FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

ふえた

 昨日寄席の帰りに新宿の某量販店でバスの時間をものすごく気にしながらパソの増設メモリを買ってきました。そんで今日つけてみました。どう変わったのかよくわからないんですけど変わったんでしょう。びみょうに。元が元だからなあ…。昔スカジ、とか言うのをつけたときだったか、筐体のどこかで手を切って流血騒ぎになったのでパソのなかみはトラウマです(そんなたいそうなもんじゃない)。

 コンクールの練習の録音をかなり何度も聞いています。だんだんこんなのでいいのか?って気になってしまう。昨日バスの中で聞いたときはいろいろここをこうすればいいんじゃん!俺ってスルドイじゃん!!と思ったのですが、今日聞いてもさっぱりわかりません…。
 
スポンサーサイト



池袋演芸場 7月下席(昼席)  2007/7/30

 この席は白鳥さんが仲入り前、喬太郎さんがトリってなことで、ぜひとも行ってみたかったのです。地方住まいだし、ほかにもさまざまの事情でなかなか行けないのですが、万障繰り合わせて楽日に行くことにしました。
 ところがところが。雨予報。しかも強く降るって言うじゃないですか。朝起きると雷がゴロゴロ……。雨が降らないうちにと早めに出かけました。新宿について塔(タワレコのこと)で少しぶらぶらして表に出るとたいへんな雨風。昼食に入った店もお客さんはワタシ一人できまづい感じ…。まけるもんかとまったり食事をして池袋に移動しました。まだ早いかなーっと思いつつ12時半頃にテケツを覗くともう何人か人がいたのでそのまま並ぶことにしました。ひまつぶしに本を買ったのですが、まったく手をつけずに、来週の吹奏楽コンクールの練習を録音したmp3を何度も聴きなおして「今年は金賞はダメかもしれない…」 「いや今年も大丈夫かもしれない…」などと悲観したり楽観したりしていたら開場になりました。雨のため早めに階段に入れてもらい、開場もすこし早かったです。さすがに雨のせいで開演時点で7~8割くらいの入りのようでしたが、最終的には立ち見もいるくらいの入りでした。
 最初は柳家小きちさん「花色木綿」 前半ものすごくカミカミで、どうなることかと思いました。声が大きくてよいかも。ちょっとネタが難しすぎではないかな。柳家喬四郎さんは「皿屋敷」 自分で「古典なんかやって大丈夫かぁ」 みたいなツッコミを入れていましたが、確かに前半の怪談部分はグダグダな感じ…。後半はいろいろ入れごとをして、皿も100枚まで数えてしまう…。どうなることかと思いましたが面白かった。続いて柳家喬之助さん。本来なら今定期的な検査のための入院している予定だったのをずらして今席に出てるんですって。ネタは「真田小僧」 なかなか良かったです。金坊がお父っつぁんを引っ張っていく加減がなかなか。途中で客席に子供がいるのに気がついちゃったって…もう遅いっすね。続いて柳家三三さん。巨人-広島戦を見に行った時の客の野次などのマクラから、ネタは何かなーっと思っていると「壷算」 三三さんの壷算なんて面白そうじゃないの…っという期待を裏切らないデキでした。瀬戸物屋の困りようが良く出ていたと思います(このネタここが上手くいかないとつまらないですからね)。私は三三さんのこういう感じのネタを実はあまりきいていないのかも。こういう噺も面白く聞かせて、やっぱりこの人は上手いなあ…と、感心してしまいました。最後のほうで困っている瀬戸物屋に瀬戸物屋の子供が飴を分ける話をもちかける…という、これまた計算のからむ聞いたことのないエピソードがあって、なんだなんだ?と聞いているとコレがまた面白いの…。誰が考えたんだろう。で、そんときはなにげなーく聞いてしまったのですが、あとで「あれってどういう計算だったんだ???」 と改めて計算しなおしてしまいました。まんざらバカじゃあ落語も聞けないのだなあ(それほどのことでもない)。
