FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

さんぽ

 明日は会社の健康診断です。1か月の出張の成果がどのようになっているかたのしみです。健康診断にそなえて夜散歩に行ってきました。神社の石段を登ったりしたのですけど、おもったより段がたくさんでメマイがしました。

 朝火事があったらしい。昼間通ったらやけこげた家がみえましたが、夜通ったら明かりがついていました。災難ですな。
スポンサーサイト

かえってきた会

 職場で私が戻ってきたことを口実に飲み会がありまして、ソコソコ酔っぱらい。最初はプレッシャーでしたが、すぐにみんな酔っぱらってそれどころじゃなくなったので大丈夫。途中までは主役だったのでしんどかったです。ウチの職場はあまり飲み会がないので、私を口実に飲み会があったのも良いことかなと思いました。

 帰ってきたらつかちゃんが自殺のニュース。友人を数年前に自殺で亡くしているし、自分だっていつそういうことがあるかわからん、とは思うけれど、ショックですね。

はが

 むこうで買ってきたラスク食べたら歯の詰め物がかけてしまった。歯医者にいきました。前の子供がギャン泣き。思えばああいう泣き方はもうできなくなりました。泣く体力も低下しているのかもしれない??

おかえり

 昨晩遅くに帰ってきて、じいさんはもう寝ていました。

 今朝顔を合わせたら満面の笑顔で「久しぶりだなあ」と言われてめちゃめちゃおかしかった。あと、親には、太ったと言われた。確かに体重増えたんすよねえ。でも体脂肪はちょっと減っていた。

かへってきた

 帰ってきました。我が家なのになんだか勝手が違う感じ。いつも出張に行っている人とかすごいなあ。
 昨日まで物がなさすぎる部屋にいたので、ちらけている部屋がわずらわしいです…。家ですらこの違和感、仕事の方は大丈夫だろうか。心配です。

 そんなに遠くに行った気はしないのですけど、高速料金1万円を超えていました。すごー。



最後の週末

 出張最後の週末です。昨日の鳴子温泉がなんだかもう昨日のことのよう…というボケではなく、先週のことのような気がします。
 いっしょに来ている人が先日塩竈に行ってきて、たいへんよろしかった、というので、単独で塩竈に行ってきました。仙台から塩竈まで電車であっという間。でも塩竈駅は海からは遠い。本塩釜に行かなければいけなかったみたい。坂道をぽくぽく歩きました。今日は昨日とうってかわって暑い。ひにやけそうでした。
 塩竈神社にいってみた。着いたのはまだ朝9時過ぎくらいでしたが、すでにけっこうにぎわっていました。何か御祓いがたくさんある日なんだか、ふだんからこうなんだか、赤ちゃんを連れた人などがいっぱい。おみこさんなんかがうろうろしていました。海にかかわる神社らしくて、独特の味わいのあるステキな神社でした。かなりあちらこちら見て回って、お昼近くになってしまった。
shio2.jpg  
shio1.jpg

 駅前でやや遅めのお昼を食べて、港の方に行ったら、なんだか復興市場みたいなのをやっていて、お魚屋さんが何か焼いたりしていて、お腹いっぱいで食べられなくて残念なことをした。あと、なぜだかコスプレの人がたくさんいて場違いな感じでしたな。

 本塩釜の駅のところから電車に乗りました。とりあえず松島海岸までの間で海が近そうなとこがあったら降りてみようと思ったのですけど、結局松島まで行ってしまいました。松島はこないだ来たので遊覧船にも乗らずただうろうろ。雄島に渡る橋が震災で落ちてしまっていたのは残念極まりない。なんとかいう茶室の遺構を見て、あとは海の端のところの淀んだようなところを小魚やカニがいるのを見てまったりしてから、帰りました。仙台に戻って、商店街をうろうろしたあと、軽くお酒を飲んで帰りました。一人で入るにはバチガイなおしゃれな感じの店に入ってしまったのですが、食べ物もお酒もおいしくていい感じでした。


 

なごりおしい

 今日は鳴子温泉にいってきました。お湯が熱すぎてまったり入っていられないけど、適度に寂れた感じがたまらない。前に行った人たちはこけしとか買ってきましたが、私はあまり興味がないので敬遠。でも駅のそばで食べた栗団子はうまかった…。
 仙台に戻って、日本酒のお店に行きました。軽く飲むつもりがすすめ上手のマスター(素面なのに飲んでいるような感じ)と、おかみさんのおかげでそこそこ飲んでしまいました。
 明日はこちらで過ごす最後の週末。なんかうまいもの食べにいきたいなあ。

のこりすくない

おくとーば
 今日はみんなで野球観戦に行くというのです。
 私はまだ体調が万全でないのでだいじをとって、野球観戦までの時間つぶしにだけおつきあいってことで、オクトーバーフェスというやつに行ってきました。私の地元の地ビールも来ていた。ここ旨いんですけど、そこはいつでも飲む気になれば行けるので、ほかんとこのビールを。
 盛り上げ上手なバンドが入って、たいへんな盛り上がりようで、結局野球には行かずにそこそこの時間までビールで盛り上がってしまったのでした。全然だいじをとっていない。ビールには寒い陽気でしたけど、人がいっぱいなのでわりと平気でした。

