FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

牛乳

 何かと牛乳を混ぜるのが好きなのですけど、この夏の個人的な流行りは、乳酸菌飲料と牛乳を混ぜることです。最近はミロとかスポロンとかを買ってきては牛乳と混ぜて飲んでいます。夏場、麦茶牛乳が個人的流行りだったことがありまして、今でも好きですが(チャイに似た味になりますね)、なかなか家では麦茶を飲む人がいないので、なかなかこさえられない。

 先日、乳酸菌飲料が切れていて、牛乳をふつうに飲んだら「こういう味だったなあ…」って思いました。そのくらい牛乳単独では飲んでいない。


 はなしかわって、先ほどご近所のドラックストアに行ってきました。行って帰ってきて900歩だった。アイスを買ってお会計をしようとしたら知人にあって長話が始まりそうに…。アイスはあったかくなってくるけど私はちょっとひやひやした。

スポンサーサイト



雷鳴と電光

 昼過ぎから大変な雷と雨。蒸し暑かったのが涼しくなりました。一時期暑かったけどここんところはだいぶ過ごしやすい。

 夕方飲みのおさそいがありました。この間一緒に飲んでいて先に帰っちゃた人から。だけど野暮用でお出かけしていて行けず。残念。久々に飲みの誘いを断りました。そういえば来週は職場の飲み会があるんだった。いやだなあ。しかも週の途中だし。ほどほどにしておこうと思います。できるもんならな!


だいきゅ

 本日は仕事の代休日だったのです。かたつけた本をブックオフにまた持っていきました。先日、あと100冊くらいかたつけたい、と言って、たまたま今日持っていったのが100冊くらいだったのですが、あまり減った気がしない。減ってるはずではあるけれども。ちなみに100冊ほど持っていって3800円ほどでした。ほとんどが文庫本とはいえ、なんだかちとさみしいね。あとの本も、置いといても読み返しそうな本はそんなにない気もするんですけどもな。あとさらに100冊なんとか減らせばそこそこすっきりしそう。

 それから、お昼を食べに町境の山の上の蕎麦屋さんに行きました。ずっと昔に一度行ったことがあるのですが、その時にものすごくまずかったので、にどといくか!と思っていた店です。先日、けっこうお金持ってるおっちゃんが、そこのそばを旨いと言っていたので、検証しに。前に行った時とメニューがだいぶ変わっていて、たしかにおいしくなっていました。麺が。つゆはまあまあだった。また行ってもよいかなあ。

 そのあとは某静岡県東部のアウトレットに軽いおかいものに。ひとりできている人なんてあんまりいないね。意外に近かった。といっても徒歩ではいけないけど。よぶんなものを買ってしまったかも。

 家に夕方ついて、爆睡してしまいました。暑いからかつかれやすいなあ。

ゆり

 窓の外に大きな百合の花が咲いて強烈ににおっています。今日はクロアゲハがきていました。

 おととい飲みながら、明日は部屋の片づけをするっ、と言っていたのですが、昨日は二日酔いでそんな気分ではありませんでした。今日すこし本を箱に入れてかたつけた。まだでもけっこうある。かなり思い切ってやらないとだめみたい。CDも山になっていて困ります。CDの処分がいちばん困るかも。とにかく部屋に物が多すぎるので、さっぱりしたい、と最近思っているのです。もっと土日とかを有効に使うようにしたいと今日思いました。お掃除とかだけじゃなくて、もっといろんなことをしなければいけないかなと…。落語会とか以外はプチ引きこもりに近いし。
 とか言いつつ、今日はけっこうネットであそんでいました。秋に行きたい旅行の行先をあれこれ考えていたりしたのです。ぜんぜん決まりません。見てるだけでめんどくさそうだ、なんて思ってるようじゃだめです!


 最近いろいろと反省することが多いです。

のまれた

 昨日は遊雀玉手箱ってのがあったっすよ。行きたかったけど、うちの職場では休んではいけない日になってるの。んで、昨日夕方、隣のヤマの人がいないので「どこいったの?」 ってきいたら「午後から休んでます」 だって!休んでいいのかよっ!やすみたかったよ!

