FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

長い散歩

 今日は、午前中は、車のタイヤを新しくしなければいけん、と買いに行きました。もう今のタイヤだいぶはいています。あと同じくらい履いたら、車の買い替えも考える頃になるのか、どうだか…。今の車、気に入ってはいるのですが、なんだか調子はイマイチなのです。タイヤを替えたその足で、そのままウォークマンも買ってきた。先代のプレーヤーは名古屋に旅行に行く直前に買ったので、まだ2年半しか使ってないんですけども、こわれかかっているので…。最初からつくりがヤワな気がしていたのです。ウォークマン、今いろいろいじってみているけど、使いにくいなあ。さすがSONYかも。隣にVictorのを安売りしていたからそっちにしたほうがよかったかも。
 SONYとVictor、SONYはCBSのあのカサカサした音のイメージが、Victorはメロディアの「鉄が入ってるんじゃないか」と思うような重くて厚いレコードのイメージが、未だに抜けないのでした。学生時代に使っていたミニコンポはVictorので、やたらとちゃちぃ感じのものでしたが、そのマイナスイメージはなぜかあまり残っていないです…。

 午後は、ここんところあまり体を動かしていなくて、重くなってきている気がするので、おさんぽに。しばらく前から、すこし長い散歩をしてみたい、と思っていたところだったので、挑戦してみました。さっき地図でみたら、おおむね4Kmほど歩いたようですが、あちこち寄り道したのでもっと歩いているはずです。途中、10分ほど山道の上の公園に行ってみたり(なぜか山の中で親の知人と出くわしたりした)、わき道にそれてみたりしました。
 わき道のほうは、小学生の頃よく自転車で遊びに行ったあたりです。このあたりは、小さくてどってことない町のわりに、格子のあるような、古風でシブいすごい家が多くて、おまけに家の前を水路が流れていたりして、風情があるのです。そゆところをぶらぶら歩きました。
 ずっと下り坂で、帰りは大変なので、電車で帰ってこようと思ったのですが、時間が随分空いてしまって、駅のさびれた待合室でぼうっとしました。家に着いたらなぜかおなかが痛くなった。今は足がかなり痛いです。車で普段行くとものの10分もかからないところを、ずいぶんかけて歩きました。たまにはいいかも。

スポンサーサイト



もつぁると

 ここ数日、モーツァルトの交響曲を続けてきいています。間にラヴェルのピアノ協奏曲が入ったけれど。
 モーツァルトの交響曲をきいていると、この曲の中には音楽の「うたいかた」のほとんどの要素が入っているように思う。逆に言うと、モーツァルトの音楽ってものすごく演奏の難しそうな曲だと思う。じっさいどうだかわかんないけど。

 お気に入りのアルミン・ジョルダンの演奏できいています。CDのジャケットが盆栽。

またもや初体験

 今日かなり遅くまで仕事…っていうか、いまさっき帰ってきたとこ。
 残業していて、目が乾くのう…っと、目薬をさして目をぐりぐりしたら、コンタクトがまぶたの裏に入ってしまった。もうコンタクト生活もかれこれ10年近いと思うのですが、初めてなりました。目がゴロゴロするので、落としたわけではないと思ったけれど、全然見えないし、目は痛いし…。どうやってもなおらなくて、30分ほどそのまま仕事。はかどりません。30分ほどしたら、ほろっと目から出てきました。
 目が悪いといろいろ不自由です。

あちこち

 4月になってからとても忙しい。そのような中、昨日とおとついは、仕事のあと飲みに行って遅くなりました。そんなワケで今日はやや疲れぎみ。自由演奏会にヒサビサに出かけようと思ったのですが、どうも気が乗らず、結局映画をみてきました。映画の前に、あさ、軽く日帰り温泉。私がよく行く日帰り温泉は、どこもだいたい銭湯とそんなに変わらない感じ。10時過ぎごろ行ったら、お年寄りが湯船の中で数人ぐつぐつとゆだっていました。浴槽にななめにゆるい日が射して、きもちがよかった。

 映画は、まとめてのだめとアリスを見てきました。のだめはまあ、音楽がかかわるけれど、恋愛映画ですわな。私恋愛映画苦手だったのを思い出した。アリスはディズニーぽい極彩色で、どことなく皮肉っぽくて変だった。コンプレックスを抱えた悪役がまるで同情されなかったり、いい人と思われる人も変人だったりするのが一筋縄でいかないなあと思いましたです。ディズニーっぽいキャラクターの動物たちが、ディズニー嫌いなので気持ち悪かった。

