FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

雨日曜

 雨でしたなあ。もういらないや!と思ったケーゲル指揮のブルックナーの第4を聴いたら演奏は傷だらけだけどなんだかよいようにも思えていらなくない気がしてきた。ワイトブリックだかのやつです。このレーベルのケーゲルのCDだとショスタコーヴィチの第15番がハンパじゃなく恐ろしくておすすめ。

 ずーっと今日は雨でした。雨の出てくる落語って何があったかなーっと、思い出すと「日和違い」なんてのが出てきますな。あとは「宮戸川」とか「湯屋番」なんかのちょっといろっぽい場面。だんだん思い出してくると長雨時期のもので雨がおおきな役割をする「笠碁」 あと雨がなくては始まらない「道灌」
思い出すと雨が大事な役割を果たしている「中村仲蔵」 傘のお話が出てくる「金明竹」 雨の殺人シーンと言う落語らしくない「猫定」(累が淵の水門の場もそうでしたっけ?) 雨が降っている、という気が全然しない「長短」 などなど…。意外にあるものなのかなあ?こういうのを思い出すのも面白い。
スポンサーサイト



今日も練習

 今日はほんとにいちにちたいしたこともせず過ぎましたなあ。夜は吹奏楽の練習です。最近打楽器パートは出席率がよい気がする。
 今日はほとんど自由曲の練習。あまりきいた感じ難しそうでないんだけど、こういう曲のほうがボロが見えやすいかもしれませんな。
 今日練習していて、一箇所どうも楽譜通りにやるとおかしい気がする箇所が…。違和感があるのでスコアを確認してみたけどスコアもそうなってる…。どーしても違和感があるのでここは自分で思ったとおりにやろうと思います。

 コンクールまであと約1ヶ月だけど…課題は山積だなあ。

のみかい

 今日は昔の職場の関係の飲み会でした。交通の便がかなり悪いところで、どうやって帰ってこようかと思いましたぜ。結局なんとかなりましたが。
 ほんとに何年ぶりって人にも会って、じつになつかしい…と思うかと言うと、そうでもなくって、まだ最近会ったばっかりって気がするのが不思議。たあいもないお話や昔の話でもりあがりました。ぜんぜん昔の話って気もしなかったり。
 ちょっとしばらくぶりの人には「やせた?」って言われました。アリガタイ。でもこう飲んでいたらもとに戻りそうです!

きになる

 明日また飲み会です。しんど。
 
 仕事場の駐車場の近くに、パン屋さんがあります。ぱにゃ、と打っても「パン屋」と変換するあたりが不思議だ。とっても気になります。いちど寄ってみたいのだけども、外から中がみえにくい造りでなかなか入りにくい。朝通るといいにおいがしているのです。気になります。

 あたらしいタンバリンほしい。関係ないけど。

のんだ

 今日は職場関係の飲み会でした。急に誘われた。帰りは霧雨の中を徒歩で帰ってきました。仕事では今週ちょっといろいろあったので、ふだんはしないのですが今日はちょっとワルクチを言ってしまいました。反省はしていない。本来ものずごく毒舌なのでお手柔らかにしたと思えよ!(えらそう)
 でも基本人の悪口はなるべく言わないようにしたい。

 水曜日だったのに木曜日のような気がずっとしている日でした。

かわらない場所

 小学校は一、二年生だけ別の学校に行っていました。三年生のときにあたらしい学校が近くに出来て、そこに通うようになりました。学校に行っている間はずっと寄り道大好きだった気がします。
 小学校一、二年、中学校、高校と片道三十分ほどの道を寄り道しながら歩いたのが、なんとか今体力が無いなりに生活できてるいしずえかなあなんて、時々思うことがあります。

 久々に歩いた場所が、その小学校一年生だか二年生の頃通った場所でした。近道だと思っていたのねー。今考えると全然近道じゃないんだけど。ちいさな神社があって、水が湧いているらしい池があるのです。こういう場所は変わらないんだなあ。