 そんなわけで夜は飲み会。偶然知人が同じ飲み屋にやってきて、合流してあーでもないこーでもないと会話がはずみ、くいくい飲んで、今日は二日酔い…。もうわかくはない。って何回言ったことか??昨日はここに書き込んでいないと思っていたけど今朝見たら…。だめですなあ。寝る前の記憶があいまいです。

のんだ

 明日は多分記憶が・・・
 最近こんなことばっかり。

ねられん・・・

 もしかしたら軽く熱発中かもしれません。昨晩は暑くてほとんど眠れず、1時間か2時間、明け方にうとうとしただけでした。つらかった。今日も同じ感じかもしれないけど、昨日寝てないから寝られるでしょう。今日はもすこししたら寝ますかな。
 
 今日は寝なかったけど夕方ちょっとつらかっただけで、わりと大丈夫でした。ごろごろしてればある程度疲れは取れるものかもですね。

三連休

 三連休でしたねえ。なんだかなあ。休みの始まる前はあれもこれも…と思っていたのですが、終わってみると中途半端・・・。
 このへんで障子張りでもしようかと思ったのですけど、この時期は良くない、みたいな情報もあって、もちっと延期ってことに・・・。昨日は、そんで家でぼけ、っとしていたら、知人から、婚活パーティみたいのに行くから一緒にどうよ、みたいな話があって、そんじゃまあそういうことも、というので出かけてきました。ふうんおそろしい。個人的には手遅れ感が…ってこの前も書いたか。なんだかここしばらくこんな話が続くなあ。何かの陰謀か。そういえばこんどの台風の動きも何かの陰謀かって感じですな。わざわざお立ち寄りくださらなくってもいいのに・・・って感じ。

 そんで今日は、おもいたって上京してきました。かなり寄席に寄ろうかと思ったのですが、今日は寄席には寄らず、買い物とかでひたすらぶらぶらぶらぶら。疲れました。なんだか尋常でなく暑かった。あとからあとから汗がだらだらだらだら(繰り返しが多いね今日は)出てきて、まいりました。東京の人は慣れてるのかねえ。ひとりでびちゃびちゃになってる感じでした。

ふべんだ

 結局、前のパソコンは何をやってもうんともすんともおっしゃらず、そろそろかなあと思っていたこともあって、新しいパソコンを買いました。初めてノートにした。うちの中を持ち運べるので便利ですな。
 しかし、前のパソコンに入っていたいろんなデータがどうやっても救い出せず、大変不便。バックアップって大事ですな。特に打ち込んだ楽譜が消えたのは痛い。楽譜作成ソフトは新しいOSでも使えましたが、ノートで画面が小さくて使いにくい・・・。いろいろ勝手が違って不便です。

 それにしてもここんところの暑さはなんなんですかねえ。来週は台風が来そうだし。どうせ来るならすこしだけかきまわして涼しくしてほしいものです。夜はでもうちのあたりは開けはなちておくと涼しくなるよ。さすが避暑地…のちかく。

 明日は山野の落語会の券が取れたら上京しようと思っていましたがとっくにうりきれていた。残念。でも気が向いたら上京するかも。あつそうだ。

たいへんだよ

なんと、突然パソがうんともすんとも言わなくなってしまいました。いきなりこのようなことになったことがないので、バックアップもなく…。
パソじたいはそこそこ使ったのでいいんだけど、中のちびちび打った楽譜などや写真データが…。
なんとかバックアップする間だけでも復帰してくれないものかなあ。

そゆワケで、しばらくネット上に来られないかもしれません…。

なにかいる

 昨日今日あたりは夜になるとすこし涼しくなってすごしやすいです。でも昼間は暑くてねむい。季節感があまりなくて、暑いだけで夏って感じがあまりしません。夏は好きなんだけどこう暑いとほんとは嫌いなんじゃないかと思えてきますな。

