FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

打楽器のしゅくめい

 昨晩だいぶに飲んだのです。昼間はぼぉっとしたりスタッドレスタイヤの交換をしたりしました。40分くらいかかってけっこう汗もかいたよ。いつもほど疲れなかったなあ…。
 夜は吹奏楽の練習。5月にショッピングセンターでの演奏があるのです。打楽器の宿命として、演奏するときにネックとなるのが大型楽器の運搬。ティンパニとかドラとかチャイムとかマリンバとかバスドラムとか。今回はそういう大きい楽器はナシで行きたい!というのが打楽器パートの希望なのですけども、演奏関係の執行部はできるだけ楽器は省略しないでやりたい意向…なんとかオリアイがつかないものかと思いますですよ。

 …ぢつは楽器運搬がイヤで違う楽器への転向を考えたこともあったりする…(それだけが理由ではないけどもね)

スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

宮殿だよ

 まあほんとしょーもないことなんだけど、ニュースでやってた。
初台の新国立劇場のオペラ劇場の愛称が「オペラパレス」に決まったそうな。↓参考
http://www.asahi.com/culture/update/0329/012.html

 なんかちょっと…と思いました。何が「なんかちょっと」かわかんないけど。ちなみに、タケミツメモリアルは変換を間違えると武見つめもリアルになったりなんかしてびみょう(何が?)

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

かるくないっ

 昨日は定年退職のもと上司の送別会でした。かるーく、と言いつつ2次会が長くなってしまった。全然かるくないの。なんか職場の人のワルクチとか言っちゃったりして、たまらんですね。
 私はそういうお酒はあまり得意ではないのですけど「ほほー」とか思いつつお話をきいていました。私はそういえばいろんなことにウトイなあ…と改めて思った。

 むこうのテーブルではスーツ姿のおっさん達が改憲についてアツく語っていましたよ。でもみんなベロベロだった。

 遅くなったので昨日は疲れました。そんで今日は自動車で1時間半ほどの出張。ウチのところはまだ寒いですけど、そっちは暖かくて、桜が開きかけていました。アタシの飲み友達は今週末仕事休んで京都行くんだっていいないいなあ。アタクシはここ数日仕事に追われ気味な感じ。

そっちからオコトワリかよ!

 先日KDDIメタルプラス、とかいうのの申し込みいかがっすか!と営業の人が家にやってきたので、じゃあまあ・・・と申し込んだら、
「あんたんとこ使えないよん」というおてまみが今日来ました。じゃあ誘うなってかんじ。誘う以上は使えるんだろーと待っていただけにびみょうにムカつくワタクシであったとさどっとはらい。

テーマ:インターネットサービス - ジャンル:コンピュータ

ごろごろ・・・

 昨晩大風のなか飲みにいきました。今日も落語をききに東京まで出かけるという案もあったのですが、とてもとても…。疲れきってゴロゴロしていました。今日は今から落語のCDでもきいて早めに寝るだ。昨日、紀伊国屋書店をウロウロして喬太郎秘宝館買ってきたのです(あのジャケットいいねえ・・・)。ほかにも「ザ・枝雀」のCDとDVDのセットのがまだ手をつけずにあって、すでにクラシックのCDの山に埋没しかかってる…。DVDってどうもあまり手を出しにくいのですよ。遊雀さんの東京散歩とかいうのもまだ買ってないし…。今度あたり東京に行ったときに塔のポイントで買ってくるか…。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

