FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

年末

 年末だけどなんにもする気がおきません。困った。年賀状買ってすらないし。

 おとといの晩は健康ランドに行ってお酒とか飲んで1時ごろまでああでもないこうでもない…。お部屋が取れなくて仮眠室でねた。あんなところで寝られるもんだろうかと思ったけど寝たね。家では一人でねているし、誰かと近くで寝るというのはもうもしかすると10年以上前以来かも。いびきかいていたのを確認された。やっぱりワタクシいびきかくんだなあ。
 あ。お風呂はいっぱいあったけどやっぱり温泉のほうがあったまるなぁ。

 昨日はそのままコメダに行って半日くらいすごした。たぶん店にいた人たちの中で一番長くいた…。

 今日は朝自治会のおしごとをすこしして洗濯をして、今はぼーっとしています。少し片づけないといけないんだけどな。
スポンサーサイト

 クリスマスとかだしなんだかさみしいですね。ワタシを口説くなら今のうちですよ。だれも口説かないか。

 立っておしっこをすると一日に2千何百滴とかの水滴がトイレのどこだかにとびちるんだそうです。
 私はじいさんが病気をしてからじいさんをまねて家では座っておしっこをするようになりました。慣れるとそんなに面倒でもない。外ではたいてい立ってします。床が汚い気がしてズボンを下ろすのに抵抗があるし、飲み屋とかでは前の人がたいがい汚してるし…。男女兼用のトイレで男性が跳ね散らかした後に使う女性はいつも嫌な思いをしているんだろうなあとおもう。

 家ではかならず座ってやります。今度私を誰かに譲るときは説明書に「トイレしつけ済み」って書いておいてください。捨て猫か。

近況

 免許の更新に行ってきました。初一般講習です。そんで今後5年は青免許。むかー。1時間講習があるっていうのでちょっとどんな内容か楽しみにしていた、というか、何かとても勉強になるのかと思ったらそうでもなかった。がっかり。

 あとは三連休中に友人に出したメールの内容が暗すぎて自殺するのかと心配されたそうです。あんた宛に遺書は書かんよ。

 ここんとこベートーヴェンの第9交響曲がやけにすごくきこえていくつかの演奏を聴いている。今の精神には古楽系じゃない演奏の方がしっくりくるんだけど、なかなか「コレハ!」ってのがない。そういえばベーム/ウイーンフィルの70年くらいの演奏をきいてなんて美しい!と思ったけど残念なのはいまひとつ低音部の動きがモコモコした録音なことだなあ。

京都にいってきたこと 最終日

 最終日です。さすがに少し起きるのは遅かった。またホテルのカフェ?で朝食。昨日と同じメニューですけども二日くらいなら飽きない。外は雨が降っています。結局滋賀で買ったビニール傘がずっと役に立つことに。

 どこに行くか直前まで迷った結果、東寺さんに行くことにしました。雨の中をバスと電車で移動。
touji 13
 今まで2回来ていますが、どちらも偶然市のある日に来ていてものすごい人出でした。普通の日に来るのは初めて。こういう日に来るとあらためて建物の威容に圧倒されますなあ。もちろんお堂の中の立体曼荼羅とかも見てみる。カズさんは、仏像の配置とかがよくわからないのでよくわからん、としきりに言っていましたが、建物とかには感動したみたい。京都らしいところに案内できてよかったと思いました。雨は降ったり止んだり。
 そういえば、東寺の駅で何かエスカレーターがらみの騒ぎが起きていて救急車が来たりしていたようだったけど遠かったのでなんだかわからなかった。どきどきしました。

 電車で移動して錦市場へ。うろうろして、京都おでんっていうのをたべました。ちょっと注文して、あとビールとか飲んだんだけど、意外にお腹にたまる。あとはちりめん山椒とお漬物を買って、京都駅に移動しました。京都駅では時間に余裕があるかと思ったけど意外にあわただしい。駅でお土産を買って、2時半くらいの新幹線に乗って帰りました。もう帰るとなると一刻も早く帰りつきたい。いつも帰るのは面倒です。地元についたのは夜8時くらい。地元の店でごはんを食べて帰りました。