 今日はまだあかるいうちに家に帰れました。家の前に小さな水田があるのですけど、そこにケモノの足あとがあったという話で、見てみました。ゆうぐれに、そこいらにいると、ブユに食いつかれてものすごくかゆいことになるのですが、風があるせいか大丈夫でした。
 田の土の、ねばったところに、へんな足あとがついていて、うすぐらくなってきて、すこし気味が悪かった。隣家がいま空き家みたいになっているのですが、そこの小屋かなんかに、なにかいるらしい。父親がこの前見たらしいのですが、あまり見た人はいません。なにものなのか。

上野鈴本演芸場 7月上席(昼席)  2011/7/10

 早朝寄席に引き続き昼席にも。ちょっとしかし、ゆんべの疲れが出てきました。お客さんの入りがとても悪い。何なんだろう。しんぱいです。

 前座は春風亭ぽっぽさん。「たらちね」 続いて春風亭正太郎さん「道具屋」 昨日に引き続き聞きましたが、経験年数の割にはほんとに良いねえ。最近思うけど与太郎のキャラクターはそんなに極端にバカっぽくなくても大丈夫だと思う。彼はただのバカではないですからな。

 翁家和楽社中の太神楽があって、橘家圓太郎さん「祇園祭」 これは季節ネタでうれしい。圓太郎さんの歯切れのいい口調で語る江戸っ子がなんとも威勢が良くて気持ちがいいです。京都の人が語って、江戸の人がツッコミ、みたいな噺で、そこがうまくいっていて楽しい。

 柳家さん生さん「天狗裁き」 は、ちょっと落ち着きがなかったかなあ。ひびきわたるさん、三遊亭歌武蔵さんの漫談のあと、三遊亭金馬さん。今日は「ちりとてちん」 ちりとてちんを食べる場面、わりとあっさりながらなかなかおかしい。

 ヒサビサの伊藤夢葉さん。相変わらずでございますが、面白いなあ。語りがなんともいえません。なかなかあすこまでうさんくさくなれない。ほんとスバラシイ。

 仲入り前が春風亭一朝さん。今日は「青菜」 昨日の「たがや」と違って割に正攻法でやっていましたが、アツクルシイ長屋の夏が浮かんでくるようで、とても面白かったです。

 なんだかかなり疲れてしまって、たびたび眠くなったのと、すこしお買い物をしたかったので、ヒサビサに仲入りで抜けさせていただきました。外はまだ暑かった・・・。結局そんで、目当ての買い物はできず、少し早めに新宿に着いたので、こりずにかるーく、ひとり飲み。したら、わずかなお酒でけっこう酔ってしまい、もにゃもにゃになって帰ってきました。

 あつかった。

鈴本早朝寄席  2011/7/10

 昨晩は酔っぱらって、都内をフラフラ移動。電車なくなってしまうよ。早く寝たいよ、と言いつつ、上野近辺のホテルに転がり込みました。ホテルが意外に駅から遠くて大変だった。初めて通る商店街をぶらぶら歩きながら「なんで商店街なのにこんなに暗えんだよー・・・」とか思ったけれど、夜中ですもの。

 朝は二度寝して8時半起き。かるーい、ふつかよい。がんばって早朝寄席に。がんばることもないけど。早朝寄席はそこそこの入りでした。定席の入りがイマイチなので、定席なみに入っていたかも。開演を待っていたら気持ちが悪くなってきました。うう・・・。ゆんべの酒が・・・、と、思っていたら地震だった。

 三遊亭玉々丈さん。午後からの円丈一門の会の話がマクラ。宣伝ではない!とのこと。ちょっとでもそういわれると見てみたくもあったなあ。ニワトリが恩返しに来る話。ソコソコ面白かったです。

 続いて柳家喬四郎さん「皿屋敷」 んー。よくわからなかった。このネタが好きなんだけどこなせてないのか、単に稽古不足でルーティンにやっているのか・・・。ご隠居の口調が途中でべらんめいになったり、不安定さが目立ちました。