鈴本昼席から遊雀さんの会へ。

HPからの転載です。すこしつけくわえます。

お江戸日本橋亭 芸協若手特選会 三遊亭遊雀の会  2007/3/23   
 昼の鈴本からそのまま移動して、こちらが今日のメインです。三越前で下りて、すぐ道に迷う。地図を持ってこなければたどり着けなかったですよ。幟がたっているのを見て、安心して角のコンビニで買い物しようと思ったら、ちょうど遊雀さんが入るところのようだったので、そのままいっしょに入るような形で入ってしまいました。なんだろうねえ。
 中は前半分たたみに座椅子で後ろ半分は床で普通の椅子って形。なかなかいいハコです。特にやることもなくぼんやり。なんか買ってくればよかったなあ。お客さんの中にちらほら見たような顔もいるんだけど、誰だか思い出せない。
 始まって最初は春雨や雷太さん。前座ですって。けっこうな仕方を混ぜて「まんじゅう怖い」 落語協会の前座はわりと行儀に座って話す人が多いのでほんとに前座か?と思うけど、やや口調は硬いかな。でもなかなかでした。次に出てきた人がまた前座。前座にしては老けてね?笑福亭和光さん。芸協の前座ってみんなこんな元気なのか?
なんでしょうね…。「ぜんざい公社」 なかなか達者です。マジに前座?噺をきいていて、読んでないんだけどカフカの「城」 ってこんな感じ?なんて思ったり。絶対違うだろうけど。
神田ひまわりさん、村越茂助左曲がりの七の由来…みたいなはなし。ややマクラが長く感じましたです。そんなに面白い話でもないですね…。茂助が字を書くところがなんだかなんとなくおかし味を感じましたですよ。
 さて、ゆらゆらと遊雀さん登場。えー?前もあんなにゆらゆら出てきたっけ…?あとで考えたら笑点のときに現師匠もゆらゆら出てきた気も?影響?
 何をやるかなーー?と期待していると、なんとなくいつも聴く始まり方とは違うけれど、粗忽長屋っぽい。おう!いいですねえ。粗忽長屋はほとんど志ん生の形でやるんだろうけど、それとは違う始まり方でした。行き倒れの面倒を見ている人が八っつぁんを呼ぶようなところから。その後の、八っつぁんの人物造形はいかにも遊雀落語の登場人物って感じで、もうアタクシはうれしくってしょうがない。そんでもってそのあとのその行き倒れをめぐってのやりとりの中で、面倒を見てる人の困りようと、二人のスレ違いっぷりがあまりにもすばらしい。この、行き倒れの面倒を見てる人をここまで描いたのを私はきいたことがないです。熊もなんだかずいぶんぼーっとした人物。ちょっときいたことのない粗忽長屋でした。とてもよかった。
 瀧川鯉昇さんは「味噌蔵」 風邪がなおりきっていないとのこと…。時々ややそういう感じがしましたが、それでもきっちりときかせました。遊雀さんとは正反対の芸風って感じです。
 仲入り後は三遊亭春馬さん。ネタは「火炎太鼓」 ですが、なんですかね、いやに力がはいっていたような気が。たぶん何かこの噺は「ぬく」 ことが必要なネタなんじゃないでしょうか。聴いていて疲れたし、ちょっと笑えませんでした。ひょっとして私が疲れてしまったのかな…と思いましたよ。太鼓がずいぶん大きなもののようでした。古今亭の火炎太鼓をそういえば私はナマで聴いたことがない気がするのですが、たぶん落語協会の火炎太鼓はみんな志ん生師のがもとでしょう。橘家圓蔵さんはもっと小さな太鼓でやってたと思うのですが…。流派で違うのかな。
 鏡味正二郎さんの太神楽。鞠と五階茶碗と傘の曲芸。ひとりでやるのは大変ですね。面白いキャラクターでしかし、なかなか楽しいです。
 トリで再び遊雀さんがゆらゆら登場。都知事選の話から吉原の話にマクラがあって、吉原の話…なんだろう…?と、わくわく。これがまた、初めて聴くパターンだと思うのですが、源兵衛と太助が時次郎を呼び止める場面から「明烏」 遊雀さんの「明烏」 どうなんの?と思ったのですが、これが…。
 時次郎のキャラクターの作り方もなかなか面白いなと思ったのですが、それ以外にも源兵衛と太助が時次郎を誘ったと聞いた時の親父さんの反応、町内の札付きと言われたときの源兵衛と太助の反応、お茶屋のおかみ、時次郎が騙されたと気づいたあとの源兵衛と太助とのやりとりなど…、どうしてこんなにオカシイのだろう…というデキでした。最後に時次郎の惚気をきいて「俺はこんなに悔しいとおもったことはない!!」なんてあたりはもうあまりにスゴ過ぎてブチのめされました。さらっとしたサゲで幕が閉じて。
 遊雀さんを聴く時ってなんだかとってもウレシイのです。今一番好きな噺家さんだと私は断言できます。
 来月の文鳥舎もたのしみ。