 その場所を見て、寄り道大好きだった頃を思い出しました。今も好きかな?寄り道。どうだろう。
 しらないまちをぶらぶらするのはとっても好きです。

忘れた

 何か今日は書きたいことがあったはずなんだけども忘れてしまいました。
 土曜日は書いた記憶があるんだけどなー。酔ってたわけじゃないし。へんだな。
 しばらく前からえびアレルギーになってるかも・・・と、思っているのですが、この前金曜日にえびを食べたけどなんの症状も出なかったのでえびアレルギーじゃないかも…。というようなことを書いた気がする。消したのかな。ふしぎ。

 こんしゅうは健康診断です。メタボ検診にひっかかるのを避けるべくすこし気をつかいましたが、全然効果なしです。やけいしに水です。

高校の演奏会

 昨晩書かなかったのかぁ。書いた気もするんだけどなあ。
 昨晩は吹奏楽の練習でした。んー。早くもコンクールに向けてナーバスな空気が漂いつつある感じ。がんばるです。今年はやっぱり西関東大会にみんな行くつもりなのかなあ??????

 今日は出身高校の吹奏楽部の演奏会に行ってきました。大きな曲を並べていてさぞかし大変だったろうと思いました。それでもまあそういう曲を並べて「やっただけ」になってなかったのはたいしたものだ。もうちょっと全体にはおおきな歌を歌っていてもいいように思ったけど。それはなんだか今自分がいる吹奏楽団もそうかも…。

 打楽器にとっても上手なおんなのこが一人いまして、いつもその子ばっかり見てしまいます。たぶん私が打楽器叩きだから打楽器パートを見てしまう、ってことを差し引いても相当目立っていると思います。ステージの上の行動も、コンサートの雰囲気を盛り上げるのにおおいに影響していると言ってもいいんじゃないかというくらい。すごいです。ほんとに楽しそう。見習いたい。今回のコンサートで卒業なのでもう見られないのが残念です。いずれウチの団にお手伝いにでもきてくれないかなあ。

窓際幹事

 4月から職場が変わって、今の職場は珍重される窓際さんって感じ。微妙きまわり←ない!
 だけども今週は微妙にバタバタしていて忙しかったです。ものすごく短く感じた。一週間が3日くらいな感じ。その代わり問題が発生していていろんな人につっこまれております。やっと週末のようなもう週末のような、不思議な感じ。って書いてても意味わかんないのですけど。

 今日は職場関係の飲み会でした。アタクシが幹事。ばたばたしていたせいで段取りが極端に悪くてメタメタ。おまけにたいして酔っていないのに焼酎のコップをひっくりかえすなどのお粗相をしたり…。だめですな。幹事でその店に電話をしたらえらくあいそうが悪い。もう使わん!っと思ったけど行ってみると食べ物もおいしくてお酒もおいしくておかみさんのあいそうもいい。こういう店は実は好きなのかもなあ。また行きたい。
 あ。幹事なんですけども、職場の後輩のグチを聞いていたら飲み会に遅れそうになりました。面白いグチだったので飲みながらゆっくり聞きたいと思った。私はめったに他人の悪口はいいませんが、その楽しさはよーっく知っています!それじゃあだめじゃん。

つゆ

 ここんとこやや眠りが浅い気がします。昼間眠いとかではないけどなんだかぼーっとしています。明日から天気が悪そうでよけいぼーっとしそう。
 テレビではほたるのニュースとかやってるけどウチのほうはまだ早いなー。さむいし。
 今日車で走っていて雀ひきそうになりました。こすずめかなあ。道の真ん中でのんきにしてた。よけたほうに飛んできたので驚いたですよ。


 

まじゅい

 いちおここんとこダイエット中なのでコンビニにはなるべくできるだけ寄らないようにしているのですが今日は寄ってしまいました。キャ●めルコ●ンの期間限定、ってのと、某首の長いメーカーのミルクとはちびつ。っていう飲料を買ってきたわけですが、これがどちらも、まじゅい。はずれました。