 帰ってきて床屋さんに寄ったら散髪中に眠気で頭がかくかくして危険きまわりなかった。

いまだに苦手

 最近、いろんな用事であちこちに電話するのですが、電話苦手です。そうなった理由はだいたいわかっているのですが、克服できずにいます。メールってありがたいものができたのですが、メールだと伝わらないことも多々ある気がします。社会人として電話が苦手ってどうかと思いますけどもな。
 私の携帯電話は話をしていると熱くなるけども、あれは、こっちが発熱しているのか、電話が発熱しているのかわからず大変に気味が悪い。

上野鈴本演芸場 4月中席(昼席)  2010/4/17 

 1ヶ月以上も上京していないし、ここんとこいろいろあったので、スキを見て日帰りで東京に行ってきました。で、朝起きたら、雪積もってやがんの。しかもかなり。やめようかなあ。迷いましたが、結局出かけました。地元は桜が今満開です。満開の桜に積もった雪を見上げていたら、朝の陽に溶けた雪がびちゃびちゃと首筋に落ちてきました。
 今回は日帰りだし、最近ゴブサタの喜多八さんも聴きたいし、と、鈴本へ。鈴本の前に着いたら、すこし列ができていました。一応お昼を手早く食べておこう、と、ラーメン食べて戻ると、だいぶ列が伸びている…このあいだ立ち見って言われたのでどきどきしましたが、鈴本は入れ物が大きいので、多少の行列では余裕ですな。いつもよりちょっと後ろでしたが、まあまあのところに席が取れました。

 前座は「きょう介」さんって人。寄席に行く回数が減ると前座さんがテキメンにわからなくなりますな。古今亭志ん橋さんのお弟子さんらしい。「たらちね」 続いて柳亭市江さん「権助魚」 妙に癖の濃い口調ですなあ。これがのちのち吉と出るか凶と出るかすんごい微妙な気がする…なんて思いながらききました。林家二楽さんの紙切り「鯉のぼり」の注文と「お節句」の注文。「お節句といえば鯉のぼりなんですけどねぇ・・・」と言いつつ、別に武者人形を切っていました。なぜかOHPの電源を入れたとたん、客席から「おお…」

 金原亭馬の助さん。「みそ豆」 をやったあと、百面相。これって楽屋帳には一応「みそ豆」って書いてあるのかな。続いてお目当ての柳家喜多八さんがいつもどおりだるそーに出てきました。なんと「長短」 なんとゆーか…独特の、喜多八節とでもいった感じの「長短」 でした。気の短い男のほうもどことなくぐだっとしているのがものすごくおっかしい。二人ともの登場人物がどっちも、喜多八節ってのがふしぎでした。

 ホームランさんの漫才のあと、林家正蔵さん。「新聞記事」 正蔵さんのこのネタ、よくかけているようだけど初めてかな。枝雀さんの「阿弥陀池」をちょっと思い出しつつ聴いてしまったので変なきぶん。

 桃月庵白酒さんは、初めてだか何度目かだかわかんないけど「真田小僧」 かなりいろんなとこはしょりつつ、きっちりこの噺の芯の部分をとらえて、テンションをがっと上げていったのがやっぱりミゴト。あれだけ登場人物をどもりにどもらせて、こんなにもりあげてしまうんだなあ。と、感心しましたですよ。なんだかしゅしゅーっと、盛り上げていく噺のような気がしていたもので。続いて出たダーク広和さんはなんだか道具をたくさん出して、ネタはいっこだけ。にっこりと退場。

 仲入り前は入船亭扇遊さんです。「夢の酒」 微妙な色合いの噺なわりに、けっこうあちこちで聴く気がします。それも入船亭の人たちが多い気が。色っぽくもふわぁっとした味わいの、それでいてなんとなく骨太な感じも受けた一席でした。

 仲入り後は大空遊平かほりさんの漫才から。ヒサビサにきいたらネタがちょっと変わっていた。喬太郎さんの代演で橘家文左衛門さん「手紙無筆」 相変わらずミゴトなんだけども、もちっと意外なネタも増やしてほしいかなあ。講談の宝井琴調さん。時々言葉がむつかしくってわからなかったりするの。だけど講談も面白いよなあ。今日は「寛永三馬術」 から「曲垣平九郎愛宕の駆け上がり」って言った気が。笑いも交えて楽しい一席…っていうのかな。

 三増紋之助さんは今日もおみごと。かわら版に長井さんが書いていたのだったか。客を味方につけるみたいなこと。ほんとにそういうのが達者な方だと思う。客席がきれいにもりあがりますな。わーっと沸いたところでトリの柳亭市馬さんの登場。お相撲のマクラをしばらくふったので(途中で引用した久保田万太郎の句が面白かったのだが忘れてしまった)相撲の噺かと思ったら、歌舞伎のことに話題を変えて「七段目」 トリネタとしては小さいかなとも思いましたが、次々と芝居ネタを引っ張り出す若旦那が実におもしろく、最後の刀を抜く場面もきれいにもりあがって、たいへんにたのしい一席でした。