 にゃんこ金魚さんの漫才はここのところおなじみの「にゃん金寿司」 ですが、なんだかいつもより若干はじけ気味だった気も。本日初の柳家(にゃん金さんも所属は柳家だったり)以外の噺家さん、古今亭菊之丞さん登場でなんとネタは「幾代餅」 この出番で幾代餅かよ…っと思いましたですよ。なぜそういう選択だったんだろう。早口でなんだかどこも説明不足で、もったいない感じがしました。仲入り前は三遊亭白鳥さん。新潟でおばさんにいっしょに写真を撮ってほしいと言われた時のマクラから「戦え、おばさん部隊」 面白かったけども、なんだか私はこのネタは気分に合わないというか…イマイチでした。もしかすると白鳥さんのパワーに押されたか…。
 仲入り後は柳亭左龍さん。仲入り後のお客さんが白鳥疲れしているから戦うのはやめました、と言うので、あっさりとどんなネタをやるのかな?と思っているとなんですかなんですか全然さっぱりでもない「野ざらし」 ですよ。全体にわりあいツボツボを押さえてていねいな感じ。やや笑いは少なかった気もしますが、私はなかなか楽しくききました。左龍さん、釣りはしないのかなあ。釣竿の扱いがやや「アレっ?」って感じがしました。変なところが気になって困ったものだ。
 続いて入船亭扇辰さん。ひょっとして初対面かな…?たぶんそうです。そんでたぶん初めて聞くと思う噺です。「腕食い」とか「脛かじり」というネタがあるのを知っていたのでそれかなと思ったのですが「団子坂奇談」 というネタらしい。これはなっかなか良かったです。今日一番楽しんだかもしれません。笑いのほとんどない、怪談めいた噺(皿屋敷あり、野ざらしあり、このネタあり、夏だから?)ですが、ぐっと引き込まれました。この人また聞いてみようと思いました。もしかしたら好きなタイプの噺家さんかも…。
 太田家元九郎さんは出てくるなり「二日酔いです」 ってなことを言う。ほほう…。いつもの台詞以外のことを言うのは珍しいな…と思っていると、今日は願人節となんだっけ…と、じょんからを時間まで弾いて降りますとのこと。へええ…っとこれからしばらく津軽三味線タイム。面白かった…。いつもこういうのでもいいなあ…。
 トリは柳家喬太郎さん。夏風邪だそうで出てくるなりつらそう。な割に、選挙の話から池袋の話をして、ラーメン屋の話をして、また池袋の話に戻って、っとながーいマクラのあと新作「華やかな憂鬱」 というネタに(演題を間違えて書いていました。ご指摘を受けて訂正しました)。キャバレーを舞台にしたネタでこれも始めてから客席に子供がいるってチェックしたのになあ…でも今から初天神なんてやれるかよっ!みたいな感じで。なんだか話があっちこっちに飛んでまとまりがないんだけども、喬太郎さんのキャラクターで笑わせて、満足のいく一席でした。座布団の上で膝立ちになったり丸くなったりの熱演。さすがだなあ…。喬太郎さんの安定感ってものはすげえなあ…っとアタクシ再認識しましたですよ。そういえば、高座に上がってすぐ、雨が上がりました、という報告をしていました。これから寄席がはねて外の天気は気になりますから、こういうことは言ってくれるとありがたいことで、うれしい気遣いかもしれませんね。表に出ると曇ってはいましたが雨はあがっていました。そういえば7月も終わりなのに今年はまだ梅雨が明けないんだなあ…。蒸して暑いけど夏って感じじゃない気もするし。海で思いっきり泳ぎたいですねえ!!!その前に私水泳習わなければなりませんけども。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

とんでくる

 昨日はなんとか演奏を終えました。それなりに形にはなったかと。どきどきでしたが。野外のお祭り的演奏で、ウチアゲもあったのですがお酒は都合により飲めず。バナナジュースなどいただいていました。おいしかった。

 今日は一日仕事でした。仕事先の近くの中学校(母校)では吹奏楽部が今週末のコンクールに向けて猛練習中。音が風に乗って聞こえてきます。なかなかのデキのような気がしたけど結果はどうかな…?