 ネット上にはいろんなものが落ちていますなあ。 ゆうれんの辻 ←リンク

ぶっそう

 ここんとこすこし体重が減っているのですけど、体脂肪率は減っていない不思議。筋力が衰えているのか。じじいか。

 バティス氏のライヴCDがいっきに発売になっているのだけど、他のほしいCDもあわせて買うとちょっと痛い出費…。まだ安くなるだろうか…と激しく迷っている今日この頃であります。

 職場で、まちの通学路などに不審者が出るという話が出ました。先日は中学生が30歳代くらいの3人組に車に連れ込まれそうになったそうです。それをきいていた某おねいさんの言うことには、このあたりでそんな事件が起こるのもびっくりだが、30歳台にもなって夕方から仕事もせずにそんなことをやっているロクデナシが3人も集まるということもびっくりだ!そうです。言われて見ればそれは確かにびっくりだ!と笑ったのですが、わらいごとでもない世の中ですな。やな時代になったもんだ。

いろいろ

 朝の地震には驚きました。ウチの方も揺れたらしいのですが気がつかなかったです。テレビの映像を見て恐怖を感じましたよ。地震恐ろしいです…。おみまい申し上げます。

 今日はほぼ一日家におりました。夜は吹奏楽の練習でしたけども。昨日今年の初トンボを見ました。身の回りの自然がなくなっている気がするので、とんぼとか出てくるとうれしいです。ウチの近所もいろいろと開発されて、だんだんさみしいことになっています。幼い頃は小川が流れていて、湧き水がわいて、魚がいて、とんびがひょろー、とか言っていたところが、今はパチンコ屋と駐車場です。今日うちのそばの空をとんびがひょろーと飛んでおったがとんびも寂しかろ。

 私は見たことないがこの前床屋のテレビでどこかでホウネンエビが大量にあらわれたというニュースをやっていました。全国の田圃に昔はいたんですって。かわいらしい。このへんの田圃にも来ないかな・・・。
 調べたら飼育用に売ってるらしい。へー。

みてきたよ

 三谷幸喜氏がしきりと宣伝している(らしい)ザ・マジック・アワーをば、見てきました。三谷氏がらみの映画やドラマはソコソコ見ているのですけど、いつもの雰囲気とはちょっと違った感じでした。話が入り組んで入り組んで、どこかでわーっとまとまっていく、という感じや、どの役者さんにもおいしいところがある、みたいなのはなかった気がします(意外な出番の人が語ったりはしますが)。
 であのう、面白かったかっていうと面白かったのです。佐藤浩市さんの活躍ぶりがすごい。ほかの俳優さんも個性派が多くてよろしうございました。笑いどころもたくさん。
 最近日本映画元気だって言うけども、なかなか笑いをとる映画っつーのは無い気がします。人を笑かすっていうのは大変ですよねー。こういう映画は評価されてほしいなあ。オススメです!混んでる映画館でわーっと笑うのがよいと思う。
 歌舞伎の人が2人ほど出ているのだけども、どういう人選なんだろうとおもった。あと「相棒」の寺脇康文さんがちら、っと出るのですけども、出るって知らなければ気がつかないかも。登場だけで笑ってしまった。配役が反則モノだと思う。

朝にリハーサル

 今朝は演奏会のリハをやっている夢をみて目が覚めました。久しぶりにそういう夢をみた。あ、今日の夢ではそれで使った会場を後片付けするところも見たなあ。

 ヒサビサに今日はチャイコフスキーをききました。ガッティ指揮の交響曲第5番。これがまあ、これでもかと表情付けしたとっても個性的な(?)演奏。ロイヤルフィルのハデハデな金管楽器も鳴って、なかなか楽しい演奏です。この曲は個性的な演奏が多いですねい。私はこの曲がチャイコフスキーの後期三大交響曲の中で最初一番苦手だったのですが、今は一番よく聴く曲になっているかもしれません。トンデモ演奏・・・というか、個性的な演奏が多い曲でもあると思います。
 好んで聴いているCDはデュトワのかな。すごく好き嫌いが分かれそうな演奏ですけど、抑えた感じから多くのことが伝わってくる気がして感動的です。 ほかによいものはやっぱりムラヴィンスキーのですけど、これは殺伐としていて気楽にききにくいです。

 個性派演奏としてはこのガッティのほかに、バティス交響曲全集の例によってブチキレ演奏や(この全集はほんとに面白い)、ノーマン・デル・マーのこれもテンポいじり放題の演奏などなどがあります。ゲルギエフのCDはなぜか好きになれません…。

もしぇ?

