FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

読響演奏会(4/29)

 オネゲルの交響曲第2番、メシアンの「われら死者の復活を待ち望む」 ブラームスの交響曲

第2番。どこが名曲シリーズなんだよ!!という選曲。

 池袋駅前のくるくる寿司でかるく腹ごしらい。確か何回か来て懲りてるんだよね。忘れてた。ぜーんぜん注文取りにこないしロクなもの回ってないし注文してから出てくるの遅いの。って、こんなとこからコンサートのレポートするなんておかしくね?

 1曲目は(飛ばすねえ)オネゲルの交響曲第2番。んー。もうちょっと速いテンポのほうがすきだけども、なかなかの熱演でこの複雑な節づけ(?)の曲を演奏していました。あと、もう少し何かアヤシイ雰囲気がこの曲には必要な気がしました。でもこんな曲やってくれるだけでアリガタイ。トランペットはどこで鳴るのかと思ったらステージの私からは見えない位置でした。ナマできくと第2楽章のチェロの歌は案外色気があるものだね。

 2曲め。入ったときからステージ上に打楽器がわんさとあってわくわくでしたがそれが活躍するメシアンの「われら死者の復活を待ち望む」 ブーレーズのCDがあるのですが聴いてもよくわかんない。今日もよくわかんなかったのですが、打楽器の演奏を「おもしれーなー」と見ていて飽きませんでした。面白かった。あれレンタルだろうなーなんて思った。あとでブーレーズのCDで復習。すこし前よりわかるようになった!

 休憩のあとはブラームスの交響曲第2番。弦楽器がけっこう重みのある響きも出していたのですが私にはこの演奏はちょっとものたりなかったです…。第1楽章なんか、あの程度の音楽じゃあないはずだと思う。管楽器が刻む「タンタタ-タンタタ」ってリズムが潰れたりして、やや緊張感に欠ける気がしました。第2楽章でも木管楽器なんかがやや浮いてた印象が。第3、第4楽章はなかなか良かったように思います。第4楽章で急に陽気になるヘンテコな曲のような印象を今日は持ったのですがこれが当を得ているかどうかはまだよくわかりません。

 今日はでもなんだか入り組んだ感じの曲(ブラームスのスコアって聴いてるとシンプルなんだけど意外に入り組んでてフクザツなんですよねえ)を3曲でなかなかおつかれさまでした。

 この演奏会を聴いて家に帰る予定でした。まだ団員さんがステージにいる間に申し訳ないけれどホールを出て、家に着いたのが11時でした。旅だよなあ。
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

新宿末広亭4月下席(4/29)

 鈴本早朝寄席から大慌てで地下鉄を乗り継いで新宿末広亭へ。中に入るとすでに1階席は満席で2階席へ。2階は開いたばかりと見えてまだほとんど座っていません。

 最前列に陣取って高座を見るとぼたんさんが「つる」 の最後のほう。すぐ終ってしまいました。正楽さんが出てきて相合傘を切る。注文のなかに今回子供さんの声で「ワニ」正楽さん「ワニが得意なんです」 なかなかほほえましい。

 扇治さん「権助芝居」 村芝居の場面まで。早いね。彦いちさんが出てきて学校寄席の話や昔の空手の先輩の話など、わりと定番の漫談でバンバン笑わせておりました。そのあとににゃんこ・金魚さん。続いて錦平さん。笑わせる流れを途切れさせないような感じで「生徒の作文」 優秀な子が書いた作文が30年前くらいな感じ。権太楼さん今日は「金明竹」 最初の借り物のところは無しで旦那が出かけるところから。サスガに独自のくすぐりを入れてバンバン笑わせる。口上を言う使いの男が「ものもらいじゃない!」とキレてみせたり、口上の途中で「ヨダレ拭きなはれ…」 