 翌日は普通に仕事だったけど二日くらい疲れが残りました。
 あ。あと、そろそろもうちょっといいカメラを購わなければいけないなと思った。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

京都へいってきたこと 2013 みっかめ

 みっかめです。この旅行は毎日集合時間8時でした。8時だよ全員集合。っていってもふたりだけだけど。そんでこの日と次の日はホテルの1階のカフェで500円のモーニングだった。なかなかこれがほどよくてうまい。ありがたい。

 そんでバスで出かけます。いよいよ待望の京都市内観光です。昨日とおとついは山の上ばっかりだもの。
 とりあえず今日は昨日予定していて行けなかったとこも含めてまわります。予定ではもうちょっとあちこち行くつもりだったんだけどけっこうタイトになってしまったよ。

 最初はバスを乗り継いで上七軒へ。この旅行中交通はどこもわりとすいていて移動は順調でした。混んでいたのは清水寺の夜間拝観に向かう四条通りのバスくらいかな。

 1件目は、どうせこっちに行くのならあのきれいなほとけさまを見ようよ、っていうので向かった六波羅蜜寺さん。そういえば向かう途中のバスの中でガイドブックを広げていてふと見たら対向車線でバイクがコケていてすごく痛そうだった。

 六波羅蜜寺さんは昨日大根炊きの行事があったらしくて、かたつけの最中でした。まだテントがたくさん出ているし、机を持ったおじさんたちが右往左往している。
rokuhara1
 本堂に入って柱の解説をカズさんにする。昨日の夜、私と興味の方向が違いすぎることでかんかんがくがくの議論があったせいか感心するそぶりをみせています。ほんとに感心してるのかどうか微妙。でもおかめさんにはえらく興味を示していました。仏像もみました。このお寺の仏像はなんだか気品があって私は好きなんですよぅ。

 そこからまた移動してこちらもカズさんのリクエストの石像寺さん(くぎ抜き地蔵さん)へ。
kuginuki

 一人で行っていたらあまり興味を持たなかったところかもしれませんが、行ってみたらけっこういい雰囲気のところでした。熱心にお参りしている人がいて、地元に根差したお寺さんなんだなあと思いました。
 近くの千本えんま堂さんにも行きました。閻魔様はあんまりよく見えなかった。カズさんは自分で地獄行が決まっているのですこし手加減してくれるようにお願いしたらしいです。私は今のところ極楽往生がきまっていると思っているのですがどうであろう。
 移動途中の細い道路の信号が赤なのにカズさんが渡ろうとしたので「そんなことすると閻魔さまはちゃんとおみとおしだよ!」と言ってやりました。閻魔さまおそろし。このあとも旅行中何かあるたびに「閻魔さまはおみとおしだよ!」って言ってた。

 バスでちょろっと移動して、昨日はお昼も食べられずたいへん悲しい思いをしたのでお昼をちゃんと食べようと、北野天満宮さんの前のとようけ茶屋さんへ。11時ちょっとまわったばかりで、おまけに月曜日なのにもう並んでいます。あまかった。しかたがないので並んで待っています。私は立っていて、隣の見知らぬ女性は椅子に座っていて、たまたま携帯電話のメール?の画面が見えたのですけど、ものすごい罵詈雑言メールを打っていてびっくりした。とようけ茶屋さんのお昼ごはんはお手頃価格でおいしかった。そんでそのまま横移動して澤屋さんで粟餅も食べる。けっこうおなかいっぱい。

 またバスに乗って次の目的地へ。次にむかったのは晴明神社さんです。ここも一人だったら行かない場所だったけどいい雰囲気だった。
seimei
 横の桃のオブジェは最初ちょっとさわったらなんだか気持ちよかったのでだきついて写真撮ってもらった。あほみたい。その横の大きな木にもべったりしてきました。なんだかいやされた。この間車をぶつけたので車に貼る災難除けステッカーを買ってきたよ。ここも思ったより古い建物なのかなあ。