 昔、イグナツ・モシェレスって人のピアノ協奏曲第3番をきいて「ええ曲やん」と思ったことがありました。エアチェックをして持っていたのですけど、ずっと聴いていなくて、この間、爆社にCDがあったので買って見ました。たしかテープのはチェコあたりのオケのだったのですけど、今回買ったのはタスマニア交響楽団ってとこの。タスマニアのオケって…。
 きいてみたらなんだか地味な音色のオーケストラで、曲のロマンティックな雰囲気とはちょっと違う気も…。
 最近どういうわけだかほとんどの協奏曲の第1楽章が長い!っと感じてしまうようになっていて、この曲の第1楽章も長い気がしてしまう。協奏曲という形式に体が合わないのかも。第1楽章のっけからロマンティックな旋律が出てきて、ええにゃあと思うけどこの楽章が15分もあるのよ。びみょう。3楽章はかなりすき。

 だけんどこの曲、もっとCDがふんだんに出て「ダイスキです!」っと断言する人がたくさんいても不思議は無い曲だと思いますですよ。


サケダイスキ

 サケダイスキ・・・って馬がいますよ。名前が。だから何だといわれても困るんですけど。

 この間の土曜日は日本酒を飲みました。ヒサビサに日本酒で酔いました。一緒に飲んだ友人は翌日頭が痛かったそうです。奥さんは全然平気だったそうで。あの体のドコに入るんだろうというくらい強い。ウラヤマシイ。
 芋焼酎がブームになる前から芋焼酎!っと言っていました(その割にこだわらないんだけど)。そのせいでもないのでしょうけど、最近ちょっと焼酎飽きてきた。最近また日本酒が恋しくなってきました。
 先日、地元(と言っても県が同じだけで遠い)の酒屋で造っている日本酒を飲んだらこれが旨かった。だけどそれを飲んだ居酒屋ではそのメーカーのどの銘柄かは見せてくれないようになっているのです。今日そのメーカーの小さい瓶を買ってきて飲んでみた。この味じゃないんだよなあ。日本酒むずかしいです!