上野鈴本演芸場 3月下席(昼席)3月23日  
 夜に三遊亭遊雀さんの落語を聴きに行く予定でした。鈴本演芸場の昼席を聴いても間に合うね。と、鈴本昼席へ。圓蔵さんがトリをとっていて、なんとなく聴きたかったので。
夜は真打昇進披露で、高座脇には帯やら酒樽やらが置かれて賑やかなフンイキ。いいねえ。
 前座は林家たこ平さん。たぬき。ややぎこちないけれどいい口調では。ただ、前ににごん坊さんできいて同じことを思ったのですが、たぬきに話しかけるときに目線が対等な高さなんですよねい。人とたぬきが同じような目の高さではこの噺は活きないでしょう…。
 月の家鏡太さん「子ほめ」 この人は落研のようなフンイキ?口調はいいけど何か足りない。ちょっとしたことで面白くなるのかな。翁家和楽社中は今日は高座が狭いせいですかね。鞠とナイフの曲芸。月の家圓鏡さん「たらちね」 名前の部分などわりとあっさり。ややシンドイ。ホンキートンクの漫才でやや客席があったまった感じかな。歌武蔵さんがいつものじこ紹介のあと、新作ですごい速さで選挙に負けた陣営のはなし。ややしりつぼみだったかな…。
 入船亭扇遊さん「人形買い」 なかなか小僧さんのこまっしゃくれぶりが面白かったです。
最後は、焼き豆腐を買うのを忘れてお灸と水をかけられるのを交互にされるの話でサゲ。
これってこのネタに入っていたっけ?
 伊藤夢葉さんの手品。前に見たときと違うネタな気が。今回はかなりマジメにちゃんと手品もしてみせて、それで客席をバンバン笑わせるのです。おみごとです。林家しん平さんは漫談。賞味期限の話。おばちゃんたちがひーひー言って笑っていました。市馬さん、時節柄「長屋の花見」 この短時間でできるのか?と思いましたが、うまいことつめてやっていました。スバラシイ。ちょっと花粉症か何か?ですかね。この時期はツラいですね。
 仲入り後、小円歌さん。ヒサビサかも。もうサラ金のCMのネタはいいかげん古い気が。
奴さんを踊りました。今日は私は手つきをよーく見た。まあ見てどうするわけでもないけど。
 橘家半蔵さん「代書屋」 最初のじこ紹介が歌武蔵さんとカブって客席は苦笑。代書屋が始まるぞ、と思うと、期待しますよね。これが。
 ところがこの代書屋、誰に稽古してもらったかまるわかり…。権太楼さんです。権太楼さんの代書屋は枝雀さんの代書屋を江戸に権太楼さん流に移植したものだと思います。枝雀さんの代書屋は、それまでの代書屋とはいろんなところで違っています。権太楼さんの版はもともとの「代書屋」と違って、枝雀さんのに近い形になっています。それでも、出てくるのはぞろっぺいな職人っぽい登場人物です。そうして、権太楼さんはあの芸風でアクの強い噺に仕上げています。それをそのままやっているのです。アク抜きされた権太楼版「代書屋」を聴かされました。客席は沸いていたんですけど、私はひとつも笑えませんでした。なんだか権太楼版「代書屋」を思い出しつつ、ぼんやりしてしまいました。不思議な体験でした…。
 小燕枝さん「宗論」 以前も聴いたので得意ネタでしょうか。息子がアヤシゲでなんともおかしかったです。遊平かほりさんの漫才。今日はおもに遊平さんをみてみたよ。
 トリは橘家圓蔵さん。前座さんがシブい湯呑みを置いたけれど、飲んだっけ…?
 黒門町の文楽師の思い出や、いろんな師匠の稽古の話を少しして、文楽師匠に教わったネタ、という…。ときどき「心眼」をかけるそうなので期待したのですけど「寝床」 でした。それもいい。この人はもうあれですね、少しアジワイの世界に入ってしまったのかもしれない。もと
もとそういう芸風じゃなかったんですけど。それで、クスグリをいう時に時々ひいてしまうんですね。だからもしかすると客席に十分届いていないことがあるのかも。しかし、この人のクスグリのステキさは相変わらずなのです。今日は、頭が切れる人を指して「頭でヒゲあたっちゃうくらい」っていうのがものすごくツボで、客席が静まってからもまだおかしくておかしくて、寄席で笑いをこらえるという…。これってぜひぜひ伝えていってほしいと思うくらいのクスグリですよ。頭でヒゲ…って発想がありえない。すごすぎる。さらっとそういうこと言うんだから凄いですよ。
きっちりサゲまでやって、最後お辞儀して、座布団の上であぐらをかいてお見送り。圓蔵さんだから許されるって感じですね。さすがでした。
 圓蔵さんに私は黒門町の面影をときどき感じます。なんでしょうねえ。この人はある意味、談志さんと似たスタンスに居る気もいつもします。ただ、談志さんのほうがぐだぐだ言いつつも元気だし、ヒネクレているのが二人の差になっているのでしょう。あと、談志さんは人情噺もするし。ただ、行き当たりばったりにギャグを入れるところなんか、よく似た二人だと思うのです。ただ、ギャグのセンスは圓蔵さんのほうが私は上だと思います。二人の現在の評価の差があるのは残念ですが、圓蔵さんにはまだまだがんばって欲しいと思いますです…。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

