ぶれいもの音楽隊(雀の間)

ジャン・クロード・カサドシュ指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会 2017/5/20

 今年のクラシックのコンサートまだ2回目なんですなあ。最初、お泊りで出かける予定でチケットを買ったのですが、翌日に用事が入ってしまって日帰りになってしまいました。

 晴れて暑い日でした。新宿でお昼を食べて錦糸町に移動。そんなに来ているわけではないけれどなんとなくトリフォニーホールにもなじみが出てきたような気がしているのがふしぎです。少し早い時間につきました。びみょうな腰痛持ちなのでマッサージとか行きたかったのですが、あらかじめ錦糸町で探してみたら、けっこうあるんだけど外人の女性がやるようなところでちょっとこわいので行けませんでした。すこし喫茶店でお茶を飲んで早めに会場に入りました。

 指揮のカサドシュ氏はCDとか出てるみたいだけどたぶん聞いたことが無い。最初のフランクの交響詩「呪われた狩人」 は、よく知らない曲のつもりでいたけれどなんとなく知っている曲でした。意外に面白い曲かもしれぬと思って、家に帰って復習してみようと思いました。

 次にギュヘル&ジュヘル・ぺキネルさんという二人のピアノでプーランクの「二台のピアノのための協奏曲 ニ短調」 プーランクらしいユニークさのある曲でしたが、これもCD持ってるはずだけれどほとんど記憶にない。ちゃんときいていないのですな。ピアノの人は楽しそうにひいていてこちらも楽しくなる感じでした。アンコールでルトスワフスキの、パガニーニの主題による変奏曲。すごいじょらじょら鳴る曲でした。

 休憩を挟んでサン・サーンスの交響曲第3番。コンサートでこんな感じのハデな曲ばっかり聞いているのを反省しているのですが、今取ってあるチケットもそんなのばっかりです。この日の演奏は割ときびきびしていて、鳴るところはそこそこきちんと鳴るんだけど、なんとなく全体に小ぢんまりした感じに聞こえました。第1楽章はところどころ怖かったりしてそういうところが好きなんだけど、あまりそういう感じはありませんでした。第2楽章では、オルガンはこんなに動きがあったんだっけ?って思った。なんとなくオルガンは全体に素朴に鳴っている感じがしました。トリフォニーホールのオルガンの性質なのかもしれない。ちょっと物足りなかったかなあ。

 アンコールでビゼーの「アルルの女」のファランドールをタンブールが鳴り始めるところから。

 ほんとは一人で軽く飲んで帰るつもりでしたが、大学時代の友人がバスの時間まで一緒に飲もうというので新宿で3時間近く飲んで帰りました。なんとなくバスが出発するまで見送ってもらって、今までの人生でお見送りされるなんていう経験が少ないせいだか少し泣きそうになりました。

スポンサーサイト

おやすみちゅう

 連休最終日です。へとへとです。お休み中なにしていたかといえば。
 3日は、帰省してきた弟と一緒に日帰り温泉に行ってきました。午前中のうちに着いたのでそんなに混み合ってはいなかったけれど、午後からは混んできました。お風呂に入ってぽかぽかしましたが、すごくなんだか疲れました。

 4日は、所用で車で片道40㎞くらいのところに出かけ、本屋さんで本の補充をして、日帰り温泉にはいりました。二日続けて日帰り温泉。あとは知り合いとファミレスに行って遅くまで話をした。あ、そういえば最近「カラスの教科書」という面白い本を読んで、ちょっとカラスに以前より興味がわいてきたせいか、出先で送電鉄塔の上にカラスの巣があるのをみつけた。すぐ撤去されてしまうんだろうなあ。