飯森範親 東京交響楽団 川崎演奏会第16回

飯森範親 東京交響楽団 川崎演奏会第16回
                    2008/6/18 ミューザ川崎

 午前中、鈴本演芸場で早朝寄席を聴いて、浅草に行き、そこから銀座線、東海道線と乗り継いで川崎へと向かうわけです。そしたら、品川で東海道線止まっちゃった。人身事故だそうで。不慣れな場所で乗り換えて、川崎に着いた時にはけっこういい時間になってしまいました。当初、この演奏会はミッコ・フランクが指揮をするはずだったのですが、ヘルニアの悪化で急に出演できなくなり、代役を飯森氏が務める旨、ホールの前に貼られていました。ミッコ・フランクの指揮を楽しみにしていたのでがっかり。
 1曲目はシューベルトの歌劇「フィエラブラス」 序曲。きいたことない題名です。細かい弦楽器のトレモロで始まって、ふわっとした旋律が出てきたりする短い曲でした。なかなかしっかり仕上げてあったです。
 2曲目は山田晃子さんのソロでプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番。なかなかに面白い感じで始まる曲です。不協和な感じもあって、なんだか第1番の曲とはちょっと違った感じです。こういう曲は予習しておくべきですな。なんだかよくわからないし、眠くなってしまった。山田晃子さんはまだとっても若い方なんですねー。お辞儀のしかたなんかが初々しい感じでございましたよ。わりにしっとりとした音を出して、曲はよくわからなかったけれども、いい演奏をしていたんじゃないかと思いますです。で、とかく協奏曲の伴奏っておざなりでイマイチになることが多い印象を持っているのですが、今日の演奏はバックもけっこうしっかりしていて良かったと思います。打楽器叩きのはしくれとしては、ティンパニがない編成っていうのがフシギだった。
 休憩20分のあと、ストラヴィンスキーのペトルーシュカ。ちょっとだけロマンティックな感じの演奏ですが、これがなかなかの快演でした。色彩感も十分だし、オーケストラの一体感もすばらしかった。飯森さんこんなにやるのか!それともミッコ・フランクがすでにリハーサルでギリギリ絞った結果なのか?そこんとこわからないのですが、ききごたえのある熱演だったと思います。トランペットの人がすばらしかった。うひゃうひゃしながら聴いていましたです。終演後もひときわ大きな歓声を浴びていました。東京交響楽団はあまり聴く機会が無いのですけど、印象を新たにした感じです!最後に飯森さんが急な代演にもかかわらず東京交響楽団が健闘してくれました、みたいなごあいさつをして終演。なかなか満足しましたが、ミッコ・フランクで聴きたかったのも確か。よくなってまた来てほしいですわ。


鈴本早朝寄席  2008/6/18   

 早朝寄席、ヒサビサな気がしたけどそうでもないのか。少し早めに着いた上野広小路は閑散としててほんと早朝って感じ。今日もお茶飲んでから行こう…と思って広小路交差点をわたっていると、むこうから志ん公さんがわたってきました。黒系の服で眼光が鋭いのでちょっとコワイように見えるですね。へへっ。
 一席目はその志ん公さんで「千早ふる」 んーなんだろう。なんだか雑な気がするんですよね。言葉の途中ではしょっちゃってるっていうか。最近は「千早ふる」をきくと文左衛門さんのバージョンを思い浮かべてしまいます。
 次が柳家右太楼さん「崇徳院」 これはネタがつくとは言わないのだろうか。最後の床屋での熊さんの衰弱ぶりがイマイチ出ていなかったのが残念な感じでしたがなかなか面白かったです。これはなぜか遊雀さんバージョンを思い出す。あの、おかみさんに叱られてグチをこぼしまくる熊さんがめっぽうおかしいのです。もうあれなしで崇徳院が聞けない体になってしまったかも。
 三遊亭司さん。3人目のポジションで「抜け雀」 もとがある程度語りの力がある人だと思うので、それで聞かせてくれましたが、仕込みをあちこち落とすなど、デキはちょっと…。でした。一つ仕込み忘れは自分で言いましたが、もうひとつは…。なんとかゴマカしたなーって感じで、ちょっと苦しいなと。
 最後は柳家喬の字さん「短命」 んー。まあ二つ目になったばっかりだからねー。たぶん二つ目になって初の早朝寄席でしょう。二つ目初のときはトリをとるそうなので。
 ちょっとした用事で浅草に行っておそばを食べて、午後からはコンサートを聴きに行きました。上野からちょっとのところですけど、秋葉原で事件があったようですね。おとろしい。