稽古熱心(っていうか…

 mixiでうだうだしてた。今日はネタがあるのでもういっこ書こうかと。

 昨日はお休みでとってもヒマだったのです。カラオケのネタのおけいこをしたりしました。ヒマだったので落語の稽古もしました。っていうか稽古してなんにするんだ???いみはない。ネタは「転失気」だよ。寄席では二つ目さんとかがしゅっとやるネタなのであまくみていたが難しいよ。ぐだぐだになってしまった。宴会の余興とかでやったら大顰蹙だよ。
 このネタはちんねんさんを子供っぽくやるのも難しいけども、お年寄りっぽい人物が3人出てくるのが大変だ。和尚さんと、花屋のおじさん?と、お医者さん。最後は和尚さんとお医者さんの先生の対決になるので、キャラは描き分けておかなければならない。のんべんだらりとやってるとちんねんさんが先生と話してるときに和尚さんと同じようなキャラになってしまう。そんであとで同じような人が対決する場面になってしまうのです。それはいけませんですよ。落語で二人が会話する時はどちらかが陰でどちらかが陽でなければならない。これは大事なことなんです!(ほんとかよ…)まあ、調子は違わなければいかんですわな。
 あと、最後の「転失気」のスレ違いの場面はいわばこの噺のヤマ場なんだけれども、先生のリアクションの作り方がものすごく難しいですね。あせってしまった。
 難しいですわ。転失気の奥の深さを知りました。みなさんもいちどチャレンジしてみてくださいな。って何のお誘いだよ。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

課題曲

 昔からの課題曲のなかで、コンサートのレパートリーにしてもいいんじゃないかなあと言う曲がけっこうあるんですよねえ。やってみたいんだけど、そういう古い曲ってあんまりウチの団は手を出さないんだよねえ。なんにしても新しい曲にばっかり飛びつくのもどうかと思うんだけどね。

 私が好きな過去の課題曲ってこんなの。他にも楽しい曲や個性的な曲がいっぱいあると思うです。

吹奏楽のための幻想曲「移り気な五度のムード」
音楽祭のプレリュード
ディスコ・キッド
ジュビラーテ
行進曲「オーバー・ザ・ギャラクシー」 
東北地方の民謡による「コラージュ」
序奏とアレグロ
カドリーユ
シンフォニエッタ(三上次郎)
マーチ オーパス ワン
吹奏楽のための交響詩「波の見える風景」
シンフォニック・ファンファーレとマーチ
吹奏楽のための序曲/間宮芳生
コンサート・マーチ「テイク・オフ」
風紋
マーチ「カタロニアの栄光」

昨年の木下牧子さんの「パルセイション」はカッコ良かったすねえ。シビれた。ぜひやりたいと思ったけどウチのバンドの色には合わなかったかも。木下さんは「序奏とアレグロ」もめちゃかっこいいですねい。難しそうだけど。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

ウェッバーのレクイエム

 もう結構前になりますが、ミュージカルの作曲家アンドリュー・ロイド・ウェッバーが書いたレクイエムが話題になりました。これ私かなりスキなんですよ。今日はお休みで暇でしたから、ヒサビサに聴いてみました。私が特に好きなのは瞑想的な最初の部分と、あととっても美しい「ピエ・イエズ」です。全体を通しても、飽きさせない構成を持ってるし、私の中では名曲です。
 これ、マゼールの指揮したCDとDVDしか出てないんですよねえ。歌も同じ顔ぶれだし。全く違った顔ぶれでも聴いてみたいですものすごく。誰か録音してくれるモノズキ(?)がいないものですかのう…。


 今日は他にデュトワの指揮したバルトークの「管弦楽の協奏曲」や、フエドセイエフの指揮した「展覧会の絵」などをききました。ウルサイのばっかじゃん!!

