FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

いついく

 ゆーじゃく師匠の文七元結の翌日にコンサートの券をとりまして、セットで出かけようと思って、今日手帳につけたのですけど、考えたらソコ、連休の間をツブして旅行に行こうとしてた日だった!もうコンサートの券も買ってしまったし、遊雀師匠の文七元結が聴けるのですけん、旅行は別のときにしたいと思います。っていうかそんなに遊んでばかりいてよろしいのでしょうか。

スポンサーサイト

よやくしたー

 あたらしい首相は顔を覚えるのが先かやめてしまうのが先かすこし心配な今日この頃。

 ひっさしぶりにクラシックのコンサートのチケットを予約しました。行けるかわかんないので安い席。でもいけるといいなあ。ここんとこ安い席でしかきいてないかも。たまにはきあいを入れていい席でききたいけどねえ。
 今回取ったのはN響の公演で、会場がNHKホールなのがちと不満。あしこってコンサート聴きにいく雰囲気がうすいんですよなあ。ホール的にはサントリーホールが一番好きなんですけど、溜池山王駅からのアプローチがだれる。初台の雰囲気でサントリーホールがあるといいんだけどなあ。アプローチが長いのはだれます。寄席も一人で行くと国立とかちょっとだれるかも。

毎日飲み

 いやぁ。今日も飲んできました。日本酒でそこそこ飲んで、そのあと河岸を変えて(いいねえこういう言い方)飲んだんですけど、途中でさすがに具合が悪くなった。一緒に行ったおねいさんがその後具合が悪くなったのでかこつけて帰ってきました。よかったよう。
 浅草の新門辰五郎の何代目かとお知り合いって方と少しお話をしたんだけど、そんなにお話も盛り上がらず帰ってきました。残念かも。でもとにかくねむい。



上野鈴本演芸場 8月下席昼席(2011/8/26)

 昨晩の疲れでホテルでチェックアウトぎりぎりまでまったり。外は暑いです。上野の本屋さんをぷらついて、早めのお昼を食べようと、アメヨコ近辺をうろうろ。けっこう11時半からの店が多くて、寄席に行くには中途半端なんですよねえ。アメヨコ近辺には時間が合えば行ってみたい店がいくつかあるんだけど。
 結局、最近よく行くアメヨコ内の小さい、外観がすごくてけっこう入りにくい店に行ってしまいました。今回もアジフライ。んまいのよこれが。お醤油をつーっとかけていただくのですけど、肉厚でさくさくして、身はふんはりとしていて。背骨が抜いてあるのはもちろん、小骨が全然ないので、けっこう手間がかかっていると思われるのです。もともと看板にはとんかつって書いてあるので、こんだ行くときはとんかつにも挑戦してみるかな。ロースカツはでもちょっといいお値段なんですよ。

 いつになったら鈴本の話が始まるのよ。

 んで鈴本へ。唐突。
 前座は春風亭一力さん。前座にしては珍しく「小粒」なんていう珍しいネタを。三遊亭司さん「浮世床」の夢の部分。若干はしょり気味に。今日は昨日の末広亭と違って反応のいい、とってもいい感じのお客さん。子供さんで一人けっこうなタイミングで笑う子がいて、ときどき客席はその子の笑いに反応したりもしていた感じが。

 松旭斉美智・美登さんのマジックで、春風亭正朝さん「町内の若い衆」 お客さん大喜び。子供がいるのに「町内の若い衆」 おとなの遊び場ですのう。続いて柳家三三さん。「二人旅」 途中、けっこうえぐい都都逸を披露して、子供がいるのに…みたいなこと言って客席爆笑。おとなの遊び場ですのう。
 ホームランさんは今まで聞いたことのない感じのネタ。たにしさんが一人で活躍していました。
 隅田川馬石さんが白酒さんの代演で「金明竹」 を短くやって、川柳川柳さん。80歳になりましたなあ。時代がかわってやりにくい、とぼやきつつきっちり盛り上げました。後ろのおばさま、しきりと「すごーい!!」を連発。すごいんですよ。
 カンジヤママイムさんのAとBさんがふしぎな動きをしたあと、古今亭菊之丞さん「替り目」 けっこう菊之丞さんで聞いている気がします。好きなんでしょうかねこのネタ。

