず(こんどやってみます)。乗り遅れそうなのでとりあえずスイカで入ってしまおう、と駅に入ると、もう乗る予定の電車はでたあとでした。いきなり乗り遅れ。

 いなかなので次の電車は1時間後です。しかたないので改めて切符を買って、駅の立ち食いそばをたべました。そうこうしているうちに電車が来る時間。電車に乗って出かけました。
 いったん塩尻まで出て、そこで、スーパービューしなのという電車に乗り換えます。スーパービューとうたっているものの、私たちが座った席は何両目かの車両の最前席で、あまり眺めがよくない。Kさんは爆睡していましたが、私はあまりねむれず、そうこうしているうちに乗り物酔いのような症状が出てきました。塩尻駅で駅弁を買ったのですが、手を付ける気にもならず、少しうとうとできた以外は、ぼんやりしたままひたすら名古屋に着くまで耐えました。

 名古屋での乗り換え時間はそれほどなく、乗り換えてからの30分程度で慌ただしく駅弁を食べました。すぐ京都に到着です。京都から電車に乗り換え、最初に東寺に行きました。
 行く前から天気予報が微妙でしたが、京都に着いたときはやや蒸し暑いものの雨は降っていませんでした。

 東寺さんはちょうど弘法市の日でした。到着したのが14時過ぎで、もう店じまいが始まっていました。かわいらしい陶器や着物の店などをみました。着物の店とか、かなりきたないのを売っている店や、きれいめなのを売っている店などあって、よく見ないといけないのではないかなと思いました。

 それから五重塔をみた。いつみても立派です。鳥よけのネットが掛けられているのがなんとも残念だけれど、しかたないのでしょう。
touji1809.jpg

 薬師如来さまをみて、立体曼荼羅をみました。それから宝物殿に行きました。夜叉神堂に安置されている、礼を欠くと罰を与えるという像を、今回は拝まずに通り過ぎてきてしまったなあと思ったら、今回はこちらに安置されていました。いつもお堂の中をこっそりのぞいてみるのですが、そうやって見るのとはだいぶ印象が違いました。Kさんに羅城門にあったという兜跋毘沙門天のことを説明したけれどあまりピンときていない様子だった。

 それから観智院さんに行ってみた。大人になって初めての時に訪ねて以来でした。庭園がかわいかったと思ったのですが、今回訪ねてみたら変わっていました。前の庭の方が好きだったかも。茶室があって、前回も入ったと思うのですが、忘れていました。御朱印をいただこうと思ったらここではなくて東寺の食堂でいただくのだそう。時間がなくて結局寄れませんでした。

 東寺さんの門を出て、バスに乗って、ホテルに行きました。ホテルはできたばっかりだそうで、少し狭いけれどきれいなホテルでした。部屋のつくりが外国人受けするような形にできているのか、おしゃれだけれどあとのお掃除が大変そうな感じがした。
 再び出かけようと外に出ると雨が降り出してきました。私は傘を持っていたのですがKさんは忘れてきたため、近くのコンビニで傘を買いました。
 どこに行ったのかというと、ヤサカコーナーというところ。観光客向けの施設で、日本の文化みたいなのをかわるがわるに見せるというところです。お茶を舞台横の、末広亭でいうと桟敷みたいな位置、サントリーホールでいうとRAブロックみたいなところでたてていて、そのうちに舞台で生け花や琴の演奏が始まるなど、ふしぎな催しでした。そのあとは雅楽や狂言や舞妓さんの踊り、人形浄瑠璃なんかを手短に紹介する感じでした。お客さんは9割以上が外国の方のようでした。
gion1.jpeg
gion2.jpeg
 ふだんあまり触れない文化なのでちょっと面白かったけれど、見るならもうちょっとちゃんと見たほうが良いかなと思いました。人形浄瑠璃は八百屋お七の一部だったけれど内容が今一つよくわからなかった

 終演後はもう雨はあがっていて、祇園の花見小路のあたりをうろうろして、近くでご飯を食べました。ごく小さい店かと思ったらかなり奥行きがあって、まあまあおいしかった。お値段はなかなかでした。あとで食べログを見たら観光客向けとか評判がイマイチですこしがっかりしました。

 そのあとはホテルの近くのお店ですこしだけお酒を飲んで帰りました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

真鶴にいってきたこと

 昨日は友人と真鶴に行ってきました。以前からちょっと行ってみたいと思っていたのです。箱根湯本のあたりを抜けて行くのですが、ものすごい人だった。車もかなり渋滞していました。混んでいなければわりとすぐに行けそうなのですが、けっこう時間がかかりました。サンデードライバーというのか、運転がこわい車もけっこういて大変でした。