 美智さんの手品があって源平さんのネタは処世術の本の噺。題名知らない。だけどこれ、私が知ってる型だと夜店で買ってきた本が変な本だったって噺だったんだけど、ちょっと違っていました。客席の反応を探ったりするのが面白い。なぜか予定に無い(「今日の寄席」にも出てなかった)志ん駒さんが出てきて自衛隊の漫談。文楽さんは「替り目」 シブーい「替り目」 でした。鯉川のぼるさんのやや古風な声帯模写。近くの席の親子連れ「これって似てるの?」「似てる似てる…」
 円丈さんは今日もまた当たってしまった「手紙無筆inUSA」 だけど面白いです。もりあげてお仲入り。

 クイツキは鉄平さん「高砂や」 を短めに。笑組の漫才は今日はややあっさり?文生さんお得意の「本膳」 それほどどっと笑うネタではありませんが、とぼけた味わいがじつに文生さんに合っているなあと思うのです。いいですねえ。続いて扇橋さん。出てくるなりあの調子で売店の食べ物を「時々腐ってるものも売ってますが…」それはないでそ。大ウケ。ネタは「穴泥」 例の調子で話していくのですけど、ところどころおかしくてくすくす笑ってしまう。お客さんもいいお客さんでした。仙三郎社中は傘、五階茶碗、土瓶、ばちと笠のとりわけ。二階席からだとちょっと見えにくい…。近くの席の人は初体験だったらしくすごいすごい!の連発。すごいんですよね!。トリはしん平さん。フランス料理のお話と、いつもの焼肉の妖精のお話。もう何回か聞いてるんだけど、聞くたびにおかしい。漫談だけどけっこうちゃんと落語的なしぐさやなんか入っているのですよねえ。んで、骸骨かっぽれ…。お客さんに子供さんがいたんだけど…。どうなんだろう…?まあね。末広亭で見るのは初めて。ブラックライトを使わないで客席の電灯だけ消して踊るのね。こっちのがなんかナマナマしいなあ…。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

鈴本早朝寄席(4/29)

 前回はまとめてうpしましたが今回は分けて。

 行きました(いつも前置きが長いのでシンプルに)。15分ほど前に入るともうかなりの入り。ヘタな定席より入ってるんじゃ。

 鈴本の幕の灘の生一本はあんまり私知らないなあ…なんてことを思いつつ待っていると幕が開いて一人目はまず五街道弥助さん。「崇徳院」 正攻法です。歯切れもいいし。三軒長屋をエサに若旦那のお相手を探しに行く。300円とかは無いのですな。最終日の床屋はもっとへろへろで入ってほしい感じ。

 次が柳家麟太郎さん「目薬」 微妙なネタですなあ…。けっこうよくウケてました。んー。

 次は鈴々舎風車さん「あくび指南」 なかなかいいですねえ。あくびを稽古してもらいに行く男の抜けっぷりがなかなか…。

 トリが香盤が一番下の柳亭こみちさん。あみだくじらしいですが、これってどうなのよ、と思うことがときどきあります。こみちさんのネタは「金明竹」で、頭からきちんとやってなかなかウケていました。旦那がもうちょっと押しが強いほうが面白いんでしょうけど、それでもなかなかの健闘だったかと。使いの人を呼び止める時に演歌歌手みたいな形になるのね。この人でもなかなか聞いていて女流だけど抵抗が少ないです。がんばってほしいものです。

 表に出るとよい天気。あわてて末広亭に向かうワタクシ。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

遊雀さんとひまわりさん二人会

 HPと同じ内容ですが天災か転載と思ってくれたまい。

 家がいろいろあって大変な時期ですがこの二日間はなんとか出歩くことにしました。最初は遊雀さんとひまわりさんの会。

 ここのところとにかく疲れぎみで先週は肩こりもひどく、頭が痛くなるほど。だったので、もともとは、末広亭から向かう予定でしたが、時々行くマッサージ屋さんに寄っていくことにしました。ここが、なかなかマッチョなお兄さんが出てきてぐいぐい押してくれんの。痛えのなんの!だけどおかげでだいぶ良くなりました。駅を出てマッサージ屋さんに行くときに見あげると空に嫌な雲が出ていたんだけど、あまくみていたら揉んでもらってる最中にものすごい風が吹き出して、雨の音。カミナリがドッカンドッカン落ちて景気がいいのなんの!?アタシ傘無いんですけど…。終ってからは意を決して駅の地下通路入り口までダッシュ!って走って10秒ちょいか…?