 ウチの団は今週は平日2回と土曜、本番の日曜日の朝の練習を残すのみ。先週の練習だけできればダメ金はいけるだろうと思ったのですが、今週イベントの練習に明け暮れたのでそれでダメになってるんじゃないかというのが大方の見解。ワタシもそう思います。追い込みです。

 といいつつワタシは明日は落語を聞きに行く予定。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

よーつー

 ミゴトに腰が痛いです。おまけによっぱらってまっすぐ歩くのもどうかと言う状態。こんなんで明日演奏するのかと思うとユウウツです。マイ楽器もいくつか持っていかなければ。
 んで、まだ楽譜の編集していません。どうすんだ!!!

うっかり

 昨晩はプレヴィン指揮ロンドン響のシベリウスの2番をききつつ寝ました。あれの前に入っているぽぴよらの娘って曲いいわぁ。

 あさってイベントで演奏する吹奏楽の楽譜をチェックしておかなければならないんだけど明日早い(よじおき)のでもう寝なければ、なんて書いてるうちにやれよってか?明日は酔っぱらいの予定だし、出来るのかっ!?出られるメンバーが少なくてなん人か分を二人で間に合わすので大変です!

 すんごくヒサビサにヤフヲクに入札しようと思ってすっかりうっかり忘れていた。気がついたら再出品されて値段が下がっていました。いいんだかどうだか。

疲れたぁ

 今日は土曜日のイベントの演奏の練習に行きました。ので枝雀さんは見られなかった…(衛星は録画できないの)。
 なんだか変なところまで気を使って疲れました。暑かったし。本番はどうなることやら。
 ここのところ、仕事も変則だし、吹奏楽の行事は重なるし、なんだか日付の感覚がすっかりおかしくなっています…。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

食される

 夏でございます。日が長いですなあ。今日は早く帰って、ウチの入り口のところに雑草がハビこって「ざんない」ので、すこし引っこ抜いてみました。さっぱりした。そのわずかな時間に何か虫に噛まれて脚からぽっつり血が出ていました。油断もすきもあらしまへんがな。
 冬の毛布もセンタッキで洗って夜なのに干しました。夏のシーツがめっからないのよ。どこに行ったかな。

 クラシックのチケを2枚注文しました。1枚は来年3月の下野竜也さんの。今から来年3月のチケを買わせるなよなぁ…っと、いつも思います。そんなときの予定なんかわかんないぢゃないか!現に11月の、タイ米は炊いて、じゃない、大枚はたいて買った某外来オケのコンサートは遊雀さんの会とぶつかってますぜ…!


 あっ…。選挙も行ってこなければ。


あつすずしい

 昨日の晩とにかく蒸して寝苦しくてなかなか眠れませんでした。今日は眠かった…そんでさっきすこし寝てしまいました。夜寝られるかな?今日は外は涼しいけど部屋の中は暑いです。照明がいかんのだと思う。

 すこし涼しい気分になろうとペール・ギュントなど聴きました。ジェフリー・テイト指揮のベルリン・フィル盤。なかなかこれいい。今はヴァントのモーツァルトきいています。

 アクセス懐石?の履歴を見るといろんな言葉で検索がかかっていて面白い。甘食やサンスネークの検索けっこう多いのですね。ご期待に添えなくてごめんなさい。今日は「三匹の子豚 萌え」って検索で来た人がいました。謎すぎる…。

あっつぃ!!

 今日も某学校の音楽室をお借りして午後から合奏でした。午前中学生に教えるイベントもあったのですが、別の方が出てくださるそうなのでそちらはお休み。
 昼から出かけました。空調が効いて快適~♪ 響きがかなりデッドで最初びっくりしましたが…。なかなかまとまってきた感じです。今週はイベントでコンクールの練習がないので、そこで後退してしまうのが心配ですが。
 昨日今日と講師の先生が来たのです。音楽監督は「俺が振る時と集中力が違うじゃねえかよぅ…」 と、お嘆きだったそうな。

 家に帰ってきて部屋に入ると、なんだこのむし暑さはっ!!!気温はさほど高くないのに異様に暑い…。そんで先ほど、練習の録音を聞いていたら、むしょーに原曲のCDを(それも特定のある指揮者の)聞きたくなって、部屋中探したけどみつからない。たぶん誰かに貸してそのままだと思う…。探し回ってよけい暑くなりました。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

思い出した!