 5日はこどもの日です。こどもいないけど。早川町というところに行った。昨年もこの時期に行って、すごく良かったので今年も行ったのですが、渋滞にはまって、大変でした。普通なら1時間半くらいで着くところだと思うのですが、4時間もかかってしまった。おそばを食べて日帰り温泉に行きました。おそばおいしかった。いつもワサビをつけて食べますが、わさびいらないな、と思った。一緒に山の素朴な煮物なんかが付け合わせに出てきて、普段家で出ても好んで食べないんだけど、おいしくいただきました。
 温泉は山の中の日帰り温泉なのに混んでいた。かけ流しだけどお湯の量があんまり多くないのですこしきたない気がしました。すいている時にいけばきっとすごく良いと思う。ここの町は山の中ですが景色が良いところがいっぱいあって、ことじの滝っていうところはしばらくその景色にひたっていたいようなところ。今回はもう行ったのが夕方だったので残念だけど、ゆっくり景色を眺めにまた行ってみたい。

 昨日はすごく久しぶりに山を歩きに行きました。登山というほど大仰なものではなくて、1時間半ほど登って帰ってくる感じ。友達と行ったのですが、ずんずん歩いて行ってしまうのでゆっくり景色を見ながらって感じではなかった。登り始めてすぐに霧が出て大粒の雨が時々ばらばらっと落ちてきて、幻想的だけどちょっとつらい。山の下は晴れていたので、山にだけ雲がかかっている状態だったのかも。この山のあたりは車で近くを通過しても霧が多いところで、そのせいだか今回歩いた山は木にコケがいっぱい生えていてもこもこしておもしろかった。寒いところで、まだ若葉が出始めくらいだったので、もうちょっとして行くとたのしそう。
 そのあともすこし歩き回ったのですごく疲れて昨日は9時ごろに寝てしまい、一度起きてお風呂に入ってまた寝ました。疲れのせいか朝方悪い夢を続けてみた。

 今日はお墓詣りに行ってあとは家でのんびりしていようと思います。連休中家のことを何もやっていない。

ノラや寄席「三遊亭遊雀・遊かり親子会vol.3」 2017/4/30  高円寺haco

 昼は広小路亭で講談を聞いてからいきました。
 
 今回はほんとうに超満員で、遊雀師匠の名前が売れるのはうれしいのだけれど、落語会に行きにくくなったりするのはつらいよなあ、という複雑な気持ちです。

 最初に遊かりさん。二つ目になって忘れ物が増えたっていうマクラから「壺算」
 続いて遊雀師匠。頻尿ってマクラから・・・あと、飯田の帰りのバスの中のできごとのマクラは、どっちだったかな。マクラだけで大笑いでありました。一席目は「十徳」

 休憩を挟んで遊かりさん「元犬」 女性バージョン。ううん、ちょっと女性バージョン、いろいろびみょうな・・・。
 最後は遊雀師匠「寝床」

 遊かりさんはマクラが自由な感じになって面白かったです。遊雀師匠は、なんと今年は初めて聞くという悲しい状況で、2席ともお得意のネタでしたが、満足でした!

 終わってからは打ち上げです。いろんなお話をしておそくまで。いつもたのしい。
 今回はあっさりです。

近所の山にいってきたこと

 うちのあたりは桜が咲くのが遅く、わけても今年は開花が遅かったのです。
 おじさんが昨日遠くからやってきて、桜をみて帰りました。花びらが散ってきれいだったよー!というのです。週末の桜は今週でおしまいだと思うので、見に行ってみることにしました。

 うちからカメラを持って、歩いていきました。あついようなさむいような陽気。日が出たり陰ったりしています。途中で、よく吠えられる犬がいるので気を付けて通りましたが、よくねているようで吠えませんでした。
 桜のところまでは階段を上るコースと坂道を上るコースがあるのですが、階段を選択。段が高くて太ももががくがくしました。
 すこし高台に桜が満開です。風にのって花びらがわああ、っと舞った。すずめとか、ツグミ?ムクドリ?そういうのが桜の蜜を大騒ぎしながら吸いにきているようです。
 