池袋演芸場 6月上席(昼席)  2008/6/7   

 鈴本でもよかったのですけど、いろいろ都合があってこっちにしました。池袋でカレー食べて入ったんだけど、あのカレー屋さん量おおいわ…。あまり食べると眠くなる。
 前座は三遊亭たん丈さん「牛ほめ」 んー…。今年秋に二つ目だそうです。声が大きいのはいいんだけど…。
 つづいて川柳つくしさんがウクレレを持って登場。そういえばエンタの神様あれから出はったのでしょうか…。ウクレレ落語だそうで「守護神」 守護神なのにお友達みたいね。歌うのはなんだかきいていてちょっとテレてしまうけど、面白かった。続いて紙切りの林家二楽さん。出てきた途端の喋りで、おーなんか噺家さんぽいのが出てきたぞ!っと思ってしまった。注文で「川柳」 と出て、川柳さんが先代の正楽さん(二楽さんのお父さん)について話した話を披露しつつ紙切りをする。これがおっかしいのなんの。川柳さんの顔や話しぶりを想像して大笑いしてしまった。最後に「これはヨソで言わないで下さいね!」 強烈でした。サスガ川柳さん。
 続いて柳亭燕路さん。すこし落ち着いてもうような噺をと言いつつ「悋気の独楽」 定吉のこまっしゃくれぶりがなかなか面白いです。途中ちょっと間違えて、噺のテンポのまま「間違えちゃったあははー」に客席が沸きます。ゴマカシ方も芸のうちですなあ。
 入船亭扇好さん。初めてかなー。ちょっとニガミバシッた感じの人です。「看板の一」でした。親分さんがコワイ。なんか今まで聴いたのって親分さんはちょっと飄々としていてそれでいて鋭い、みたいな感じがあったのでヘンな感じでした。柳家紫文さんはいつもの感じ。いつもはやらないようなネタ、というようなのもやってました。
 柳家さん喬さんはいつもの時候の挨拶みたいなのからどこに行くのかと思ったら「千両みかん」 あんまりこっちでは聴かないネタのような気がします。初めてかなあ?枝雀さんのCDではみかん屋さんが最初タダでいい、というのがあるのですが、そういうのはなかったです。あすこちょっとスキなんですよねえ。そういう演出の違いがいくつか気になったりしました。サゲが、ぐっと番頭が迷うところで力を入れ、サゲでふっと抜く、その感じがよござんすな。
 古今亭志ん駒さんはいつもの漫談。たまには落語聞きたいです。ゆめじうたじさんのどっちがボケかわからない漫才があって、仲入り前が柳家権太楼さん「くも駕籠」 前半やや雑な印象。お昼食べすぎたのもあってかすこし眠くなりました。「あーら熊さん」 のところでちょっときいたことのないサゲをつけて切っていました。
 クイツキは桃月庵白酒さん「あくび指南」 「茶席のあくび」「お湯屋のあくび」などありましたが、あれは古今亭にはある型なんでしょうか。いろんなことやってる人がいます。吉原へ行くってぇと花魁が…みたいなあの突然の脱線部分、たいへん好きです。白酒さんはじつにうれしそうにやっていて楽しかった。
 柳亭市馬さん「転宅」 何回かきいているかな。いつもしっかり正攻法って感じです。和楽社中の太神楽があって、トリが川柳川柳さん。池袋の濃い客層の前でやるのに気遣いしてか言い訳しつついつものお話ですけども、あれこれ脱線し、歌もフルコーラス歌って、ながーい高座でした。長かったせいでしょうか。いつもトリの時にやってるギターを持って歌うのはナシでした。
 夜の部のトリは春風亭一朝さん。すんごく聴きたかったけど…。何やったのかな。
 
 終わってから行きつけのマッサージへ行ってゴリゴリ押してもらいました。すごいっすねえ…とか言われた。そんでそのあと友人と飲みました。奥さんと娘さんも途中参加でカラオケ行って歌ってきました。ヒサビサだったよ。

かたい

携帯から。友人と飲んだ帰りです。降りる駅間違えた…。
今日は寄席のあと肩こり解消のためマッサージ行きました。少しはいいかなあ?かなりガチガチです!
田端駅の鑑賞池の話をしたら、案外みんな知ってるのな。やっぱりみんな気になるのでしょうか…。ゆるい物件でなかなか好きです。
明日は東京交響楽団のコンサート行きます。ちゃんと起きていられるか…。

あつかったりさむかったり

 明日あさってと出かけるのですけど、明日とあさっての気温の差が激しすぎ。着るものどうしようかな。あまりいろいろ持っていくのいやなんですよねい。困る。今回は荷物小さいバージョンで行くしさ。明日はタブン池袋演芸場で川柳師をみて、あさってはミューザにミッコ・フランク氏をみにいきます。あさってのはなぜか下野氏だとずっと思っていた。ミューザも久しぶりです。あと、今回はマッサージに行って、ここんとこずっとガチガチの肩をなんとかしてもらう、というのと、打楽器のカタログをもらってくる、という課題があります。課題か?