 中入りです。ひさしぶりに立ち寄った大塚の大松ベーカリーの甘食を食べました。ほしぶどうが入っている。昨日の酒で脱水ぎみなのか、いつも以上に口の中で甘食がむさむさする気がしました。

 クイツキは柳家紫文さん。昨日とほぼおんなじ流れでしたが、今日のほうが客席はステキにもりあがりました。
 春風亭一朝さん「幇間腹」 ちょっとお疲れ気味?な感じの声でしたが、ばっちり盛り上げました。例の子供さんの笑い声に若旦那「見ろっ!子供が笑ってるじゃねえか!」で客席爆笑。

 柳家喜多八さん「長屋の算術」 という噺らしい。初めてききました。今は無き?ヘキサゴンみたいな。ししょー、いろんなネタを発掘しますのう。

 林家正楽さんの紙切り。客席の感動感がすごい。

 トリは三遊亭歌之助さん。わりあい短いマクラ。この人は龍馬伝みたいなのしか聞いたことがないので、なんとなく聞いていたら、なんとネタの「竹の水仙」 へ。初めてこの人の古典をききました。クスグリたくさんの、あっさりした一席でしたが、なかなか楽しめました。今日はお客さんの反応が良くてとにかく楽しい寄席だった。途中でも、昨日の疲れですこし眠くなったりもしましたけど…。

 表に出ると、通りを雨がかなりな勢いで濡らしていました。

 新宿で高速バスの予約をしていると、知人とばったり。そのまま1時間ほどお酒を飲んでかえってきました。また飲んでしまった。

お江戸日本橋亭定席公演 若手特選落語会 三遊亭 遊雀の会

 今日はこの会がメインです。ど平日にもかかわらず、このへんで取らないと夏休みを取れない可能性があったので、2日間取って出かけました。もうひとつ、ちょっとある計画があったこともあったりして。

 末広亭の昼席がはねて、あわてて都営新宿線に乗って、乗り換えて三越前へ。半蔵門線の三越前駅は日本橋亭からはちょっと距離があるのです。蒸し暑くて汗が出ました。
 早い時間の始まりにもかかわらず、日本橋亭はソコソコの入り。前座さんは三笑亭夢七さん「湯屋番」 どこにいってしまうんだろう…という感じですが、ごく冒頭の、おゆうやに行く前におしまい。サゲまで習っているんだろうか。
 続いてもう一人前座さん。春風亭昇也さん「たらちね」 こちらはなかなかスムーズでした。

 三遊亭小笑さん「身投げ屋」 前に誰か芸協の人できいているので、芸協ではまんざら出ない噺でもないんでしょうか。身投げ屋の男のむじゃきな感じが憎めない。

 続いて三遊亭遊雀ししょーのご登場です。来る途中で携帯で地図を見ながら日本橋亭を目指している人がいたそうで、客席にいたご当人は「私だぁ!」と思ったことでせう。ネタは「宗論」 いかがわしいサワヤカさ炸裂の息子がおっかしいのなんの。遊雀さんもいい声モードをフルに発揮させて、なんだかいつもより自由に楽しんでいらっしるようでした。
 続いて神田松鯉先生!だいぶ聞いていないし、芸協の席にはあまり行かないこともあって、きいてみたいなーっと思っていたのでうれしい。天保六花撰 松江公玄関先の場 名調子をたんのうしました。あんまり元の話を知らないので、河内山宗俊何物よ?って感じではございましたが。

 中入りで、クイツキは三笑亭可龍さん。あとで遊雀さんのおっしゃるには「両どろ」って噺らしい。あまりやり手のない噺らしいけど、可龍さん、軽快な調子で楽しい噺に仕上げていました。面白い。
 桧山うめ吉さんが何曲かうたって、なすかぼを踊りました。どの曲もなんとなーく馴染みはあるんだけど、あまり覚えていない。なすかぼも、最後、おもしろいーとか言って終わるとこだけなんとなくわかるっていうくらい。