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

週末か?

 明日休みなので週末キブン。ほんとの週末は遊雀さんの落語を聴きに行く予定。2泊3日の予定だったんだけど、ちょっと家の都合で難しいかも…。鈴本の昼席にも行きたいし日曜の権太楼さんのおさらい会にも行きたいんだけど、なかなか。いろいろと迷い中です。。。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

猫なぜなめる?

 この間イッパイやって居酒屋を出たら、その家の車のバンパーを猫が熱心になめておられた。以前私の車のバンパーを猫がなめていたのを見たこともあるし、別のときにも猫が車のバンパーをなめているのを見たことがあるのですよ。猫ってバンパーなめるの好きなのかなあ。味がするとも思えないし、舌触りがよいとかかねえ。
 ヒサビサに猫を触りましたよ。車を動かすようなので危ないと思って抱き上げて移動させたら嫌そうに逃げて未練がましく車のほうを見ておった。

しみじみ

 今日は高校時代の吹奏楽の指導者の定年引退パーティでした。懐かしい顔がたくさん。
 最後のほうで先生が作曲した歌や、学生のころ必ずアンコールでやっていたマーチ(歌入り)を歌いました。指揮姿を見て、胸がいっぱいになって最後まで歌えませんでした。またこの人の指揮で演奏したいと思ったけど、機会があるかどうか・・・。
 今まで吹奏楽を続けてきたのも、最初に指導してもらったのがこの先生だったからだと思います。今日はそのほかにもいろんなことがあって、元気をもらったりおちこんだり。複雑なキブンです…。


 と言うわけで今日は団の練習はお休み。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

よっぱらー

 ヨッパらってチケットをとったりネットでお買い物をしてしまうことがわりとあるのです。今日はバイエルン放送響のチケットをとったよ。川崎は遠いなあ・・・。
 今日は酔っ払いなので短めに。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

チケットたかくね?

 外来オーケストラのチケットを買おうか迷っています。最近高いし、席もあんまりよくない…。この間のビリー/ウイーン放送響みたいなのがあると外来オケももっと聴きたい、と思うけれど。

 それもあるけど、半年以上も先の予定をたてることにも最近抵抗を感じます(といいつつ8月のコンサートで取ってあるのがあるけど)。11月のコンサートのチケットなんか取ろうとすると、その頃ワタシはどうしているじゃろうか…などとしみじみしてしまいがちな今日このごろごろ。

 今日はミスチルのアルバムと一緒に買ったアンセルメのフランス音楽小品集みたいなのを聴いています。アンセルメはそんなに好きな指揮者でもないけど、これはなかなか。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

ミスチる

 しばらく前からMr.Childrenにびみょーにハマっているのですよぅ。あんまりクラシック以外のCDは買わないんだけど、アルバムをソコソコ毎回買っています。今回も「HOME」ってアルバムが出たから買ったよ。いまんところ「彩り」って歌が気に入りました。車の中で聴いています。ワタシはCDのブックレットに書いてあるバックミュージシャンの名前を見るのがすきなのですが、今回はまだ見ていません…。
 そういえば家でまだ聴いてないな。今聴くか…。うるさいかな。

まちがってた

 昨日のは「テオブロ」ていう明治のココアでした。なんかリンク貼るのにウルサイことが書いてあったのと、実際にもウルサイ(音が出る)のでリンクは貼りませんが。なんかググったら箱買いしてるとか言う人も…。いたまないのかな。

ココアのコナ

 昔は紅茶好きでした。コーヒーは飲めなかった。コーヒーを飲むと夜ねむれなくなる。今でも夜はコーヒーを飲まないようにしています。ほんとはそんなデリケィトではないと思うけどもね。コーヒー、飲むときはブラックで飲むかミルクをいれます。あのなんだっけ、スジャータとかクリープとかああいうのはだめ。ふつーのミルクじゃないとダメです。

 バンホーテンのコナをもらってからココア好きになりました。ココアって甘いだけじゃないんだ・・・。でも高いのよなバンホーテン。といって調整ココアは甘すぎるのが多いの。そう思っていたら最近買ったディオブロココアとかいうの(違うかも)がじつにいい甘さのアンバイ。はまりそうです。ちょっと高い。

 先日行った喫茶店のママがココアはきちんとまぜてあげたほうがオイシイと言うので時間があるときはがんばってまぜています。


 最近文体ヘン・・・?