 こちらの滞在も残り少なくなってまいりました。梅雨入りがうらめしいです…。

 今月は全然書いてないですねぇ。

 こないだの週末から風邪をひいて、よくも悪くもならない感じです。夏風邪かなぁ。

 出張に来ていて、残りがあと1週間くらいになりました。なんだか名残惜しいような、うちに帰ってまったりしたいような複雑な気分です。あと週末1回あるので体調を戻してまんきつしたい。

山寺の・・・

 昨日のことと今日のことを書こうと思ったけど、長いのでわけます。

 今日はどこか温泉場でも探してまったりしようと思っていました。だけど朝から寝坊。昨日は松島疲れで早く寝てしまい、なんの下調べもしていません。あわてて調べていると、温泉地の近くに山寺ってところが…。なかなかすごそうだ。行ってみましょう。というわけで出かけました。知らなかったけど山形県なのね。電車にのってことこと。山の中を電車がはしります。線路わきになにかピンク色の花が咲き乱れていました。

 山寺の駅で降りるといい天気。家を出たときは寒いくらいだったので、長袖を着てきました。これで山寺に参詣とかしたら汗みどろになってしまうだろう…と思ったけど、まあここまで来て引き返すわけにもまいりません。まったりと汗をかかぬように歩きました。登る前の腹ごしらえ…、と、てきとーに選んだ店で(たしか「まいどや」さんっていうお店)おそばを食べたけどなかなかうまかった。
 山寺さんは「立石寺」という名前のお寺さんで、山の上にお堂がじんばんこに並んでいます。下から見るとけっこう壮観です。
 山寺
 写真では伝わりにくいなあ。
 そんで、参詣は石段をぽくぽくと上がっていく。坂というようなところは少なくてほとんど石段だった気が。けっこうキツイです。今日は風が強かったので良いのですが、これが夏とかだと相当キツイと思います。山全体が修業の場とかお墓とか供養の場らしくて、リアルお墓が道のあたりに並んでいます。上の方の岩場には穴ぼこがたくさんあいているのですけど、穴ぼこには人骨が入っていたりするそうです。なんだかわからないけど白いきれいな花が参道脇にたくさん咲いていたり、kまんばちがぶんぶんしていたりしてのどかでしたがスズメバチもいたので注意が必要です。
 仁王門
 山上にこのような仁王門があったり
がけのうえ
 なんかすごい場所にお堂がある。
 あっちのお堂
 谷を越えたあっち側にもお堂があって、ここはすごそうだけど立ち入りができないところでした。なんだかこの上のほうにも建物があったのですけど、昔はこのあたりから落ちて死んでしまう人がいたので入れなくなったと説明看板に書いてありました。けっこう何の手すりもなく高いところに通路があるので、高いとこ苦手な私は山側を選んで歩くようにしていました。

 このお寺は松尾芭蕉が閑かさや岩にしみ入る蝉の声っていう句を詠んだお寺さんだそうで、せみ塚ってのもありましたが、今日はなんだか中学生の集団やらおばちゃんたちやらでにぎやかで全然しずかでも何でもありませんでした。

 帰りに宝物館みたいなところをのぞこうとしたら、その前に松尾芭蕉の像があって、女子中学生が並んで写真を撮っていました。ナニナニその人!カレシ?とか言って騒いでいたのでおもしろかった。

 帰りはまた電車でぽくぽく帰ってきましたが、1時間に1本しか電車がないらしい。ちょうどいい時間に駅に着いたんだけどアブナイところだった。


昨日と今日のこと

 こちらに来てからは週末は出かけています。せっかく遠くまで来たので観光もしよう!って感じで。昨日は松島にいってきました。そういえば日本三景をおとづれるのは初めてです。やっぱり、地震の関係で島が崩れたりしたところがあったそうです。
 先に圓通院というお寺さんにいきました。七福神の庭っていうきれいなお庭がありました。奥の方には、岩を削って作った墓所?のようなものがあって壮観だった。このあたりはあっさりと岩を四角く掘り込んである場所があちこちにあって、どうもお墓か何かにしていたらしい。鎌倉のやぐらみたいなものかしら。瑞巌寺にはものすごいのがあって感動した。
 お昼はそこんとこ出たあたりにあるお店であなごめしを食べました。アナゴが名物らしいので。とてもうまかった。こちらでは食べ物がおいしいです。あとごはんが多い!

 昼ごろの松島遊覧船に乗りました。いいねぇ。さすが日本三景っていうだけありまして、数々の島の間を通り抜けて行きます。島って言うか岩じゃね?って思ったものもありますが。
島

 船でかっぱえびせんを配るとかもめが来るというので、くばっているひとがいて、おそろしいほどかもめがついてきましたが、やつらは目つきが良くない。
 長いコースの船に乗ったので、帰りの波をかきわけていくのが気持ち良くて、日差しもいいし、とても眠くなりました。

 船を降りて、瑞巌寺へ。ここは改修中で主なところは見れなかったけど、東北のこういうところに、こんな昔にこれだけの文化が花開いたってことが不思議な気持ちがしました。博物館のようなところにとてもきれいな仏さんがいらした。それから、あと、さっきも書いた、岩を削った洞窟群がものすごいです!
どうくつ
良いお寺でした。
だるまさん