 なんだか雲行きがあやしくなってきたけれどまたバスに乗って移動。なんだかこの日は移動先に便利につくバスがちょうどいい時間に来てつぎつぎ移動が楽でした。

 次はまたカズさんリクエストの安井金毘羅宮さん。残念なことに絵馬堂はおやすみでした。おみくじをひいたり石を潜り抜けたりする。ふたりで開き直ってやってきましたが周囲は女子ばっかりで非常にはずかしいおもいをしました。吊るされている絵馬は前回来た時より格段に黒いオーラが減っていた。

 夕方にはまだ時間があるのですけど、東福寺さんとかに行くには移動してる間にお寺が閉まる時間になってしまう。カズさんが昨日清水寺で地主神社さんに行けなかったので行ってみたい、というので再度清水寺を訪れることにしました。
 昼間の清水寺、昨日ねっしんに見た紅葉は昼間見るともう枯れかかっていていまひとつでした。ただ、お寺の建物はよく見ることができた。今回初めて気が付いたのですが、ここのお寺の扉(昼間は跳ね上げてある)の金具にも蝉の飾り物が付いていました。今度はもうちょっといろんなお寺で注意深く見てみるべきかも。
kiyomizu semi

 地主神社はいわれを見てみるとけっこう由緒正しいところなんですな。どうして縁結びの神様になったのかは謎だったけれども。大勢の人でにぎわっていました。

 そのあとはぐるっとまわって、子安の塔の方に行こうとしたら、清閑寺っていう案内がありました。行ってみよう、というので行ってみたらもうしまっていました。近くに清閑寺陵ってところがあって紅葉がきれいだった。
seikanjiryou

 暗くなりかかってきたので宿に戻って一休みして、夜の部へ出かけました。最初行こうと思っていたお店はなんだかお酒を飲むというよりごはんを食べるところっぽいのであきらめて、京都に行くと毎年伺っている先斗町の某小さなお店に。今回は混み合っていました。二人で食べると意外にお会計が安い。カズさんは地元の飲み屋街のお店みたいだ、という評価でした。食べ物はおいしかったって言ってたけど。

 そこから、その店の店主さんのおすすめで近所のおされバーへ。おすすめだけあっていい雰囲気です。月曜日だからかお客さんも私たちともう一組だけ。ちびちびとお酒を飲みながら話をしていたんだけど、カズさんのグチ攻撃に途中でちょっとムカついてきて、若干険悪な雰囲気になりかかってしまった。飲んでるときにグチとか勘弁してほしい。

 そこのお店の人の紹介でそのあとはラーメン屋さんへ。おすすめだけあって旨い。だけど床は油でつるっつるでした。すごい。

 とぼとぼと歩いてホテルへ戻りました。
 

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

京都に行ってきたこと 2013 ふつかめ

 ふつかめです。朝起きるとあめです。今回の旅行は傘を持って出なかったのでコンビニで調達。モスバーガーで朝食、って思ったらやってなかった。近くの喫茶店で朝ごはんを食べる。食べてると陽が照ってきました。だけどまた降ったりで、不安定なお天気です。電車に乗って移動。途中で乗り換えて、京都をめざす、かと思いきや、今日の一か所目は延暦寺です。二年連続で延暦寺に行く人はそうはおりますまい。

 坂本の町はまだ紅葉がのこっていてきれいでした。石畳もしっとりとぬれていたよ。
sakamoto
 前回来たときは石山寺三井寺と歩いてきたあとだったので、なんだかケーブルカーまでの道のりがえらく長く感じたけど、今回はわりとすぐでした。途中に六角堂のような建物でお地蔵さんがまつってあったのも前回は気が付かなかったけど今回はきがついた。
 ケーブルの駅まで来て知ったんだけど、冬場は京都側に降りるロープウェーやバスが無いんだそう。予定では京都側に降りるつもりだったのに。ちょっと今後の予定が不安になりました。
 ロープウェーは「縁」号と「福」号がありました。カズさんの言うのには今回はえんむすびの旅!ってことなので「縁」号に乗りたい、でも来ていたのは福号でした。帰りは縁号にのるぞーっと言いつつ乗車。
 