 何を書こうと思ってたか思い出した。落語聴きに行きたいぞ、ってことでした(いつもじゃん)。
 池袋下席は白鳥さんと喬太郎さんという組み合わせに興味しんしん。この10日間はやや厳しい日程なのですが、30日に仕事休んでいこうかと検討中…。あと2日行けそうな日があったんだけど吹奏楽やら何やらで…。あと、8月上はこれまた池袋で小三治さんがトリ。定席の小三治さんのトリは久しく聴いてないので行きたいっ。メンバーもなかなか。行けるかなあ…。
8月中席は遊雀さんが末広亭に出ているのを聴けるかも?かも?ここはびみょう。
 あと、次の遊雀さんが出る花形演芸会の日程もけってい。ああっ!微妙な日程ナリ・・・。

 来週の水曜日にNHK衛星第2で枝雀さんが出る番組があります。枝雀さんをゴゾンジでない落語ファンは必見ですよっ。といいつつアタクシ見られないヨカンが…。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

だんだんまとまってくる

 昨日書くことがあるようなことを書いていたのだけども今日思い出しても思い出せない。たいしたことではなかったのであろう。

 今日は午前中病院へ。じいさんがリハビリの理学療法士をさして、ヒゲの生えた人のしぐさをしつつ「コレがそろそろ迎えに来るよ」と言っていたのがおかしかった。まだしばらく入院の方針らしい。んー。

 ものすごく眠くて夕方寝てしまいました。体が重いったらなかったのですが吹奏楽の練習へ。今日は年に一度くらい来てくださいますナゾの先生のご指導で課題曲と自由曲を。音楽が形になっていくサマが楽しい。自由曲はクラシックの編曲もので、カットだらけなのですが、この曲ええ曲やなー…と、しみじみ思うようになりました。シャルル・デュトワの指揮したCDがあった筈なんだけどどっこにも見当たらない。もしかして昔貸したままになっているのかも…。

 本来ワタシの受け持ちでないシンバルを、今日担当がお休みだったので叩いていたらまだ手が痛い。とても難しい。本番もやりたかったかも。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

おへ

 今日はだいぶに酔っぱらっています。書きたいことはあるのですけどまた改めて。最近酔っぱらうと言っていることがますますツジツマが合わなくわけわかんなくなってきます。困ったものよ。



テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

ふべん

 職場のパソのレンタル期限が切れてパソが変わりました。ありがたいんだけど使い勝手が違いすぎて不便不便。ソフトがインストールしきれていないってなこともあって、仕事に支障が。いつのまにかこんなにパソに頼るようになっていたんですなあ。機械嫌いだったのになあ。

 関係ないけど今日気になったニュース。なんだか外国製のエコバックが大人気だそうな。ヤフヲクでもすごい値段に…。買い物ブクロにあんなにお金出せるのか…。と思いました。ワタシだったらフツーの安い買い物袋探して、あまったお金はおされバックにまわすよなあ。
 そういえば昔は買い物籠(サザエさんが持ってるようなヤツ)を持って近所のおとうふ屋さんとかに買い物に行ったものですねえ。今じゃ買い物籠なんて持ってる人少ないんじゃないかな。エコバックとか言っても昔に戻っただけなのかも。おっさんが買い物袋ってビミョーだけどアタシも何か買おうかな。

 …ガスレンジがこわれました。ガスは出るんだけど火花が散らないので点火できないの。着火マンで点火して使ってます。これもなんだか懐かしい感覚だねえ。

みたみた

 夜テレビをつけたら目白の小さんさんが強情灸をやっていましたですよ。すっげーカメラワークだなぁと思った。そのあと道具屋もやっていました。面白かった。次回はなんと枝雀さんで「壷算」ですって。見逃さないようにしなくちゃ。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