 電車で三鷹まで移動して、駅を出る頃にはサイワイ小降りになってました。会場は3回目になる三鷹の文鳥舎さん。ここの文鳥の絵かわいいですと毎回言う。駅から歩いて、どこだっけーっとおおっとたい焼きやさん発見!行きすぎたっ。

 今回はかなり満員さん。前回とはお客さんの顔ぶれが少し違う感じ?ドアに遊雀さんのメクリも貼られていいかんじ。最初に遊雀さん登場。いきなりマクラが電車ネタですよ。中央線の新しい車輌と古い車輌が混じって走っていてわくわくするみたいなお話で、遊雀さんの鉄道好きを知っているお客さんが多いと見えて笑いが起きる。それから今日の中央線の車内でのできごと…。遊雀さんらしい語りが面白い。鉄道オタクの格好を評して、高座帰りの喬太郎さんだって。一度見かけたときを思い出してしまった…。登山に行くようなフゼイでしたよ。

 一席目は「宿屋の富」 さほど私には面白いと思わないネタですが、大熱演で面白かったです。サスガ。二番富が当たるってオトコの妄想加減がスゴイ。こういうの得意ですね。吉原の女が自分のかんざしを都合して男を遊ばせようって話をするくだりで、この男わっと泣き崩れて「あの女俺に惚れてんす!」 オッカしいおっかしい。えぐえぐしながら妄想するの。面白すぎ。聞き役の人がだんだんダレてくるのも面白い。

 次に神田ひまわりさん。この人2回目かな。ネタは落語にもあります「五貫裁き」 ほとんど落語と変わらないような。何ていったか忘れちゃった、主人公の男が博打場なんかに出入りしている割にはどっかぼーっとした感じなんですね。徳力屋を殴ろうとして煙管でぶたれたってのは、なんだか緊急避難的な要素もありそうな…なんて思ってしまった。こんだ落語には無いイサマシイようなのも聴いてみたい。

 仲入りがあってひまわりさんは次のお仕事のためにお帰りになりまして、ふたたび遊雀さん。ちょっと物騒な世の中になったというような話から「転宅」 かっぽれ泥棒のくだり、好きなんですがありませんでした。泥棒がどきどきあまりにあっさり騙されて気の毒になることもあるのですけど、遊雀さんのこのネタの泥棒はすごく抜けてる感じでそういう感情を抱く余裕も無いっす…。「嫁さんいねえよな、いないいない…」 スゴい遊雀ワールドであります。

 今回は打ち上げが文鳥舎さんでできなくて近所のイタリア料理屋さんで。とりあえずビールで乾杯。スキッパラだったのでたちまち酔ってしまって、あちこちの方とダラダラお話をしてしまいましたスミマセン。遊雀さんとは今回あまりお話できなかったな…。一緒に写真も撮ってもらおうかな…なんてことも思っていたのですが、タイミングを逸してしまった。 

 わりに2席とも正攻法って感じでしたが、今回もとっても面白かったです。次回もゼヒ…。
 そんで、一席目のマクラを聞いていて、遊雀さんに電車のお話だけである程度お話をきくのも楽しそうだ…と思ったのですが、たぶん打ち上げで遊雀さんにくっついてれば聞けたのかもっ!


テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

いってきたずぇ

 昨日から1泊で都内へ行ってきました!マッサージ→落語会(ウチアゲつき)→鈴本早朝寄席→末広亭→読売日響演奏会というなかなかにハードなのかだらけているのかわかならいのかわからないのか。というスケジュール。感想はもう書いてあるのですが明日あたりうpします。うそじゃないよ。ねむい。

早起きは三文の得?