 古今亭駒次さん「恋の付け焼刃」 ちょっとよくわかんない新作だった。オウム返し系のネタだったんだけど、なんだかごちゃごちゃしすぎてる感じがした。

 トリは林家彦丸さん。私は聴いた記憶がないのです。が、とっても良かった。ネタは「山崎屋」 今あんまりやる人いないんじゃないだろうか。ナマできくの初めてのネタかも。圓生の速記なんかだと、おとっつぁんの吝嗇ぶりなんかが強調されていた記憶があるんだけど、それはあまりありませんでした。あの設定は、あったほうが面白いと思った。しかしこの人、声も語り口もいいし、また機会があったら聞いて見たいと思いました。今回の早朝寄席ではダントツに良かったです。

第5回ゆにおん寄席  2011/7/9 六本木 ゆにおん食堂

 遊雀さんと菊六さんの会、と言うことで、北海道旅行がお流れになったときに予約をしておいた会でした。鈴本から銀座線で溜池山王へ。溜池山王は、サントリーホールに行くのにおなじみの駅ですが、落語会で来るとは、おもわなかったねえ。あの、ながーい通路をてくてく歩いて、表に出る。あついっ。スタバで一休みしていこうかと思ったけれど、ぼちぼち開場も近いので、っと、じかに会場に向かいました。

 会場は、食堂というので、庶民的なお店かと思ったら、けっこうきれいなお店でした。溜池山王から、サントリーホールを過ぎて、歩道橋を渡ったあたりのお店。普通の飲食店の中に高座をこしらえた感じ。生ビールを飲みつつ開演待ち。早くも少し酔いが…。

 前座さんは春雨や風子さん。「初天神」 ヒサビサにふつうの初天神をきいた気がする。といっても、ふだん聴く初天神とはちょっと違ったけれど、あれはやはり協会の違いなのかなあと思いました。

 続いて三遊亭遊雀さん。六本木の駅から暑い中歩いてきた・・・というマクラ。菊六さんの楽屋での様子とか、そういうマクラがじつにおっかしい。今回も、すこし着物の話をして「十徳」へ。前回、道楽亭でききましたが、あのときより面白かった。

 続いて古今亭菊六さん。「お見立て」 私はききながら遊雀さんの「お見立て」がオーバーラップしていました。杢兵衛大尽もシツコい、が、喜瀬川もけっこうめんどくせえ女だな、と、菊六さんのお見立てを聴きながら思いました。

 おなかいり。ちょっとぼおっと。

 古今亭菊六さん再度登場。ネタは「替り目」 前に三之助さんで聴いたのと同じ型だったのかな。若い夫婦の「替り目」 って感じで、これはこれでよかったです。このネタを聞くと、嫁もほしいかもなあ、と思うこともあったりするネタです。この噺のおかみさんは、結局酔って帰ってくる旦那を、めんどくさい、と思っているのかもしれないけど、それでも遊んでいるんだなあ、という感じがしますね。旦那が陰で普段こうやって、拝んで・・・いるのも、先刻承知なんじゃないでしょうか。なんだかほのぼのした噺で、けっこう私は、人情噺の傑作、なんじゃないかと思っています。

 トリはふたたび遊雀さんの登場。たっぷり聴いたからもういいでしょ・・・と言うので、軽いネタでオシマイ?かと思ったら「湯屋番」 でございます。打ち上げで遊雀さんがおっさっていたのですけど、とってもいいお客さんだったと思うのです。そのお客さんに乗って、若旦那の妄想がサクレツしまくって、ものすごい湯屋番でした。すばらしき一人キチガイ!んで、遊雀さんの一人キチガイネタは、例えば、湯屋番では、洗い場にいる人たちの冷静な反応と、一人キチガイの若旦那の暴走の落差がものすごく、あれがなんともオカシイ。おみごとでありました。