 途中、石垣山一夜城という看板が出ているので寄ってみることにしました。車で山を登って、まだかなあ、という頃についた。太閤はんがつくったという例のアレでして、思ったより見事な野面積みの石垣が残っていました。井戸曲輪というところの石垣はとりわけよく残っていて、底の方には今もみずが湧いているそうです。一緒に行った友人が、水が湧いていると言うので、のぞき込んでみると、底の方にかすかに水面が湧き水のあるようにうごめいているのがみえました。
ichiyajo.jpeg


 そこを出て、また渋滞でした。途中少し道を間違えて細い所を通って、真鶴の半島の途中でお昼を食べました。漁港のようなところで、舟がつくようなところから海を覗き込んだけれど何も見えませんでした。
 お昼は地元のおさかなを食べた。なんという魚か忘れてしまったけれど脂の乗ったのがうまかった。高級魚だよ、というこれも忘れてしまったけれどなめろうが出てきたけれど、高級なうまさはあまり感じませんでした。

 たぶん真鶴にきたのは初めてです。けっこう急な地形で、伊豆なんかと同じで火山活動とかでできたところのように思いました。
 半島の先の方まで行って、海辺におりました。丸い石がごろごろしていて歩きにくい。ところどころ砂になっているところで貝殻などを拾ったりしました。おっさんが二人で貝殻など拾っている姿はあやしかろう。拾ってどうするのかは自分でもよくわかりませんな。
貝殻はそれほどなかったけどフジツボのような殻がものすごくたくさんあった。友人が、お香立てにしてみたら、というので持って帰ってきました。使えるかな。

 潮だまりのようなところもすこしあって、カニはいっぱいいたけどほかの生き物はあまり姿が見えませんでした。あと、フナムシがうじょうじょいた。最初うぎゃーっと思ったけどすぐ慣れました。

 友達は海の際の岩を伝ってむこうに行ってしまった。私もつたっていこうと思ったけれどぬるぬるして危険です。そっちには行けなさそうだけど、と言ったら戻ってきた。私が選んだのとは別の岩に登れば良かったみたいだけど、へたをすると海に落ちる感じなのでやめたほうが良いです。

 戻ろうとして岩の転がったところからふつうの地面のところに戻ったら、ずっと不安定なところを歩いていたので足がふわふわしました。もう夕方で波がきらきらしました。釣りもしようかと言っていたのですがそのような時間はなかった。

 帰りも混むかと思いましたが帰りはいたって順調に帰ってきました。地元でかるくお酒を飲んで帰りました。

カンブルラン指揮 読売日本交響楽団 第210回土曜マチネーシリーズ 2018/9/15

シルヴァン・カンブルラン指揮 読売日本交響楽団 第210回土曜マチネーシリーズ 2018/9/15 東京芸術劇場

 なぜかはわからないけれど割と早い時期にチケットを取った公演。早い時期に取ったのでわりと良い席でした。早めに新宿についてお昼を食べて、池袋に移動して、だらだら芸劇に歩いていきました。開いていたので中に入ったけれどまだ客席には入れず、コーヒーなど飲んでから入りました。

 プログラムはすべてチャイコフスキーの曲。最初は幻想序曲「テンペスト」  あまりよく知らない曲でちょっと長く感じた。ごはんを食べたばっかりだからかすこしねむくなりました。

 続いて、アンドレイ・イオニーツァという人のチェロで、ロココ風の主題による変奏曲。若いチェリストで、いきおいのある演奏で気持ちが良かった。アンコールは弓を持たずに、ツィンツァーゼという人の、チョングリっていう短い曲。作曲した人ナニモノ?と思ったらグルジアの作曲家らしい。面白い曲でした。

 休憩をはさんで、交響曲第4番。第一楽章がかなりゆったり目のテンポ。CDになったら聴きたくない、くらいの感じでしたが、生で聴いていると速いテンポの演奏では聞こえてこなかったり情報として拾いにくいところまでいろいろなことが見えてきて面白かったです。
 第2楽章もゆったり。中間部もゆったり。ここでちょっと長が変わってテンポも変わって一息つくイメージがあるところですが、テンポが遅いのでうつうつした気分が続くように思いました。
 一転して第3楽章と第4楽章は普通のテンポ。第3楽章を聞きながら、チェロのアンコールで弓を持たなかったのがここにつながっているのかな、なんてことを思ったけれど多分たまたまでしょうね。
 終楽章は派手にやりつつもやっぱりいろんなことが聞こえてくる気がしました。こういう感じの演奏はあまりしょっちゅう聞くと疲れる気がします。ただ、その時に聞いている分にはたいへん面白い。迫力も十分で、いい演奏だったと思います。