 今日はお出かけですがもっとまったり寝ていてもよいのです。11時出発です。昔この時間のバスでよく府中競馬場に行ったもんじゃて。そういえば今も開催中だねい。明日は天皇賞じゃん!馬券買うの忘れるとこだった!あさってだと思ってた。あさってあさてっは南京玉すだれ。

 …明日の読響の演奏会は、私の好きなオネゲルの交響曲第2番と、メシアンの覚えにくい曲名の曲(どんな曲だよ!と思ったらCD持ってた。よくわかんない曲だ)、それからブラームスの2番。だったかな…!?私的メインはオネゲルです。スクロヴェチェフスキ氏はあのほっそりした風貌がどこか友人のYくんを思い出させます。最近ウチの吹奏楽団にひっぱりこむことに成功しそうな。スクロヴァチェフスキ氏をじゃないよ。

 起きたらすぐ昔同じ部署だった人がパソのことであさって教えてほしいとの電話。ただばたらきじゃね?断ることができね。日本代表じゃないけどね(意味不明)。いっしゅんトシゴロの嫁はんでも紹介してくれるのかと思ったぢゃないか。 

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

休み

 今月は日曜日があんまりありませんでした。今日は代休とって4連休。よござんしょう?明日のひまわりさんと遊雀さんの会に向けて休養をとって備えようと思ったら、なにげなく電話した眼科医にコンタクトの調整で来るように言われ、ちょっとのつもりが4時間。待合室で文庫本ほぼ1冊読んじゃったもんね。休まらない…眼鏡にしてやろうかと思ったぞ。どっちにしても眼鏡ひとつ作っておきたいな。

 明日はじさまに会ってから出かけるつもりでいたんだけど面会時間が午後からだそうで…。しかたないので明日あさっては別の家族にお任せして出かけてきます。まだ肩こりが治らないので、明日は末広亭→遊雀さんの会の予定をマッサージ→遊雀さんの会に変える予定。あさっては早朝寄席→どこかの寄席→スクロヴェチェフスキ/読響の予定です。なんてつめこみよう。いつも書いている気がしますが見かけたかたはどうぞお気軽に声をおかけくださいな。ものすごい人見知りですけど。石などぶつけたりムリヤリ餌をあたえたりしないでください。

休み

 だいぶ吹奏楽の練習を休んでいます。ここで新学期というか、ヨノナカ変わる季節で見学者もけっこうやってきているもよう。
 団のHPを見たら新打楽器団員が一人増えていました。ワタシパートリーダーだけど知らなかったりして。だめじゃん。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

なかまがふえた・・・かな?

 肩が凝るのは相変わらず。腰も痛くなってきました。困ったのう。

 昔同じ吹奏楽団でやっていた友人夫婦を今の吹奏楽団に入団するようにずっと声をかけ続けていたのですが、たぶんもう楽器はやらないものと最近諦めていました。そしたら今日昼休みに電話があって、この間練習の見学に行って一緒に吹いたようです。続けてくれるとうれしいな。
 ウチの吹奏楽団は本来そうでないのですけど、某高校のOBバンドみたいになっているので、このよーにウチの高校のOBを少しずつ入れて、のっとってやるぜ!(ウソ
 でも、かつて一緒にやっていた友達とまたいっしょに音楽ができたらうれしいな。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

ザンデルリンクさん元気かなあ

 今日はアタマイタイですけどヒサビサにザンデルリンクの指揮したブルックナーの交響曲第7番を聴いています。いー演奏なんですよぅ。この曲のベストを挙げてみ。と言われたらこれかなぁ。第4楽章が良かったりするのですよ。スクロヴァチェフスキの透明な演奏も捨てがたいけど。
 まったりとして、それでまた、オーケストラの音がものすごく表情豊かなの。ライヴならではの傷もあるけど、そんなに私には気にならないし。ものすごくいい演奏です。
 この曲はブロムシュテットのCDをまだきいたことないのです。ブロムシュテットの指揮したブルックナーの4番のCDを聴いたら、先年第7番をナマで聴いた時に「こういう音楽を作っていたなあ…」というのがかなり思い出されるようなデキだったので、きっと7番もよいでしょう。そのうち買うかもしれないけど…この曲のCD買いすぎなんだよねえ。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

んー

 肩が凝ってあたまが痛いです。ここのところどうも調子が良くない。今日は早く寝ますです。
 前の仕事の関係でときどきいっしょに飲みにいくひとが結婚してメールを送ってきましたおめでとう。新婚旅行は珍しいところに行きますよ。初めて聞いたときは新婚旅行の話だと思わなくて亡命の話かと思った。

からい?