 写真はもしかしたらすこし切れて表示されているかもしれないのでごきょうみがありましたらクリックして全体をみてみてください。
17sakura.jpg

 桜が終わると木々がいっせいに芽吹きだすのですが、まだわりと葉っぱを落とした木が多いです。足元にはスミレなどが咲いています。すこし山を上がってみました。もうちょっともうちょっとと、かなり高いところまで登ってしまった。子供の頃、祖父に連れられてきたところがあって、懐かしくてしんみりしたりしました。

 山の上のほうには、ヤマザクラ?が咲いています。花は下をむいて、おしとやかな感じです。クマバチがブンブンいいながら蜜を取りに来ていてかわいらしい。
17sakura2.jpg

 どうということもない雑木だと思うのですが、若葉のめばえはよくみるときれいなものです。
wakaba.jpg
 こう、写真で見るとそういうことはわかりませんが、この写真を撮っているところは、何かケモノのフンが落ちていてくさかった。

 久しぶりに山の中をあるきました。だいぶ以前はハイキングなどしていたのでまた少しやってみたいです。

もりさん

 森鴎外の「うたかたの記」を読んでみた。昔手に取ってみて、これ無理や、と思ったのも無理はないな。

 舞台がミュンヘンであるにもかかわらず、古語めいた日本語で書かれているのでめちゃめちゃシュールな気がする。いっそ軽率な現代語に訳してしまえばもっとシュールになるのではないかと思いました。「舞姫」 は、教科書にも載っていて石炭を積み切っちゃった感じを覚えていたけれどそれほどの名作ともおもはざりき。

新宿末広亭 4月上席昼席 2017/4/1

 行ったのは昨日のことだったんだなあ。もう数日前のことのように感じるのはなぜなんだろう。

 朝、うちのほうは4月なのに雪が降っていました。今春が来てきみはきれいになった。春の雪だからか降っている量に比べて積もりません。出かけようか迷ったのですが、4月はあれこれ予定があって他に行けそうにない感じがするので出かけることにしました。最初は上野に行って、アメ横でジムで着る服などを買おうかと思っていたのですが(ちなみに今は上着はゆにくろ)、やっぱりやめて新宿ですますことにしました。

 高速バスで行ったのですが、増発便らしくておんぼろバスでした。トイレもなければシートベルトもなく、ETCもついていなかった。貧乏な気持ちになりました。渋滞でバスが遅れて時間がなく、昼食はおうろんなどを食べて軽く済ませました。ちかごろ増えてきたさぬきうどんのチェーン店でした。うどんにだしつゆみたいなのをかけて食べるしくみだった気がしたのですが、卓上にあるだししょうゆをかけるしくみだった。そういうのは実はあまり好きではないのです。なんだか貧乏な気持ちになる。
 途中でやけに変な感じだなと思って気が付いたらずぼんの下に部屋着のずぼんを履いて出てきていました。なんなんだ。脱いでも持って歩くわけにいかないのでそのまま履いているしかありません。

 入るとちょうど前座さんが高座に上がる太鼓が鳴ったところ。夜は真打披露興行なので高座や客席後方に酒樽や花がかざってありました。貧乏な気持ちが拭われる思いがします。

 出演者(敬称略)

 入船亭辰のこ 狸の札
 入船亭小辰  金明竹
 林家楽一 
 春風亭一之輔 間抜け泥
 三遊亭天どん 反対俥
 ペペ桜井
 古今亭志ん輔 替り目
 むかし家今松 壺算
 ロケット団
 林家正蔵   ぞろぞろ
 桂文生    漫談
 松旭斎美智・美登
 桂文楽    悋気の火の玉
 