 トリで再び遊雀さん。ひととおり前に出た方のお話をしたあと、何のネタだろうかーっと思ってきいていると始まったのが「小言幸兵衛」 おおー。苦手系のネタだなーっと思ったんですけども、このネタも遊雀さんお得意の、妄想暴走系のネタの一つなので、とっても楽しかった。途中、前に出たかたをネタの中に取り込んだり、時事ネタを取り込んだりして、今日はもうかなり自由自在。。突然おネエ言葉になる幸兵衛さんもなんだかオカシく、楽しい一席でした。

 終わって外に出て、遊雀さんをみんなでとりかこんであるものをお渡ししました。遊雀さんは他の師匠がたと打ち上げにお出かけのご様子。角を曲がって行かれました。じゃあ私たちもメシでもくいにいっかー!っと言って神田方面にぶらぶら歩いていると、意外な展開に…。

 ここからはナイショですが楽しくお酒を飲んだのはいつもとおんなじ。皆様お疲れ様でした。あたしもくたびれた。


新宿末広亭8月下席 昼席 2011/8/25

 夏休みを落語に費やすなんてどうよ、って言いながら出かけたのですがなかなか楽しめた2日間でした。

 まず最初は新宿末広亭へ。暑い中歩いて行くと、伊勢丹の建物の装飾の部分に蝉が鳴いていました。そう思って聞くと、都会の中でも意外に蝉が鳴いている。
 末広帝はすでに9月上席の遊雀師匠の出演予定があちこちに出ていてうれしい気分。久々の末広亭。なんだか桟敷で聞きたいなーと思ったのですが、入ったときにはまだすいていて、桟敷で聞くって変な感じ。だんだん混んできて、桟敷にもけっこう座っているお客さんが出てきてはいましたが。

 前座は三遊亭しあわせさん「子ほめ」 続いて翁家勝丸さんが傘の曲芸をあっさり。春風亭一左さん「真田小僧」 あまり緊張感のない真田小僧でした。お客さんがそして、めちゃめちゃ重い。
 林家うん平さん「権助魚」 客席の重さにひきずられているのかなあ。桂ひな太郎さんが「代書屋」 権太楼さんの型ですけど、けっこう自分のものになっていて、嫌な感じはしませんでした。客席もちょっとだけ沸いた。柳家紫文さんが三味線漫談をやって、林家鉄平さん「大安売り」 なんだか久しぶりにきいたネタな気がします。
 むかし家今松さん「干物箱」 干物箱ってセリフは出てきませんでした。本屋の善さんが手紙を見つける型ではなくてちょっと残念。あの型のほうがちょっとにぎやかでスキ。
 林家正楽さんが紙切り。こちらも客席の重さのため、注文が続々とかかるって感じではない。三遊亭歌之助さんの龍馬伝でやっと客席がすこし沸いたようなあんばい。けっこう謎のお客さんたちでした。
 三升家小勝さん「長短」 は、ほのぼのしてなかなか楽しかった。
 伊藤夢葉さんは、たぶん初めて?ムチを使いませんでした。袖で圓蔵さんが騒いでいた?
 橘家圓蔵さんはソコソコマクラをふって「反対車」 でしたが、客席も沸かず、そのせいかちょっと噺もおかしな具合になってしまった。中入りで幕が閉まる時にちょっと寂しそうにしていたのが印象的でした。

 クイツキは三遊亭歌る多さんで「つる」 笑組の漫才と続いて、柳家小ゑんさんは新作で、ちょっと中身は忘れてしまったけどなかなかよくできた噺だった。入船亭扇好さん「のっぺらぼう」 中入り後あたりからやっとお客さんも入ってきたせいかすこし反応が良くなってきました。ひびきわたるさんの漫談で、トリは橘家圓太郎さん。今日はこの人がトリなので新宿に来た、っていう感じです。ネタは「らくだ」 以前池袋で残念な結果に終わったらくだを聞きましたが、今回は良かったです。くず屋が八百屋に行くあたりですこし自主的になるあたり、日頃虐げられている屑屋の姿が見えて、おーやれやれー!って思った。重かった客席もけっこう沸いていました。スバラシイ!圓太郎さん最近とみにいいなと思うようになりました。

 寄席がはねて大急ぎで都営新宿線に。


映画館にも

 地元には映画館ちゅーものがありません。昔はあったんですよ。なんでも母方のおじいさんはその映画館のカブかなんかを持っていて、うちの母親は若いじぶんには映画館にはずいぶんロハ…だか安くだか通ったらしい。うらやましいことです。