迷う…

 文鳥舎さんの会のあと、じかに遊雀さんから次回の日程をうかがったところ、すでにコンサートのチケットをとっていた…。売るか…?迷いまくりです。

大銀座落語祭 究極の東西寄席  2007/7/16 銀座ブロッサム中央会館

 ふつかよいだってば!!!!!!!福袋演芸場から移動しようと当初たくらんでいたのですが、前日の飲み屋で遊雀さんとお話しながら「もーどーでもいいやあ明日は!」と思っていました。すこし頭がいたい。おもい。朝ドトールかなんか(どこだか忘れた)でコーヒーを飲んでいて地震の揺れを感じましたが、頭が痛いし、ほんとにどっか悪くなったのかと思いました。ここで倒れて救急車なんて洒落にならないなあ…。とか。それにしても大変な被害だったようですね。お見舞い申し上げます。家に帰ってきてから知ってびっくりしました。
 落語会のほうはやや広めのホールの後ろのほうの席。最初に幕が開くと加藤武さんがお辞儀をしています。前になにか書見台?のようなものが。吉川英治の宮本武蔵の朗読。えーっ?落語やるんじゃないんだ?と思ったけどなかなかこれ面白かったです。さすが…。くさり鎌を使う人とのエピソードをけっこうたっぷりと。いったん幕が閉まって小沢昭一さんは釈台のようなものとまわりに木魚やらリンやら鉦やらを並べて永井荷風の「榎物語」の朗読。鉦を叩いたり木魚を鳴らしたりしつつ、そしてまた一旦朗読をやめて前に「只今準備中」なんて札を出して昔の加藤武さんとのエピソードを披露したりしつつ、飽きさせないお話でした。たぶん原作を読んでもこんな感じではないだろうな…。と思いながら聞きました。面白かった。

 休憩が入って小沢昭一さんと桂米朝さんの対談。正岡容さんについてのお話が多かったです。著書も読んでいますがそれほど近しく感じることはない人ですけども、とても面白かったです。主に小沢さんがしゃべっていましたが。米朝さんの落語も少しでも聞きたかったなあ。対談だけでした。

 ふたたび休憩のあとは小三治さん。台風のことに触れて、鈴本が早々に15日の夜席を休みにしたことに触れて、鈴本の話をしかけてやっぱりやめて…「今日は年寄りが出てきてやりたいことをやる日」みたいなご発言(詳細は覚えていませんが…) で、そこから先日「茶の湯」 をやって、隠居した場所の名前が出てこなかった話に。ふたたび台風に戻って、付き人のサーフィンの話などからネタは「天災」 へ。なんてことのないネタですが、落語らしい落語って感じです。とぼけた味わいがとてもよかったです。魚が13匹、二匹っつくわえてったって6ぺん半じゃねえか、てのがステキだなあと思いました。理屈ならのこり1匹だってくわえて行くんだから「半」はありえないんだけども…。発想が落語的っていうんですかね。面白い。いろんなところに「落語」を感じながらききました。小さいネタかもしれませんが、面白かった。あーでも通して考えるとやっぱりもっと落語が聞きたかったなあ。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

文鳥舎寄席 花鳥風月 遊雀&ひまわり二人会Vol.2  2007/7/15

 かねてから楽しみ楽しみにしていた文鳥舎さんの会です。これがなきゃ台風の中出かけることもなかったでしょう。mixiで知り合ったかたと銀座で合流して移動。三鷹に着いた頃には雨はかなり小降りになっていました。いつもどおりまっすぐに行って、今日は文鳥舎さんの小さい看板をみつけましたです。大銀座落語祭のせいかややお客さん少な目…。おなじみさんがたくさんな感じです。
 遊雀さん登場して今回も鉄道のマクラ。湘南新宿ラインはサービスでやってて当てにしちゃあいけないんですって。なんか納得。すごい台風かと思って短パンにビーサンでいらしったとか…。そんで飛行機の着陸についてのすごい経験の話をマクラにしてみごとにつなげて「舟徳」 へ。今回はフルバージョンです。徳のえぐえぐぶりもミゴト、今回は新造の鼻をぶっ欠いたのところもあって満足です。面白い。猫食べちゃったなんてくだりは黒門町にはなかった気が…そもそも黒門町が猫食べちゃったなんて言わないよねえ!?今回はこうもり傘もありました。大汗かいての大熱演。最高です。表情がものすごくいいんですよねえ。棹を流しちゃったところとか、大丈夫だよな?と尋ねられたおかみさんのリアクションとか。かなり長講の舟徳でした。