 仲入り

 柳家一九   桃太郎
 笑組
 柳亭左龍   長短
 柳家小団治  ぜんざい公社
 翁家勝丸
 柳家小満ん  愛宕山

 小辰さんの金明竹が細かくちょっとしたあたらしい演出があって面白かった。正蔵さんの「ぞろぞろ」 は談志さんの演出でしょうか。彦六の正蔵のCDがあるんだけど随分演出が違う。今の正蔵さんには今回の演出の方があっている気がしますが、前の正蔵さんの演出の方がどことなくおとぎ話っぽくてすきかもなあ。

 文楽さんはあまり変わったネタに当たらない気がするのですが、珍しく変わった噺で面白かった。左龍さんの「長短」 は、気の短い方が割とイライラしながらも長さんのことを嫌がっていないのが面白いなあと思いました。

 トリの小満んさんは「愛宕山」 さむい日だけれど春の噺ですなあ。今まで聞いた中ではいちばんあっさりとした感じでした。もっと一八は感情を表に出しまくる方が好みです。

 夜の部は小八さんの真打披露興行で、途中で小三治さんも出るし聞いていきたかったけれどハネるまでは居られないので帰ることに。小三治さんまで聞いて帰るとかそういうのは嫌だなと思ったのもあります。真打披露なら最後までいて聴いてやりたい。途中で帰るなら昼の部でかえります。

 しばらく新宿をうろつきました。献血しようかとも思ったのですが、なんだか疲れている気がするのでまたにすることにしました。すこしお酒を飲んで帰りました。帰りのバスでは本を読んで帰ったのですが、やっぱり疲れているのか到着直前に少し車酔いしました。ずぼんを重ね履きしていたせいかバスの中でものすごく暑かった。

 あ。ちなみにこれは昨日のことで、今日はゆにくろを着てジムに行ったのですが、ジムもめちゃめちゃ疲れました。午前中行って、午後はちょっと用を足しに出たのですが、階段を上るのも面倒な感じだった。

あたるもはっけ

 先日行方不明になったおばあさんは亡くなっていました。生前お話をした人なのでこんな結果で残念です。

 それもそうなんだけれど、うちのあたりは田舎ってこともあるのかもしれないけれど、今回の件について、占いのようなことをする、まあ、そういうのが「見える」という人に見てもらったんだそうです。3人ほどに見てもらって、みんな同じような場所を言ったそうです。そういうこともあるもんなんだなあ、と思っていたのですが、今回ご遺体が見つかったところは全然見当はずれの場所でした。

 占いの結果がほぼ一致したことで、そういう、人間のあずかり知らぬような力があるものなんだなあ、と思っていたのに、そういうものは無いんだよ、という結果を突きつけられた気がして、それもすごく残念に思っています。

4月です

 4月なのに雪がふりました。雪の日の朝はなんだかしずかです。

 3月はあまり書いてなかったですね。あまりなにもなかった月なのか、よくわからないです。
 今まで運動をほとんどしてこなかったのですが、知り合いに誘われてスポーツジムに行ってみることにして、3月の途中から3回ほど行きました。軽い運動しかしていないけれどもけっこう疲れます。運動でも疲れるけれど、知らない人がいっぱいいたり、様子がわからないこともたくさんあったりするので、気疲れもします。なかなか面倒くさくて、はたして続くかなあと思います。

 トレッドミルっていうんですかね、あれにも乗っているのです。ここ数年、時々夜に歩いたり走ったりしているのですが、機械だとずっと走っているのでちょっと負荷がかかりすぎるのか、筋肉痛になったりします。あと、乗り物酔いみたいになる。自分だけかなと思ったけれどけっこういるみたいです。こんなにグルグル回る家、いらんわい!