 いまやそれで地元には映画館がなく、自動車で延々1時間以上もかけて映画を見に行かなければなりません。そこの町の映画館も、こないだ二つ無くなって、あたらしく、えらい町はずれのショッピングモールにきれいな映画館ができた。やったぜ。と思ったら、なんだかスクリーンはたくさんあるくせして、同じ映画を2Dと3Dと日本語と字幕ととかやってて、おまけに東宝系の映画だけしか放映しないし、ものたりない。
 もちっと手近にいろんな映画を見てみたいなあ。と思います。

夏の

 夏のおやすみが取れそうな雰囲気になってきました。それを落語に費やすってどうよって話ですけどまあ良いではないか。お出かけはお出かけでとっておきましょう。あちこち見物するにはまだ暑いしさ。

 遊雀師匠の落語会が今年は平日ばっかりで全然いけません。とりあえずでも「文七元結」をやる会は11月26日(いい風呂の日)の土曜日にきまったらしいぜ!やったぁ。ぜったいいきます!

 ちょっと最近コンサートにも行きたい。しかし海外のオーケストラは来てくれるんでしょうか。

着物さん

 昨日は仕事でした。私が段取り係みたいな感じなんだけど、そういうの苦手なもんで、だいぶ気疲れしました。はやくナツヤスミが取りたいのう。とれるかなあ。


 テレビをつけたら、着物を着た男性が映っていた。ほほー。なんだろうこの着こなしは。似合わないなあ、と思ったら、なんと某噺家さんだった。しばらくの間出ていて、着物にずっと違和感を感じていたんだけど、どこがどう似合わないのかがわからなくてなんだかずっともやもやもやもやした気分でした。なんだか、借りてきた着物を着ているような感じだったの。
 男性の方が着物の着こなしは女性のものより楽なんでしょうけど、あれを見たら男性の着物にも何か着こなしのコツのようなものがあるのであろうなあと、しみじみ考えてしまいました。

へこむー

 今週はものすごく忙しいって感じでもないんだけど仕事がへヴぃーで、なんだかいろいろガミくらったりしてへこんだり、大変でした。そんでもって明日も仕事です。きついなあ。

 雨が降って、急に冷えてきました。今日は昼間はなんだか暑い室内で汗をかきまくったので落差が激しいです。

どうしましょう・・・

 今年の秋の旅行会は、9月21日に遊雀玉手箱をみて、翌日朝の新幹線で京都へ!ていう予定だったのですけど、22日がはずせない仕事だって・・・。いつ休んで出かけるか考え中です。こういうことでも考えなければ発散できないもんね。

うーっ

 早くも秋の旅行会の予定がダメになりそうです。っていうかいつ夏休みを取ればいいんすか!っていうくらい、休みたい日に仕事が入ってくる。秋休みでもいいですか・・・。

ねむい

 どういうわけだか今日は一日異様に眠くて、朝まで寝て、朝食のあと昼まで寝て、また午後寝てしまいました。暑くって汗がだらだら出た。
 今またねむいです。

おそくなった

 所用でもって出かけていて、某所のジョナサンでメシ食ってきました。あまりそういうところでご飯食べないので久しぶりだった。ジョナサンのメニューは私には、っていうか、私が夜に食べるには脂っこいものばっかりでした。個人的にはファミレスは夢庵がすきです。でもジョナサンのドリンクバーのぶどうジュースはうまかった。2杯も飲んでしまいました。
 それであれこれ話をして、家に着いたのはさっき。時計を見たら十二時を回っていてびっくりしました。久々にああいうところで長話をした。アルコール抜きで。こみいったようなこみいらないような話でした。なるようにしかならない。

そろそろお盆ですよ

 寝とぼけたことに、今日からお盆か知らん、っとあせってしまいました。
 昨年から今年にかけて、親類のばあさまがふたあり亡くなったのでした。ふたりともかなりご高齢だったのですけど、だんだん私もこの歳になってくると、いろんな方を見送らなければならなくなってきます。そういうことを思うと、自分もだんだん歳をとるなあと、しみじみします。