 朝は雪が降ったとはいえ、もう春で、表に出てもあかるい。行きつけのマッサージやさんでもんでもらって、かえりに時計を買ってかえりました。ヒサビサに日帰りで、あれもこれもといそがしかった。

いまごろどんなお顔でどんなお声で

 遊雀さんのこのまいの土曜日の会のことを書いたブログを、ちらっとみてしまった。くやしいのでちらっと。
 やっぱり品川心中サゲまでやったんだ…いいなあ…。ききたかったなあ。
 5月の会にはなんとかがんばって行きたい。大山まいりはあんまり好きな噺ではないんだけどもね。

 最近はいろいろあってこのくらいの時間に寝ないとちょっとツライです。昨日はフジテレビのドラマを見ていておそくなった。

昨日と今日のこと

 昨日は、母親の命日で、おはかまいりに行きました。フツーの日なので、墓場には誰もいなくて、だれか来てあげた線香が煙をあげているだけでした。あらためて、人が死んだらどこに行くのかなあなんてことを思ったり、お墓の前で、なんだかぼうっと物思いにふけってしまいました。

 今日は、朝ちょっと集まりがあったのですが、一緒に集まった人が、いきなり駐車場で車をおもいきりぶつけてしまい、大変な騒ぎでした。怪我がないのがなによりですが。集まったうちの他の人は、今日夜行バスで大阪に行きました。うらやましいけれど、もう夜行バスで関西に行くのはこりごり。今頃彼の乗ったバスは東名高速を爆走しているでせう。

きせつの音楽

 季節によってきく音楽が変わる、ってこともない気がしますが、その時々で、好みが変わる気がします。シベリウスは今でも好きですがここのところめっきりきいていません。ブラームスもブルックナーも最近きかない。
 今日はビゼーの「アルルの女」組曲をきいています。ある時期から急に好きになって、ときどきききます。最近は、このての曲が気分にあう。もうしばらく前になりますが、ボドの指揮したオネゲルの交響曲全集を買って、たのしくききました。なかなか良いCDだった。好きな交響曲第2番は、持ってるCDの中ではいちばんの演奏かもしれないです。

あさごふん

 変な夢を見て中途半端な時間におきました。今朝はあと5分でもいいから寝たい!っと切実に思って、おきてからまたすこし寝ました。なんだか寝足りなくて昼間もぼんやり。駐車場の回数券を駐車場の機械から抜き忘れた!っとあわてて引き返してみたらすでにない。がっかりしていたら胸ポケットに入っていたり、と、どうも調子がいまひとつでした。やはり寝なければだめですな。

いそがしー

 4月から仕事のなかみが変わって、たいへん忙しくなりそうです。昨年のように遊びには行けなくなるんじゃないかと不安です。っていうか仕事がちゃんとできるか不安になれよその前に。なってます。

 とりあえず今週末の遊雀さん日本橋亭は、地元のしがらみでの飲み会があるため、欠席です。品川心中ききたかったなあ。

うろうろ

 映画を2本みてきました。いつも書いているとおり、映画館まで片道1時間半近くかかるので簡単にはいけない。お風呂にも入ってこようと思っていたのですが、時間がなくてむりでした。あまりせわしなく入るのもなんだし。
 山を越えたほうは、桜がだいぶ開きかかっていました。うちのほうもやっとつぼみが開き始めた。
 昨日交通違反をしたばっかりなので、今日はじゅうじゅう気をつけて行きましたですよ。

じんせい初体験

 今日は、この歳になって人生初体験をしてしまいました。
 あのう、仕事で、高速道路をぶぶーっと、自動車で走っていました。そんで、出口の所でとめられて、切符切られました。免許をとって以来ソコソコの年数、無事故無検挙(←ここだいじ)で来たのに。違反のなんていうの、理由は、後席シートベルト。普段後ろの席に人を乗せることなんてないので、停められて理由を言われるまで全然うっかりしていましたわ。あっけにとられて、高速隊?の人にも何の返しもできなかったのがくやまれます。いやぁ、そこで何か、二言三言のやりとりがあれば、あとで飲んだ席のネタができたのになあ…。 そこに着くまで今日は、ものすごい雨風の高速道路を運転したので、へとへとになっていたのもあったのかも。いずれにしても、せっかくの初体験をたんのうできなかったのが悔やまれます。
 それにしてもあれですよ。ちゃんとシートベルトはしめましょう。けっこうしめたがらない人、いるんですよねぇ。これから同乗の人にシートベルトをさせる、いい言い訳ができたぞ、っとも、思っているのです。