 終演後はうちあげ。柳陰なんてお酒も出て(意外に強いお酒でした)大変に盛り上がり、楽しい打ち上げでした。お料理もおいしい料理がたくさんでおなか一杯。終電近くまでもりあがって、最後のあたりは、師匠をみんなで手を振ってお見送りしたり、手を振ってお見送りされたり、しましたが、かなり記憶がアイマイ・・・。
 次は師匠にいつ会えるかなあ・・・、と、帰りの電車でひとりになってからしみじみしました。

上野鈴本演芸場 7月上席(昼席)  2011/7/9

 夜に遊雀さんの会があるため、昼どうしよう、ってことで鈴本に。ちょうど父親が東京に用があるって言うので、車に便乗。環八を北上途中、荻窪の駅で降ろしてもらいました。荻窪久しぶりだなあ。南口は全然わかりません。そしてあつい。中央線をどんどん乗って神田で乗り換え、御徒町。前回一杯で入れなかったアメ横のめちゃ大衆的な小さなお店でお昼を食べました。今回は時間が早かったせいか、お客は最初ワタシだけでした。念願の?アジフライはおいしゅうございました。さくさくでふわふわです。狭い店のわりにあぶらくさくならないし、開店時間も早いし、鈴本の前に寄るお店をあらたに一軒開拓しましたぜ。上野はまあまあ寄席の前に寄る店があるんだけど、他のところは毎回困ります。おすすめがあったらおせえてつかあさい。あと30分開店を早めてくれればなあ。上野でも、寄りたいのに開店が遅くて寄れないって店がいくつかあるけれど。

 鈴本に入っていくときに、次々と噺家さんたちが出てきました。なにかあったの今日は・・・?と思ったら、震災復興のチャリティ寄席があったらしい。開演前からたくさん噺家さんの顔が見られてラッキー。
 さて土曜日の鈴本演芸場、すいていました。なぜなんだろう。地震の影響なのか、暑さのためなのか…。
 前座は柳家まめ緑さん。前回、七転八倒の会の時の金明竹でみょーなおかしみをにじませていたので今回もちょっと期待したのですが、ふつうでした。「狸の札」 春風亭正太郎さんは二つ目になってからは初めてかも?「たらちね」 でした。なかなか良かった。改めて、この噺は、屋敷勤めの女性が長屋に来た、というギャップを描いていて、そこの落差が大きいほどおかしいんだなあということを思った。ふだんはなんとなく聴いていてそんなこと思わないのに。

 和楽社中の太神楽があって、橘家圓太郎さん。前にまして最近好きな噺家さん。お囃子がなんだかおぶなっかしくて、例の圓太郎さんの出囃子、けっこうメロメロ・・・。なんだかこの出囃子好きなんですよねえ。圓太郎さんは、節電関係のマクラ。みんなで15%、15%マイナス・・・、客席の拍手も15%マイナス・・・、みたいな。ネタは「桃太郎」 でした。柳亭燕路さん「皿屋敷」 これも、きいていて、前半、お菊の幽霊をけっこうマジメに演じたらそれはそれで面白いかも、なんてことを思いました。ひびきわたるさんの漫談のあと、三遊亭白鳥さん。久しぶりです。「アジアそば」 って噺だろうか。実在の蕎麦屋の名前を出して危険な発言をするのであった。白鳥さんのギャグはどっから飛んでくるのか予測できない。

 うってかわって落ち着いて三遊亭金馬さん登場。釈台を置いての高座ですがお元気そう。「夏の医者」 を飄々と演じていました。最前列右側あたりでイビキをかいている人がいて迷惑きわまりない。きまわりない。寝るなら前に座るなといいたい。