 枝雀さんの「時うどん」で「からー!」というのは、「塩辛い→ショッパイ」ということで、いいんですよね?(誰に聞いているのか?)

いやはや…

 今日は…4月18日ですね。
 おもては雪が降っています。ふざけている。しかも1センチほどだけど積もってんの。車のタイヤはもう夏タイヤに変えてしまったから、明日は仕事には歩いて行かねばならんぞ…。

なんなんなんだ

 最近また雨が降って天気が悪くて寒いです。朝布団のなかがハンパじゃなく気持ちいい。おきたくない!
 いろいろ忙しくて映画も見にいけません。

 鬼のように迷惑メールが来ていて(それもプロバイダを変えようと思った理由の一つ)、俺は迷惑メールのためにメールを使えるようにしてあるんぢゃないっ!と思いつつ見てたら、おとつい(←レミオロメンもつかうイキな言葉)Amazonに注文した本の発送のメールが来てました。柳家三太楼(現三遊亭遊雀さん)と柳家三之助さん共著の「オールフライト・ニッポン」(今頃になって買った)と、佐野洋子さんのエッセイ。出てたの知らなかった。タノシミです。

 レミオロメンの話が出たのでついでに。なんか同じ県出身らしくって、教員やってる後輩が教えたことあるとか、メンバーの兄弟が飲み会に来てたりとか、なにかと縁があるわりに、どういう歌歌う人かぜんぜん知りませんでした。したら、JRAのCMで流れてる歌とか歌ってたのね。なかなかよい感じでした。びみょうに応援するぜ!(びみょうに?)

あたまいたい

 1日に3回同じ題名で書いてみる。ただ今23:51分なので、書ききるまでに日付が変わるかな?

 今月末に文鳥舎さんである遊雀さんと神田ひまわりさんの会に行きます。当初の予定だと翌日の夜、スクロヴァチェフスキ指揮の読売日本交響楽団の演奏会にも行く予定でした。うちに帰るには微妙な時間なので2泊になるのです。だけども今、2日も家を空けるのってどうよ…と思って、かなり悩んでいます。読響は今回はあきらめるか、それとも読響を聴いて電車で帰ってくるか…。電車で帰ってくると、へたすると今ぐらいの時間に自宅着になるのですよ。キビシイよねえ…。演奏会が8時前に終ればわりと早く帰れるのですが、たぶんそれはないでしょう…。
 もう1泊して、朝早めに帰ってくるか、等々、いろいろと考えているところです。あたまいたい。

あたまいたい

 あたまいたいのはだいぶ良くなりました。
 さつき賞をテレビで見て、はずれましたが、すこし応援している田中勝春くんがヒッサビサに大きいレースを勝って(私が熱心に競馬をやってた時期には一度も勝たなかったのでは)感激でした。
 そのあと病院に行きました。じさまは明日からリハビリに入るそう。ものすごく症状が重いって感じではないみたい。足なんかは曲げ伸ばしができるし、手も指に力が入らないけどもちあがるのです。早く家に帰ってこれるようになるといいです。

 今は例のコリン・デイヴィス指揮ロンドン響のシベリウス交響曲第2番をきいています。もうちょっとハジけてもいいかな…って気も。あとは1、4番の録音を残すのみですが(全部で7曲だから、「のみ」ってほどでもないか)なかなかクオリティが高いですよ。

あたまいたい

 昨日は、午前中、近くの山の神社に行きましたよ。HPの写真のところにある写真の場所(←わけわかんない)です。今年は花が咲き出してから雪が降ったせいなのか、それとも今から咲くのか、花が少なかったです。デジカメを持っていったんだけど、充電してなかったので電池がすぐになくなってしまった。
 今日は飲みすぎのせいではないと思うのですがヒサビサに持病の頭痛。からだじゅう凝っている気がします。