 今日はヒサビサに今後のお出かけ予定をうp。ほぼ確定のもののみです。今月の遊雀さんの出る花形演芸会受賞者の会に行けないのがかえすがえすも心残り。

6/7  池袋演芸場昼席
6/8  鈴本早朝寄席
6/8  ミッコ・フランク 東京交響楽団(ミューザ)
7/5  ラジオデイズ落語会 滝川鯉昇 三遊亭遊雀
7/6  桂文我・桂宗助の会
7/21 三遊亭遊雀&日向ひまわり(文鳥舎さん)
8/30 さだまさしコンサート
10/4 東西笑いの喬演

 あさってのはそういえば、メインの曲(ペトルーシュカ)以外知らない曲だ。シューベルト、プロコフィエフ、ストラヴィンスキーという、つながるようなつながらないようなプログラム。

 

しべりうす

 シベリウスのクレルヴォ交響曲、コリン・デイヴィスのCDをきいて、ええにゃあ、と思って、別のCDを買おうと思っていたのです。爆社でスパーノって人のが安くあったので買ってみた。テラークレーベルです。テラークはほとんどカット盤でくる。
 きいてみたら、地味な感じだけれど、デイヴィス盤とは違う音が聞こえたりして面白い。合唱の感じがだいぶ違います。この曲、長すぎる!けど、それほど昔でなく出会った曲のなかではわりと気に入りました。シベリウスの交響曲はあと克服するのは2番と4番だなあ。4番は数年前シベリウスにハマってからつかめそうでつかめないのです。2番は未だに長く感じる。相変わらず一番のお気に入りは第6番です。

ふにゃふにゃ

 朝っぱらから吹奏楽団の打楽器パートリーダーからキアイの入ったメール。定期以来著しく自信喪失の身にこたえます。コンクールがんばらなくちゃなあ。

 爆社から届いたCDをきいています。ホルストの第2組曲のオーケストラ版、という曲(だけど題名は違うという…)がありました。弦楽器でやるとまた違ったアジワイで美しい。そういえば昔やったダリウス・ミヨーの「フランス組曲」もオーケストラ版のチェリビダッケ指揮のを聴いて格調の高さに驚いたものじゃて。

たまるCD

 爆社さんから荷物がきました。最近なぜかCDがまた増えています。知らない曲を聴こう、みたいな気持ちがちょっとあって。この前新宿塔に行ったときも知らない曲のCDを買いましたが、今回の爆社のも約半数は知らない曲です。聴いてみて、当たるかどうか。2枚がカット盤で1枚は指揮者が違っていた。
 BBCのライヴで昔アンドリュー・デイヴィスのハルサイを聴いて、それがよかったのです。まさにその演奏がCDになっているのかと思ったら、違う指揮者で、A・デイヴィスが振っているのはカップリングの別の曲でした。がっかり。
 まだこの前新宿塔で買ったCDも聴き終わっていません。爆社はここしばらく到着が早いです。今回も注文から10日でした。

遊びをせんとや生まれけむ

 今朝はなんだか明け方にいくつも夢をみました。電車に乗る夢を見た気がする。そのせいか今日は眠かったです。

 寄席で噺家さんが「お遊びどころの多い中・・・」って言うときにいつも私は「みなさんどこで遊ぶんだろう」と思います。上野の寄席だとなぜか動物園を思い浮かべます。動物園がお遊びどころでしょうか。新宿や池袋だとどこがお遊びどころなんだろうか。私にはわからないのです。

 昨日友人とお昼を食べて、すこし遊びましょうかと思ったけれど酒でも飲まなきゃやることない、みたいな感じですぐに解散してしまいました。地元だとますます遊ぶところがありません。みんな何して遊んでいるんだろう。