 お友達から電話がかかってきて、ダンナが家出して電話にも出ないので、私から電話して帰るように言ってほしいと言われました。ダンナの方が私とは古い友達なのですが、お互いずっとご無沙汰なのに困ったときだけ連絡してくる。ダンナに電話しても電話にでません。お互いの話を聞かないとほんとうのところどうなっているのかはわかりません。厩火事を思い出しました。前にも相談があって、そのときは、もう別れな別れな!とか言ったのですけどな。
 グチを聞いてもらえて少し楽になった、と言われたけど私の方は気持ちに澱が溜まる気分ですってば。出て行ったダンナは二晩あけて帰って来たそうです。どこに行っていたのやら。


先週末からのこと。

 ここしばらく週末いちにちは何かする、という期間でしたが、先週末はあまり盛り上がらない予定になっていました。金曜日の夜に飲み会。そこで一緒に飲んだ人に誘われて土曜日はスポーツジムの見学にいきました。前から行く行くと言っていてもう1年以上もそのままで、このままだと口ばっかりなので行くことにしました。生まれてこのかたすすんで運動などしたことがないし学校での成績も散々だったので緊張しました。こういうことは勢いだ、ということでそのまま入会したけれども、入会申込書を書いている最中にジムの人に「のじさんは続きそうにない」 と言われて、なんと見る目のある人だろう、と思った。

 家に帰って眠ろうとしたらなんだか喉に違和感があります。翌日から今年2回目の風邪をひき、月曜日から火曜日にかけて熱発しました。火曜日の夜がことのほかつらく、たのしみにしていたドラマ(カルテット)も見ずにねてしまいました。あとでみたけど具合悪い時に見ると大変だった気がしたのでよかった。しかしこのドラマは最近にない面白いものですな。
 
 水曜の朝方に遅刻して病院に行ってみてもらいました。風邪だけれど、以前いちどかかった血圧で、もう歳も歳なのでお薬を飲みだしたほうがよいでしょう、と言われ、近々血圧のおくすりを飲むことになりました。そういうことになってしまったか・・・。

 風邪はまだ抜けきっていません。今週は何年かぶりに3日もお風呂に入らなかった。

浅草演芸ホール 3月上席 昼席 2017/3/5

 上野に行こうとも思ったのですが、また金馬師匠を聞きたかったりして浅草へ。浅草演芸ホールは客層が苦手で避けていたのでものすごく久しぶりの訪問です。ひょっとしたら5年ぶりくらいらしい。そんなか!ごはんをどこで食べようか迷いましたが、結局近くにとんかつさぼてんの売店?があったのでそこでカツサンドを買って客席で食べることにしました。浅草演芸ホールのてけつには最近飼い始めた猫さんがチケットとお金のやりとりを眺めていた。中に入ると予約席で真ん中ががらっと空いて、回りの席にびっしりと人が座っていました。せまい。

 三遊亭ぐんま たらちね
 鈴々舎馬るこ 東北の宿
 三遊亭金朝 初天神
 にゃんこ・金魚
 金原亭龍馬 さぎとり
 三遊亭歌奴
 ダーク広和
 三遊亭金也 悋気の独楽
 春風亭百栄
 三遊亭小円歌
 柳家甚語楼 犬の目
 古今亭菊之丞 短命
 林家二楽
 三遊亭金時 禁酒番屋
 鈴々舎馬風

 仲入り

 古今亭文菊 ざる屋
 笑組
 古今亭志ん陽 猫と金魚
 柳家はん治
 鏡味仙三郎社中
 三遊亭金馬 啞ノ釣

 けっこうどの出演者さんもマクラほとんどなしで噺に入る。そんで割ときっちり笑かしてくるなあ、と思いました。回りは寄席に来るのが初めてとかそういう感じの人が多い。そういうのが本来のたのしみかたかもなあ、と時々思うこともあります。あとは、12時前から終演までいるとものすごくおしりが痛い。とてもじゃないけれど昼夜通しとかできないと思う。
 サゲの金馬さんの「啞の釣」 は、八兵衛が「ありがとうございます」 というところで爆笑が起きてサゲがうまくきこえなかったり。

 久々の浅草、楽しかったけどほんと、おしりが痛かったです。

FC2Ad