 アサダ二世さんが奇術をやって、春風亭一朝さん「たがや」 夏の噺はうれしいですなあ。威勢のいい啖呵。
 仲入り後はにゃんこ・金魚さん。よく鈴本で見る気がします。いつもに増して金魚さんの飾りがものすごい。アサガオ、すいか、カブトムシ・・・。頭が夏です!春風亭正朝さんは「町内の若い衆」 ガサツな女房がものすごくておっかしい。権太楼さんと同じ型のように思いますが、なんだか正朝さんのもののほうがほどほどだったり、ところにより濃厚だったりして、すきかもしれない。

 蝶花楼馬楽さん「寄合酒」 は、ちょっと若い連中のごちゃごちゃ感に欠けて、すこし眠くなってしまいました。そこに三増紋之助さん登場。期待です!今回はがんばりすぎて失敗!で、例によってそこを乗り越え、客席をものすごい勢いで盛り上げました。いつもながらすごすぎだ!

 トリは五明楼玉の輔さん。「子別れ」 「中」の部分の説明も少しおりまぜての話でしたが、ちょっと忙しすぎ。軽いなあ・・・と思ってしまった。誰でもできるけど難しい噺だと最近思います。玉の輔さんは寄席ではだいたい似たような噺しか聴かないので、ちょっと期待したけど、残念でした。
 寄席がはねて、暑い表に出て、銀座線で溜池山王へ。そういえば、上野の駅前に消防車がたくさん行ったけど何かあったのかな。

北海道へ・・・

 やっと明日は金曜日だぞ。本来なら明日から北海道に出かける予定だったんだけど、お仕事で行けず。みなしゃまは明日の朝早くにお出かけでしょう。お天気悪いみたいですけども…。いろんなとこ行くみたいです。ええにゃあ。私はかわりに東京であそんできますけんども。今回は落語会が初めて行くところなので下調べしておかなければ。

 仕事場でちょっと関係のある人に、親戚のおじょうさんを紹介しますけどどうよ、みたいなことを言われましたわ。もうこの歳になってそういう話もながらく無くなっていたのでちょっとびっくりした。そういう話はもう手遅れな歳になりつつある気がする今日この頃なのですわなあ…。

 あと今日は、しばらくぶりに書店によりました。小説は買ってこなかった。小学館の昭和の名人、が、大好きな十代目の文治師匠だったからそれと、あと、秋の旅行でひょっとしたら目指すかもしれない奈良の本を買ってきました。なぜ京都の次が奈良っていう選択になるかなぁ…。ひとり旅を目標にしたときは、九州とか、台湾なんて選択肢も考えていたのに…。それともそっちも考えて見ますかなあ。でも台湾は電車じゃ行かれない。


どにち

 昨日はひとりで映画を見に行ってみました。あつかった!お昼にそばを食べて、まあまあだったんだけど、なぜか麺が異様にちぎれていて謎だった。
 お客さんは私と、どこの人かわからないアジア系の外国人さんだけでした。その外国人さんは、携帯電話でずーっと喋っていた。相手が相槌をうつ隙があるんですか?それとも電話で朗読ですか?っていうくらいの勢い。ことによってこの人が外国のスパイだったら、田舎の蕎麦屋なら地方+蕎麦屋という要素が重なってこの声の大きさでも会話を理解できる人はだれもいはしまい!田舎の蕎麦屋ってけっこう諜報活動には向いているかも?というようなことをちょっと思った。
 映画はまあまあ面白かったです。例のディズニーの、海賊が出てくるやつね。最初から見ているので今回も見に行きました。

 今日はちっと家電のお店をのぞきに。使用年数の割にぼろぼろな外見の携帯電話をなんとかしようかなあと思って。しかし高いなあ。店員さんが寄ってきてあれこれ言えば買い換えてしまったかもしれないけど、誰も来なかったのでやめました。こちらもそろそろかなあ・・・と思っているパソコンのコーナーも見てきたけど、こちらは店員さんがあとからついてきました。でもパソコンはまだいいや。

 庭をぶらぶらしていたら、アスパラガスさんが私の背丈より大きくなっていた。毎年はえてくるので、どうなっているのか?と、良く見てみたら、可憐な花をつけていました。

アスパラ