 ホールでおしっこしてから表に出ると(←この書き方どうかとおもうなあ)、来るとき降っていた雨はやんで、すこし蒸し暑くなっていました。丸の内線で御茶ノ水に行って、楽器の部品を買いました。取り寄せになって送り賃が高い。うー。


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

新宿末広亭 9月上席昼席 2018/9/9

 ここのところ気持があがりさがりして、やりたいことがあってもなかなかできないようなところがあります。9月9日は遊雀師匠が末広亭で代演でトリをとるという情報を聞いたので、少し前から高速バスを予約していたのですが、前日になってやっぱり行くのどうしようか感がおそってきました。
 当日朝までグダグダしていたのですが、行くことにしました。すこし暑くて気力がなえそうでした。
 バスの中ではずっと本を読んでいた。最近読書も進まなくて、こういう時がいちばん読書がはかどる時間です。

 新宿について、寄席に入る前にお昼を、と思って、迷った結果、立ち食いソバやさんに入りました。まずかった。出かけてまずいもの食べるとがっかりするね。
 末広亭には開演前に入りました。それほど混んでいなかったけれど、あとでそこそこ入っていました。濃い落語好きは謝落祭とかに行かはったんとちゃうやろか。
 芸恊の寄席はあまり来ないし新作の人が多かったのでちょっと新鮮な気がしました。
 演目とかはこんな感じ(敬称略)

 桂伸しん 桃太郎
 古今亭今いち おばあさんが変なお湯に入れられるはなし。題名わかんない。
 チャーリーカンパニー
 柳亭信楽 ファンなんですーていう話。題名わかんない。
 春風亭笑好 雑排
 宮田章司
 神田鯉栄 任侠流山動物園
 笑福亭里光 猫と金魚
 京丸・京平
 三遊亭とん馬 稽古屋
 立川談之助
 やなぎ南玉
 神田松鯉  太田道灌山吹の戒め

 中入り

 三遊亭遊子 看板の一
 京太ゆめ子
 古今亭今輔 ワルの条件
 林家今丸
 三遊亭遊雀 紙入れ

 遊雀師匠の紙入れをきいただけでも来てよかったと思いました。割と狭い会場でばかり聞いているので、こういうところで聞くのは久しぶりだと思います。なんだかそうやって聞いてみて、今回思ったのは、古今亭のとぜんぜんちがうじゃん!ということ。かなりのところ遊雀師匠の型が(だと思うけれど)入っていることに冷静に気が付きました。そんでそこがいかにも遊雀師匠らしくて面白いなあと思いました。ええわぁ。
 松鯉先生にも期待してきたのですが、落語で有名な「道灌」の、山吹の花のくだりの話で、マクラかなというような感じがして肩透かし感がありました。一方、鯉栄さんのは、白鳥さん作の流山動物園の一部だと思いますが(よく知らない)じつにぐいぐいと持っていって、最後客席がふーっと息を抜いた感がありました。おもしろかった。
 あとは、信楽さんのへんてこりんなマクラが面白かった。イルカが車を運転するっていう設定でどんどん入り込んで行くのがなんともいえないおかしさ。ネタの方はコントじゃん、みたいな気もしたけれどそっちも面白かったです。
 しばらくお出かけが続くので寄席にはまたかなり行けないかなあ。

 

いろいろ

 やっとスマホにかえました。
 あと、ぜんぜん別なジャンルのブログをはじめた。といっても、むかし書きためたものをじわじわ書いているだけのところですが。
 ジャンルが違うのでここでは宣伝しないのであった・・・。

ひさびさのひと

 今日はおやすみするぞーとおもって、朝方ジムに行って、それから映画をみにいきました。話題の「カメラを止めるな」 というの。ゾンビ(トンビではない)が出てくるというのでなかなかアレですが、日本の映画やなー、というノリでした。まあわるくはない。

 先日その映画館のあるショッピングモールに行って、ちょっと楽器を買おうかなと思っていて(やすくはない買い物です)、楽器屋さんをうろうろしていたら、高校の時の先輩にあいました。かなり久しぶり。以前会った時も体調が悪くて、その後どうなんだろ、と思ったら、やっぱり相変わらず体調はよろしくないようでした。大丈夫なのかなあ。
 そんでその先輩に、買おうとしていた楽器を「やめたほうがよい」 と言われたので、今回は見送ることにしました。しばらくの間いろいろと話をしたあと、楽器の練習をやっているかどうか尋ねられて、その先輩が最近気づいたごくいをすこし教えてもらいました。いまもすこし演奏しているので、それなりに練習せないかんなあ、と思いました。