なんだっけ

 なんだか忘れちゃった。
 今日は朝ゆっくり寝て、夕方からじいさんのところへ行きました。じーさんは病室で横浜-阪神戦をテレビで見ていたんだけど、阪神があまりにふがいない負け方をしてムカムカした(私が)。
 そのあとヒサビサのようでそうでもない飲み。いいあんばい。だいぶダラダラ生活している気がします。

長かった

 こないだっから、寝る前に岩波文庫の三遊亭円朝の「真景累ヶ淵」を読んでいました。なっかなか終らないし、しまいに誰が誰だかわかんなくなってきた…。昨日やっと読み終わりました。なんだか随分理不尽なわけわかんない話だのう。と思った。あと、現代の演者はいろいろ工夫をしているのね…なんてことも思ったですよ。
 読んでいる間、そこいらじゅうで彦六師匠の口調が頭に浮かんで。
 もっと読みにくいかと思ったんだけどぜんぜんそんなことない。牡丹灯篭とかも読んでみよ。

 ばたばた中だけど再来週の遊雀さんの会には行きたい。いざとなったら日帰り…。だけど。きびしいなあ。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

やびけた

 最近毎晩ねむいです。夜12時前に本を読んでいるのですけど、すぐねむくなってしまう。

 昨日、じいさまの世話に病院に行っていて弟に指摘されて気がついたんだけど、スーツの裾のところが破けていた。いつからなんだろう…。どこかに引っ掛けたらしい。
 この間一着あたらしいのを買ったばっかりなのですが、それは袖が長すぎて今日直しにやりました。いつも行っている店は移転してなんだか入りやすくなったかも。

そういえば…

 今日は横浜に出張。下りる首都高の出口間違えた。
 
 帰ってきて病院に行ったら、親戚の人たちが何人かきていました。祖父は今日は検査づけだったようでだいぶお疲れのご様子。早く寝てしまいました。
 みんなで家に帰ってきて、親戚の叔父さんが買ってきたとらやのようかんとか食べてんの。アタシはようかんは見るのもダメって日があって今日はその日だったので避難していましたよ。濃いお茶だけはいただきました。

 昔借りて借りっぱなしだった(だめじゃん)家庭のリハビリの本を引っ張り出してみてみました。ずっと昔、福祉関係の仕事をしていた頃にそういえばベッドからの起き上がり方とか自分でやってみたりしたっけ・・・。と、いろいろ思い出しました。

むかついてみる?

 じーさんのことやもろもろでどうも疲れぎみです。仕事中もどうも考えがまとまらない。ひとつづつこなしてくしかないんだけど。
 そんな状態のせいかヒサビサに職場で後輩からかかってきた電話の口のききようにムカつきました。
 あとでそこに行く用があって、まだ同じようなこと言われたらこれはふだん温厚なアタクシももめることになってしまうかな嫌だな…と思ったら、その人は席を外していて、その人の上司となごやかに用事をすます結果になりました。まあよかったよ。

ばたばたの一日

 元祖自由演奏会に行きました。今日はほとんど道に迷わずにいけたというか、過去に迷った経験が役に立ちました。それにしてもあすこのインターはわかりにくい。
 今日はあまり難しいパートにチャレンジしなかったのでまあまあかな…。レンタルの打楽器がみんな豪華でびっくりしました。
 最後の「ブロックM」のあと、携帯に電話がかかってきて、じいさんが入院したとのこと…。楽器かたずけをして帰るつもりだったのですが、青くなってあわてて帰って、そのまま病院に直行しました。検査の結果が医師の出勤してくる月曜日にならないとわからないようです。口がまわりにくくて、右半身に軽い麻痺があるらしい。90歳を越えているので心配です。元気でいてくれなければ困るよー。
 病院の急患窓口はインフルエンザのひどい患者さんでいっぱい。恐ろしい。

 バタバタしていたのでもう夜中のような感じがします。明日は仕事で朝早くから出かけて遅くまで帰れなくてお見舞いにもいけません。つらい。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