 ひまわりさんは終れば晴れているでしょう、と「気象衛星ひまわり」 で(ほんとに終ったら晴れていたそうです)。今回はたっぷりと加藤孫六って人のお話を。わりに起伏のなさそうな気もする話かもしれませんが、なかなか引き込まれてききました。馬に乗って走るところでなぜかモンキー乗りを目に浮かべているアタクシ…。それじゃだめじゃん。

 休憩のあとふたたび遊雀さん。「お神酒徳利」 んー。今回はなかなかのネタ二本ですよぅ。きっちり三遊亭の型のお神酒徳利です。宿の女中にいちどは給金の前借を許している演出にしているのは、宿の主人も悪い人にしないための演出でしょうか…。最後のお稲荷さんの登場はやっぱりこれがなくっちゃ!と思いますね。あのお稲荷さんは物語の筋をぴっとつけてくれるように感じます。最後は東海道を江戸に向かってくる言いたてがある。家まで帰ってきてサゲなんですねぇ。こういう型は知らなかったかも。本来の三遊亭のサゲなんでしょうか。このサゲはイマイチな気がしますね。それまでの物語が良くできているだけに余計そう感じます。あまり笑いの多いネタじゃない感じですが、タンノウしました。
 終わってウチアゲに今回も参加。最初にひまわりさんの真打昇進について遊雀さんから発表があり、みんなで乾杯。いろんなお話をしました。遊雀さんはマクラでおっしゃったとおりのステキな姿に着替えてのご参加。あちこちで楽しいお話をしていらしったようです。ワタシは競輪場の人間ウォッチなどのお話など聞きましたです。ふだんのおなはしも面白いです…。マクラに使えそうなおはなしがたくさん。遊雀さん、今日はいつもより酔ってらっしるのでは…。ひまわりさんの真打披露パーティのお話やら贔屓で後ろ幕をとかそんなお話をして3本締め。
 で、表に出ると、あれこれこれあれの流れでなぜかこのあとも遊雀さんと一緒に何人かで飲みに行くって段取りに…。おさそいありがとうございますです。電車に乗って移動して某お店へ。遊雀さんはオレンジのビーチサンダルに大きなリュックでますますステキなお姿に…(失礼)。こじんまりしたステキなお店で、隣に遊雀さん。周囲でもともと飲んでいらしった方も落語好きってな感じで楽しくもりあがりました。ここでドサクサに紛れて以前から念願のいっしょにお写真をお願いして、快諾していただいたわけですが、撮れた写真はトンデモナイもので、門外不出です!!改めてマトモなのお願いしよう(泣
 ここでもひまわりさんのお話で、ワタシは遊雀さんの幟は?と思わず確認してしまいました。まだしばらくはトリをとることはないようなお話で、それより…と、ひまわりさんや、さらに弟弟子にあたりやっぱりひまわりさんと一緒に真打になる遊馬さんのことが先です、と言うお話を…。いいアニさんだなあ…。でもでも、遊雀さんの幟を贔屓で…なんてときは、ワタシごときでもヒトクチかんでみたいなあ…。ムリかなあ。徳みたいに泣いてみますか?
 今日やったネタの話、舟徳で、「人間のあべかわが出来ちまう」 ってフレーズが面白いと思いますみたいな話をしたら、それだけで四万六千日のことから、舟に乗る二人の客の背景までいろんなお話を聞かせてくださいました。これが興味深いし面白い。遊雀さんのヨッパライ姿もきっちり拝見し、いろんなお話をして((某一門の「ロビー」の話、面白すぎ…!)ユメのようなひとときでした。遊雀さんがお帰りになってからもえらくもりあがってしまい…。とんでもないことでございました。ハイ。遊雀さん、みなさんありがとうございました。うひゃあ。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