 そういえば昨日で地震から5かげつ。早いような、長いような。阪神淡路のときもそうでしたが、復興には長い時間が必要になると思います。最初は驚いて気の毒がって義援金とか出すけれど、だんだん忘れてしまうんですよねえ。続けていかなければいけないとおもいます。

秋の旅行会

 ここ数日続いた夕立が今日はきませんでした。夕方から風が強くなって少し涼しいですが、散歩に行ってきて風呂に入ったら汗が出まくり。
 夏の散歩にちょうどいいのがブルックナーの交響曲で、月や流れる雲を見ながらきいていると、なんともいいこころもちです。

 秋の旅行会、とりあえず宿をおさえました。でもそこに行くかは未定。意外ともう来月なのでこのままずるずると行ってしまうかもしれません。その頃にはすこし涼しくなっているといいなあ。

ゆーれー

 毎日あついですなあ。そんで毎日律儀に夕立がやってきます。今日は夕立が来たけれど夕方はむしあつかった。最近、ものすごく暑くて急に夕立がくるので、気温差で車の窓が曇っていますよ。今日は夕立のあと、虹が出ていました。いちど、50メートルほどの近くに虹の足元があったことがあって、行ってみたいなあと思ったけれど仕事中で行けなかったことがあります。あすこに立つとどうなっているのだろう。

 というわけで(何が)夏の怪談。
 というか、今日、職場の人が話していたんだけど、職場の1階の部屋には出るらしい。ウチの部屋にも出るらしいんだけど見たことない。みてみたい。でも見たら残業するのやになっちゃうかもなあ。
 1階の部屋の外の廊下には何かいますよ!と前に聞いて、ただ単に薄暗いからだけじゃないの?とか言っていたんだけど、そういう話を聞くと何かいるのかもねえ。ちなみに私はそこを通るといつも、引っ張るドアを押し開けようとしてしまいます。これも霊のしわざかっ!ちがうね。

猫に触って電車に乗って

 昨日はあんまり知らない人たちとの飲み会でした。会場が駅から近いので、電車で行くことにしました。昼間は夕立があばれまわってものすごい有様でありましたが、出かける頃には雨も小降りになって、薄い雲のむこうにぼんやりと月が出ていました。

 うちの最寄駅は無人駅です。駅に着いたらねこが駅舎の入り口にいたので、ためしにすこしさわってみました。ごろんとなってふにゃあと言い出す前に人がきたのでやめた。それから電車に乗っていきました。だいたい猫はこちらの顔を見るとしゅしゅっと逃げて行って、しばらくの向こう側に立ち止まり、じっとこちらの顔を見ていて、また近づくとしゅっしゅっと逃げていって、またこちらの顔を見ている、ってパターンが多いのですが、今回は、猫への接近法をこないだ聞いて試してみたのでした。また猫を見かけたら、他の猫にも通用するかためしてみたい。

 飲み会は初対面の人ばっかりで、私は人見知りだけれど、それなりに酔っ払って楽しくなりました。ヒサビサにカラオケボックスとか行った。ドリンクにアイスまであってなかなかたいしたものでした。

 今日はまた二日酔いでつらかった。

やっと週末

 昨日は仕事関係の飲み会。やだなあとか言いつつ記憶が無くなりそうになるまでのみたおしました。なぜだ。最後の方はひたすらグチをこぼされてグチでびたびたになりそうでしたぜ。明日も飲み会です。あんまり知らない人たちとの飲み。人見知りだけど飲んじゃえばだいじょうぶ…だと思う。

 以前から筆記用具は三菱がえらい!と思っていたのですけど、この間ふと買ったボールペンがすごくて、これは買いたさなければ!と思っています。

これの、いちばん安いやつ。いろんな色があるだよ。いちどお試ししてみつびしの筆記具の良さをじっかんしてほしい。

秋の旅行会

 秋の旅行会に行こうと(といってもまた一人で行くんすけど)思って、調べたらなんだかもう宿があらしまへんねん。どゆこと。
 奈良にも行きたいけど、日数がそんなに休めないんじゃないかという気がしていて、計画をねりなおさなければならないかもしれまへん。どこいこーかなー。どっちにしても日数がなくていつもみたくノロノロと在来線を乗り継いでいけそうにないのがさみしい。