 関係ないけれど今年は9月と10月とそれぞれおともだちと京都に行きます。9月のは修学旅行以来で京都に行く、という人と一緒なので有名どころをまわるため、なかなかむずかしい。行き先をあれこれ考えています。清水寺さんが改修工事中なのがわりとキビシイです。9月はこまめにお出かけがありそうだし、旅行が続いてフトコロが苦しくなりそうです。

ひさびさの演奏

 しばらく前からちょっとした演奏活動をしていて、昨日久しぶりにイベントで演奏してきました。慣れない野外での演奏だったのでけっこうへろへろだった。待ち時間が長くてだれました。
 その前にも演奏を何回かしているんだけど、その時はぜんぜん聞いている人がいなかったのでなんだか人前で演奏した気がしなかった。昨日は少しですがいました。お客さんがいっぱいでも少しでもなんだかあんまりやることに変わりはなくてただ楽譜をみて演奏するだけだなあ、と昨日は思ったけれど、いつもそう思うかどうかはわかりません。

Reverie

 我が家の物置はたぶん戦後すぐくらいに建てたものだとおもう。先ほど中に入ってみたら、古い家の部材だったであろう黒い梁などがあるので、しみじみ見てみました。見れば見るほど耐震構造的にやばい気がする。誰が建てたんだろう・・・。

 夢をみる体力も最近ないらしくて夢を見ることがすくないけれど、時々お仕事をやめたあとの夢をみます。ないしょだけれど(?)できればあと数年で仕事を引退したいと思っているので、そういう感じの夢を見るのでしょうか。
 どこか海のそばの宿の角部屋で朝、さしこむ春のひかりを見ながら、自由だな、と思っているような夢です。自分の中ではすごく良い夢で、いつも夢から覚めたあと、今日も仕事かあ・・・、と、どんよりした気持ちになります。あの、春の光を受けて、自由だあ、とおもうあの感じが天国見たようなものかとおもうと、天国は1泊1万5千円以上しそうな気がします。それは困るな。おしゃかさまもいそうにないし。

第2回三遊亭遊雀のどーんと来い 2018/8/11 ゆにおん食堂

 渋谷からー、銀座線に乗ってゆにおん食堂さんをめざしました。すこし時間があったのですたばで何かを飲んでから行きました。何だったかは忘れたし読んでいる方もどうでもよいであろう。

 満席でした。すごい。もそもそしていたら開演。何をもそもそしていたのかは忘れた。
 遊雀さん「粗忽長屋」 コンパクトな粗忽長屋。このバージョンでしかやらないのかな。すっきりしていて良いけれど。刈り込み方が巧みだなあと思います。前に聞いたときは行き倒れの面倒を見ている人がもっと困っていた気がするけれど、今回はすこし余裕があるように思われました。どちらが良いのかはわからない。
 続いて桂宮治さんです。ひとしきり遊雀さんを持ち上げる。ファンとしてはうれしいやね。ネタは「お化け長屋」でした。時期的なネタなのか。二人目に出てくる威勢の良い男がめっちゃウザい。私はこのネタにあまり当たることがないのだけれど、今でも「揉もうかあ!」っていうサゲでやる人いるんだろうか。

 中入りで、そのあとはふたたび宮治さん。短く、と「たらちね」 
 遊雀さん2席めは「宿屋の富」 私はこのネタややダレるんだけど、聞き始めると引き込まれて聞いてしまう。二番富が当たる、っていうオトコの妄想が面白い。ここがやりたくてやってるのかな、と思うこともあります。

 打ち上げはものすごい量の日本酒の差し入れがあってたいへんに盛り上がりました。翌日二日酔いだった。でも今回はきおくがありました。

 翌日の日曜日は、黒門亭に行くつもりだったけれど、上野の博物館に縄文の展示を見に行きました。地元の県の土偶なども出ていて、今日はこちらですか、というような気持になった。普段はほとんど人がいないところで土偶や土器を見ているのに、今回はすごい大勢の人でした。普段から博物館に見に来てほしいものだと思いました。

 ふつかよいだったのに帰りにまた飲んだ。新宿の安い居酒屋で飲んでいたのです。なんだかむこうの席に座った人が前の職場の部下によく似ているなあ、でも近所をうろつくような恰好だから違う人だろうなあ、と思っていたら本人だった。もっと早く気が付けば一緒に飲めたのにねえ。あ、あと、新宿のタワーレコードに久しぶりに立ち寄ったのだけれど、CDのコーナーがかなり縮小されていて時代を感じました。

FC2Ad