大銀座落語祭 三遊亭円歌一門会  2007/7/15 銀座 コマツアミュゼ

 台風4号が接近している最中に出かけました。ヒサビサに台風情報を確認しまくり。家人に「ほんとに行くの?」 などと言われつつも出かけました。台風情報を出かける直前まで確認していて、あわてて着替えて高速バスのバス停まで送ってもらい、バス停についたとたんに「さぶっ…」 やたら寒いじゃないっすか。まあバスに乗るまでの辛抱よ…。でも東京もすこし寒いくらいでした。
 遅延を見越して早めに出発したのですが、順調に到着して時間が余ったので新宿で紀伊国屋書店をぶらついて軽く食事をして銀座へ。コマツアミュゼ、こんなことでもなければ縁がありそうもない会場でした。8階のホールは台風の接近中にもかかわらずかなりの入り。何か展示会とかやりそうな会場でした.
 前座さんなしで最初は三遊亭歌彦さん。高座になっているぶん天井が高いので気にしつつ高座に座ってネタは「新聞記事」 ヒサビサに滑稽ネタを聞いたかも。わりと客席が重めだったかなあ…。どういうお客さんなのか読めない。歌武蔵さんも天井を気にしつつ…。みんなが天井を気にして、みんなが最後の円歌さんのことをネタにするという…。師匠なら大丈夫でしょう、なんて言っているのです。ちなみに最後に出てきた円歌さんは頭ぶつけていました…。あ。歌武蔵さんはいつもの「ただいまの取り組みについて…」から相撲の話をすこしして、ここのところ何回か聞いている選挙の噺。気に入っているのかなあ。ワタシ的にはイマイチなんだけどなあ…。若円歌さん「桃太郎」 すこしアレンジしてありましたが元ネタ自体あまり面白くないので…。歌司さんは「鰻の幇間」 やっと落語らしい落語を聞いたかも。なかなかに一八の風情がよござんした。トリは円歌さん。落語をやるだろうと思ったら漫談だけでした。でも、先々代の小さんが楽屋で倒れた時の話とか落語協会の分裂の話などなど、なかなか面白かったです。寄席でもああいう話がきければいいなあ。
 文鳥舎さんの会に移動するのでここで退席。表の雨は小降りになっていました。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

きてるねえ

 台風来てますねえ。東京湾のほうに来そうですよ。明日の大銀座落語祭の最中に再接近?どきどきです。びちゃびちゃです。困った。
 明日は円歌さん一門の会から文鳥舎さん、あさってはもしかしたら福袋演芸場から大銀座落語祭東西寄席に移動です。ブジ行って来られますように。

 今日はじいさんのおみまいに行ってから吹奏楽の練習。ヒマー…。でしたがとっても面白かった。音楽の出来上がっていくのをきいていました。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

そういえば

マサカ…?
↓桂米二さんのブログ。

http://echoo.yubitoma.or.jp/weblog/g-yan_g-yan/eid/490563/ 

それで

 台風ごめんなさいごめんなさい!あっち行ってくださいな。なんかイノチガケっぽいじゃあありませんか。勘弁して。いけるかどうか心配になってきました。

 昨日は酔っ払ってどこかの飲み屋に傘を忘れてきたみたい。取りに行くには安い傘だしいいんだけどちょっとへこんだ。

台風

 直撃ですかぁ?直撃?いーんじゃない?受けてたとうじゃないの。意地でも行きますよ。文鳥舎の遊雀さんの会(開き直り)。台風太平洋行きそうじゃん。台風の左側だから。たいしたことないでそ。あーでも雨がざんざんだったら大銀座から移動するのめんどくさそー。
 まだ空きがけっこうありそうです。少人数で遊雀さんとお話できますですよっ!ぜひぜひ!

 今日は以前からのみに誘われてた人と飲みに行きました。1件目はこりずにもんじゃとお好み焼きの店。じみーに焼いてると店のオジサンが口を出したいタイプらしくひっくりかえしてくれたり青海苔をかけてくれたり…。2件目は最初に行った店で断られて次の店へ。なんと店の中に犬がいるという、衛生上どうなのよとかいろいろ。の店ですがお気に入りなのです。イキなツマミをちょいと頼んで飲んできました。まだいけそうだったけど明日も仕事なのでかえってきた。えらい。

 最近ココ音楽のページとは思えなくなってきて少しく危機感を感じている…。

台風くる?