また吹奏楽の話題で・・・

 また吹奏楽のことです。私のブログとは思えない内容!!

 朝起きると雨が降っていました。そんで二度寝したら、本番で初見のわけわかんない楽譜を渡されて、当然ぜんぜんできないし、楽器はどこに置いてあるかわかんないし、パニクってしまって、それを指揮者が演奏を止めてネチネチ責められる、という夢を見ました。うへー!朝からなんて夢だ。あとで夢でなく指揮者先生に会ったので「けさ夢でネチネチ責められました」と報告したら「そーゆー心構えでこれからもがんばって下さい」だそうです(汗汗



 今日はウチの団とも交流のある某一般吹奏楽団さんの演奏会に行ってきました。少し早く着いたから、近くのブックオフにもヒサビサに寄ってしまったよ。

 この団は県内ではけっこうレベルの高いところなのですけど、ウチの団とはまったく違う音楽作りで面白かったです。どうも普段演奏している耳で聞いてしまうせいか、聴き始めはアラが聞こえると「あっ!」と思ってしまってすこし疲れました。

よその楽団のコンサートを聴いていると、構成とか演出とかいろいろ勉強になります。なかなか凝ったことをやっていましたが、微妙に長かったかなあ。途中でダレてしまいました。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

練習その他

 しばらく土曜の練習に行けないので、がんばって行って来ました。今日の出席者は10人ちょっと。響きがウスイです…。夏のコンクールの自由曲の候補になっている曲をやりました。

 もとはクラシックの曲ですが、だいぶ違った感じに編曲されているなあと思いました。コンクールの自由曲では、やりたくないかも…。えらく難しいです。といっても、今日やったその難しいところは、本番ではワタシ以外の人がやることになると思いますが。

 帰ってきて、吹奏楽の関係でメールのグループ設定をしなければならなくて苦戦。携帯の使い方わからなすぎ。

 明日は県内の別の団の演奏会を聴きに行く予定です。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

たーまごー

 今日はヨッパライです。うずらの卵を六個食べましたです。もっといただきたい!と思ったらもうないんですって。うずらウマー。

話し合い

 OB会の話し合いでした。懐かしい名前がたくさん。来週なのですが、ヒサビサの人々に会うのが楽しみだったり不安だったり。

 行っている吹奏楽団の人事やらなんやらでちょっと心配に思っていた件を、たまたま今日会った団員さんに聞いてみたら、とりこし苦労だったみたいで安心。楽しい団体なのでなんとかいいアンバイにやっていけるとよいなあ。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

会議

 今日は団の会議。ワタクシ今季からちょっとだけ役がついてしまったので出席しました。入団した時には運営には関わらないつもりだったんだけど…。なさそうでいろいろ問題を抱えているんだねえ。それでも夏のコンクールなど、楽しげなことも先にはあるので、なんとかやっていかなければ。

 明日は高校時代の吹奏楽団OB会がらみで打ち合わせ。そんなんばっかりだよ…。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

ぎゃ

 落語について長々書き始めたんだけどまとまらず、何時に終るのかわからなくなってぐわーーーっと消しました。またゆっくり時間をかけて書くつもり。

 カウンターは私がほとんど自分で回してると思うんだけど、それにしてはやや多い気も。誰か見てる人がいるのかな。ブログってよくわかんない。

グロッケン

 この間(といってももう2週間前)の演奏で使用したグロッケンがまだ家にあります。今度の水曜日に練習場に持っていくつもり。せっかく家にあるんだから、日頃お世話になっているんだし、すこし磨いてあげようと思っていますです。

いいの?

最近気になったくらしっく界のニュース(クラシックのページだということをみんな忘れていやしまいか!)

 デュトワ氏がフィラデルフィア管の主席指揮者になるんですって。ちょうどよいような、イマイチ似あわないような複雑な気持ち。

 アルゲリッチがチェチーリア管の演奏会をキャンセルして、代わりに庄司紗矢香さんがソリストに。値段が変わらないのはどういうわけだろう?

 NHK交響楽団がアシケナージとの契約を更新せず、当面音楽監督を置かないそうです。よけいダメになってしまうんじゃないかねえ。不安だよ。

雀の間

とりあえず、こしらいてみましたです。まあどうなるかはわからんが。