 今回も根本中堂はおおきい!!
eizan

中に入って、また蝉の金具をみてきました。内陣の扉にも金具がついていたよ。ただこれが蝉だったのかどうかが、清水寺とごっちゃになってしまっているのです。どちらかは内陣の扉の金具の飾り物が猿(?)と亀だった。
 あまりに寒いので甘酒をのむ。カズさんはちゃっかりおそばとか食べていました。

 他の建物もみて、カズさんが言うには、西塔も見てみたい、とのこと。最初は根本中堂だけ見るつもりだったのに、カズさんの「ナニカをきわめたい」病が昨日に続いて発症です。そして、信長の焼き討ちを逃れた瑠璃堂もみてみたい、とのこと。そっちまで見てたら予定のとこに行けないよ、と言いつつ、私も西塔は見てみたいので行くことにしました。バスがないので徒歩です。西塔まではそんなにものすごく遠いってほどでもなかったけど、途中からかなりきつい坂を下るので、登ってくるのが確実に憂鬱になりました。

 途中にあった「にない堂」 すごくかっこいい建物です。これ見たかったの。
ninai

 ここからまた階段をずっと降りて、本堂らしき建物に到着。とっても叡山はさむいです。とにかくそこここでおしっこに行きたくなる。トイレを探すのに苦労しました。

 るり堂はどこにあるんだろう。カズさんはそこの建物でお札を売っている人に場所を聞いていました。そこから表に出て、さてでは行ってみましょう。あれっ、そっちは逆ではないですか?
 私は話を漏れ聞いていただけなんだけど、左って言ってた気が・・・しかしカズさんは右方向へ。右でいいんですか?でも聞いてた本人が右って言うから右なんでしょう・・・。でもぜんぜん着かないよ。

 逆に戻ったらそれらしき道がありました。案内も何もなく、こんなところに?と思いながら歩いて行くと、やがて見えてきました。
ruri

 これが唯一焼き討ちを逃れたお堂。ちいさいお堂でした。ここまできたという証拠の写真を撮ってひきかえす。もときた道を帰って行くのはしんどすぎる!なんですと?我々の前に可憐なお嬢さんの二人連れが石段をすいすい登って行ったですと?それはそれこれはこれです!それにもうお昼すぎなのに私は甘酒しか飲んでないの。おなかすいたー。
 そんでろくに自動車も通らない自動車道を歩いて行ったらわりと快適でした。さむかったけどね。帰りはあの道をおすすめしますわ。

 ケーブルカーは直前で行ってしまいました。っていうか「時間だ!」って走ったのに駅に着いたらもう影もかたちもなかった。しばらくそこで次のケーブルカー待ち。もう二時半です。ご飯も食べていません。さむいしひもじいです。
eizan eki

 待ったかいあって帰りは「縁」号に乗ることが出来ました。帰りの方が長く感じる。駅にバスがいたのでそれに乗って、JRの坂本の駅まで行きました。こっちのほうがずっと早く京都に着くのね。京都駅について、やっと京都にきたぞー!って感じ。バスの一日券を買って、ホテルに向かいました。もう4時ちかいです。ホテルですこしまったりして、表に散歩に出かける。木屋町を歩いてる途中カズさんは地元から電話がかかってきて長話。私は退屈なので鴨川べりに出て犬を散歩させる人や、鳥が飛んでいるのをながめていました。それはそれでたのしい。

 時間が遅くなったので、バスに乗って清水寺に向かいました。この日は12月8日。秋のライトアップの最後の日です。そんなに人はいないだろうと思ったのに坂の途中からもう行列していました。すごい人の数。これだけの人から400円ずつ取って、いくらになるんだろうなんてことも思ってしまった。いつもこんなに混んでいるのでしょうか。

 kiyomizu n1

 手前の随求堂の戒壇巡りもやってみました。混んでいるので前の人とぶつかりそうになりながら暗闇をのろのろ進む。善光寺さんみたいに錠前を触ったりするのかと思ったらそうではなくて石に刻まれた梵字をさわるのでした。暗いところをさまよって、また明るいとこに出て、うまれかわるという意味のようだけど夜なので出ても暗くて微妙にしか生まれ変わった感はない。カズさんは意味もわからず入ったらしく、出てきてから意味が書いてあるところを見て「これさえ見ていればありがたみがわかったのに!」と悔しがっていた。