 大銀座落語祭のチケットまだ取りにいっていません。ファミマ行くのめんどくさい(また言ってる)。
 遊雀さんの会も15日にあるわけですが、台風が直撃か…?都内で台風となると未経験なので(学生時代経験があるはずなんだけど記憶にない)不安です。雨にも負けずいくぞーでも交通機関大丈夫かな…。

 福袋演芸場に馬るこくんが出るので見てから行ったら間に合わないかな…。ネタが「新・会長への道」だからあきらめるか…。馬るこくんは前日の黒門亭にも出てる。白鳥さんも出てて豪華です。ワタシはいけませんが。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

ねむい

 何か書くことがあったんだけどなあ…。
 昨晩すこし寝つきが悪くて今日は眠かったです。

 週末の大銀座落語祭のチケをまだ発券していなくて催促のメールが来ました。ファミマまで行くのめんどくさい。

むむっ

 またコンクールの受け持ちがかわってえらく暇な役回りに。もともと暇な曲なのでしかたないけど。
 なのですこしまったり練習することにして息抜きに(いつも?)コンクール前にもちょこっとだけ練習を休ませてもらおうかな。
 っていうかトラのほうが出番が多いってどゆことだムキー!

 今日は仕事でした。わりと土日休める職場なので変なキブン。

よしなしごと

 朝ふつかよい気味…?でぼうっとしていて、今日取ろうと思ってた落語会のチケットを買い忘れた。もう売り切れていました。まあいいや。
 午後からじさまの病院へ行って、帰ってきて吹奏楽の練習へ。曲の中に早口言葉みたいなフレーズが入っていて、なかなかみんな舌がまわらなくて大変みたい。アタシは暇なので聴いてたのしみました。気に入ってきた。だんだん本番が近づいて、出来はまだまだだけれども、それでも少しずつ曲が形になっていくのが楽しい。

 遊雀さんの文鳥舎さんの会も近づいてきました。まだ予約が空きがあるみたい。あんなにいい会なのに。大銀座落語祭に流れてる人がいるのかな。ネタももう発表になっていて楽しみです。

あんこ

 飲みにいくおさそいがあったわけです。けっこう迷ったのですけど、ヘンテコな時間にいただきもののまんじゅーを食してしまって胸焼けがしていたので今日はおことわりしました。今日は飲み日和だったなあ…。
 家で牛乳とか飲んでました。それもまたよし。

変な陽気

 みょーな陽気です。暑いんだか寒いんだか…。夕方は18℃くらいしかなかった。
 今日はなんだかやけにおなかがへる日です。たまーにこういう日があります。朝ヨーグルト食べたから?砂糖がぜんぜん入っていなくてエグい味でした。

ねにもつタイプ

 もしかしてひょっとして風邪…?っていうくらいすっごく微妙に不調。なんだろう。早く寝るに限るんだけどつい遅くなっちゃうのよなあ。今日は伊坂幸太郎さんの小説を読みかけなので、続きに手を出さないようにしないと…。
 そういえば、ちょっとしたことで「根に持つ」っていうことばが気になって、
 昔からこの言葉気になるのです。「根に持つ」と漢字で書くとそれほどでもないけど、「ねにもつ」とひらがなで書くとこの語感の間抜け具合がたまらん…と思うのですよ(脱線)。
 そんで、「ねにもつタイプ」という検索をかけてみたら、なんとその題名でエッセイを出してる人がいた。面白そうです。

 あときのうテレビ見てたら「栄螺」の読み方が何かの番組の問題で出ていました。その関係で「螺」って字が気になりだしました。法螺、田螺、螺子、川螺(川蜷?)…貝ばっかりなんだけど、貝じゃない「螺子」もあるので、ねじねじしてるものかな?と思ったのですけど、よく調べたら巻き貝のことでした。螺麺麭で、クロワッサン、と。いうのはどうかな(まずそう)

むす

 あついすね。妙にむします。そのせいかヤケに疲れますよう。
 庭に黒白の猫がいました。ガン見された。最近猫が増えているとばーさんが言っておりました。そういえば以前よく見かけたへんな白い猫を最近見かけないな。
 だんだんご近所のツキアイが希薄になっているのでどこの猫かぜんぜんわかんない。