てきとうに生きれない

 職場でてきとうな発言をしたら真に受けられたらしい。後で知りました。どうも自分ではけっこういい加減なことをよく言っているんだけど、周りはそうはとってくれないみたい。注意しなければと思いつついいかげんな発言を繰り返してしまうワタクシでありました。

そんだけ・・・

 統一地方選挙です。職場から駐車場への道の脇に、候補者のポスターを貼った看板があるのです。
 その前を通りすぎながら看板を見ると、4人ほどのオッサンのポスターが貼ってありました。
「ふふっ。悪人ヅラが揃ったものよのう…」っと言ったらしっかり職場の人に聞かれて笑われた。だって悪人ヅラが揃ってるんだからしかたない。

使い方がわからない・・・

 コメントをいただきましたが、あれって返信できるのかしらん。使い方がわからないのです…。さしさわりのない範囲でここでおへんじを。

 とりあえず、いろいろあってまだ迷っています。出かけるにしても、国立演芸場に遊雀さんが出ているという選択肢も…。文我さんの落語のもうひとりの出演者である市馬さんも中堅どころでどっしりとした安定感を誇るとってもいい噺家さんなのですよぅ。どうしようかなあ…。

 で今日は東京でも雪が降ったようですね。変だねどうも。山が雪で白くなっていて、冬のようでしたよ。なんだかねえ。

雪…

 日曜日に桜が開いたと思ったら今日は雪…。さいわい積もってはいませんが、山は白くなっています。ちょうしにのるなとか言ったせいでしょうか…。

 昨晩は三遊亭遊雀さんの落語をききつつ寝ました。っていうか、聞いてたら寝られなくなっちゃった…。今日はねむかったです。なぜかごはんを食べた後ではなくて夕方ねむくなる。
 昨日聴いたのは遊雀さんが三太楼さんって言ってた頃の落語。遊雀さんの名前でCDとか出ないかなあ。でも遊雀さんはあの、みたかんじ、もダイジかもね。今月も聴く予定です(ウチアゲつきですよ。へへへ)。楽しみ…。

 今月は日曜日があまりないのです。空いている日曜日で桂文我さんを東京まで聴きに行くか迷い中。ネタもきいてみたいネタなんですよねえ…。まだ券あるのかいな。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

まだ早いっ!

 昨日はものすごく暑かったのですけど、今日は一転やや肌寒い陽気。明日はもっと寒くなるみたい。
 通勤の途中で見たら桜が開きかかっていました。一瞬目を疑った。例年だとウチのほうで桜が開くのなんてまだ半月以上先だよ。昨日は帰り道がもう暗かったから気がつかなかったけど、昨日のバカ陽気で開いちゃったんだろうね。まだはやいっ!引っ込め引っ込め!といいたいけど桜も開きかかっちゃった手前、引っ込むこともできないでしょうなあ。
 しばらくこの開きかかったままでいるのかな。2~3にちすればまたすこし気温が上がりそうだから、そのスキを見て開くかな。
 変な陽気ですな。

 帰りに本屋さんに寄ろうと思っていたんだけど久しぶりにおなかの調子がイマイチになったのでまっすぐ帰りました。

4月です!

 4月になったからと思って調子づくなよ!なんだ今日の暑さはっ!!
 と思ったけど明日からまた気温が下がるんですってねえ。さむいのきらい。でも今日みたいだといつも以上にぼーっとしてしまうよ。
 今日は一日仕事でした…。今月は日曜出勤が多いのよ。ここをのりきったらどっか遊びにいくけんね!と思ったけどそのころに演奏会があるんだよなあ…。練習じゃん。さぼれないじゃん!

 夜家に帰ってうるさい音楽を立て続けにきく。ドラティの指揮した春の祭典、ブロムシュテット指揮のカルミナ・ブラーナ。カルミナは久々にきいたけどなんか郷愁を誘われるというか…。

 今は「ローマの松」をきいていますよ。ジャニコロの松の夜鳴きうぐいすの声と同じタイミングでおなかが「ぐぐぅ…」となりました。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

FC2Ad