 特別公開の月の庭っていうのも見てみた。三浦しをんさんがエッセイで良かったって書いていたし。カズさんは興味が無いっていうのでひとりでみにいきました。ライトアップされた庭園はとってもきれいでした。昼間見ても良い庭だと思う。だけどとにかく人がたくさんで流れ作業的に見せられたので魅力もかなり減。すいているときに見てみたいがそんな時があるんだろうか。見終わって戻るとカズさんはその間に撮った写真に変なものが写った!と騒いでいました。消せばいいんじゃん。だいたいあのあたりは確かお地蔵さんがたくさんあったと思うのでそういうものが写ることもあるであろう。とか言ってみる。

 清水の舞台の上に出てみる。紅葉がライトアップされてきれいだけれどたぶんもうかなり枯葉になってしまっている。お堂にも入ってみましたが暗くてあまりみえません。カズさんは地主神社に行きたかったらしく、閉門した門の前でくやしそうにしていました。そこから先の、脇から舞台が見えるとこはおっそろしく混雑しているのであきらめて坂を下りました。ところどころで写真を撮るなだの立ち止まるなだのの注意が飛び交い、ちょっと殺伐としていた。
 例の場所もカズさんに案内しました。ちょっと写真が曲がっていてすまぬ。
yasaka
 おそくなってしまったのであらかじめ選んでおいた河原町の居酒屋へ。ふつーの居酒屋でした。もうたぶん行かないなあ。お醤油がちゃんと出なかったし。ほどほどの時間にホテルに帰りました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

京都へ行ってきたこと 2013 1日目

 今年もまた京都へ行ってきました。もろもろの都合により12月初旬に。今回はワタクシを何かというと婚活パーティに誘いたがるカズさん(仮名)といっしょです。
 カズさんのお仕事の都合で、朝はゆっくり出発。9時半ごろに地元の駅に集合しました。日頃若干時間にルーズなカズさんであるからしてすこし不安でしたがちゃんと時間には集まれましたよ。ぽつぽつ話をして電車を待つ。カズさんと4日もずっと一緒にいるのは初めてなので不安でいっぱいです。

 電車に乗って移動。最初のうちはいろんな話をしていましたが、だんだん乗る時間が長くなると電車が混んで来たりすることもあり、やや寡黙に。カズさんは喫煙者なのですけど、乗り換えの時に喫煙所を探したりするので、次の電車に間に合うかちょっとヒヤヒヤしました。わりとマイペースですなあ。

 新幹線の乗り換えの新横浜駅で駅弁を物色。新幹線に乗り込みます。カズさんは新幹線久しぶりだそうで、テンションあがっています。窓側に座らせて!とのリクエストにおこたえしました。

 あれこれしゃべったり、うとうとしたりしているうちにあっというまに京都到着です。もう16時近くで、12月初旬ということもあり、拝観時間はあらかた終わってしまっている。神社しかないなあ…、ってことで、まだ行ったことのない伏見稲荷さんに行くことにしました。着いた時には朱塗りの門にしきりに西日がさしていました。
inari1

 とりあえず千本鳥居の方まで歩いて行ってみる。そこからはだんだん上がっていきます。途中まで来たら景色の良いところに出ました。この時点でもう5時過ぎです。地元だと暗くなる時間なので、そろそろ引き返しますか?って感じだったのですが、カズさんは一番上のところまで行きたい、というのです。私は引き返す気まんまんだったのですが、すれ違ったご夫婦連れに、あとどのくらいかかりますか?ってきいてみると「あんたらの足やったら10分かそこらや!」 っていうお返事。カズさんはがぜん元気づいて、じゃあ行こう行こう!とか言い出すの。おっさんあんたいつわしらの脚力をみたんや!私は「暗くなるよぅー。暗くなると何かこはいものが出てくるよぅー」 と脅かしたのですがカズさんはまったく気にするふうもなく、結局一番上のところまで行ってしまいました。一番上のところは何か石碑のようなものがたくさんあってなかなか良い雰囲気。昼間ならあちこち見て歩くんだけれどねえ。

 そこからは別ルートで下っていく。もうすっかり魔物の刻限であります。
inari2
こはい。

 途中、猫があちこちにいるのをからかったりしながら下って行きました。もう歩いている人もそれほどいない。やっぱり夜はあまり行くべきではない場所だと思いました。

 1日目は京都市内に宿が取れず、琵琶湖方面に宿をとりました。ホテルのすぐそばにワタクシの好きな「串八」さんがあるのですが、土曜日ってこともあるのかここも混んでいてかなり待ち時間がかかりますよ、って言われました。予約をお願いして近くのショッピングモールをうろうろする。お部屋を片付けないといかんのですよ!みたいな話をして、戻ってくると席を確保してもらえたので旅行開始の乾杯を。伏見稲荷さんの山登りで汗をかいたのでビールがうまいです。あれこれ話をして、11時頃にホテルに戻って、お風呂に入るとすこんと寝てしまいました。寝ようかなぁ、って思ったところにカズさんが電話してきて「モスバーガー行こうよ」って言われたけど却下。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

かえってきました

 京都から帰ってきました。さっむー!そしてふとった。やばい。細かな報告はまたいたします。

そうだったのか・・・な?

 今日からちょっとだけ京都旅行であります。今日はお宿が取れなかったため滋賀県に泊まります。いつもならもう出かけなくっちゃって時間だけど今回は出発が都合によりゆっくりなのでまだこんなことしています。

 何か音楽を聴こうと思って取り出したのがジョージセルの指揮したコダーイの「ハーリ・ヤーノシュ」と「キージェ中尉」ほかが入ってるCD。ハーリのような旅行になったら・・・って思ったわけでもないけれど。このCDはとてもいい演奏のボロディンの「だったん人の踊り」なんかも入って超オカイドクなんだけども、もともとは確か最初の2曲で入っていたのではなかったかな。

 そんで、このカップリングが他にもいくつかあって、これは、ウソツキの曲の組み合わせだったのか!ってことに初めて気がつきました。もしかしたら違う意図なのかもしれないけど。

 キージェ中尉は好きな曲だけどハーリ・ヤーノシュは冷たい感じがして昔ほどたのしめない。スレてしまったのかなあ。

じゅんびちゅう

 今週末から京都旅行でっす。毎年行っているので今年もまた行きますぜ。初めて一緒に旅行に行くヤローと一緒なのでどのようなことになるのかは楽しみ半分不安が半分です。ちゃくちゃくと準備をしているんだけど明日は飲み会。飲みすぎないように気をつけなければ。どーせ行ったら毎晩飲むんだしさ・・・。
 今回はいくつかお店をピックアップして夜はあまり行動に迷わないようにしようと思っています。ネットで見てノートに地図を書き写しているんだけど、いくら京都中心部が碁盤の目でわかりやすいとはいえ、はたしてこの地図でわかるのかよ!と若干不安。

なんだかなあ

 ここんとこあんまりいいことがないです。
 そう思ってるとだんだん良くなくなるのかもしれないけど、ちょっと続くとまいってきます。前向きに考えないといけないよなあ。

こんがらがって

 最近私生活がこんがらがってわけがわからなくなっていてわれながら収拾がつかない。そういうふうにしているのは結局自分なんだけども・・・。

 部屋の片づけはすすみません。CD整理の中で今まで気づかなかった名演が出てきた、ってパターンは先日も紹介しましたが、またでてきましたよ。クレンペラー/フィルハーモニア管のブラームスの交響曲第4番。速めのテンポでさっそうと演奏していて、しかも骨太な感じがとてもよい。きいていてたのしい演奏です。