FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

いぬ

 先日の雪で道路が凍結しているのでここ数日は徒歩で通勤しています。わるくはない。

 家に帰ってから近所にクリーニングを出しに行きました。途中の家に犬を飼っている家があるんだけど、そこの前まで行ったら突然その犬が駆け出してきてびっくりしました。すごい勢いで私の匂いをかいで戻って行った。びっくりした!

 洗濯物を出して帰ってくるともうつながれていました。手を振ったらなんだかしゅんとした顔をしていた。

 洗濯物を出しに行ってから家の前の歩道の雪かきをしました。20分ほどかけて寒い思いをしてやったら今業者が来て機械で雪をかいています。むだだった。夜なのに機会ががりがりいってものすごくうるさいです。

スポンサーサイト

ゆきでした

 この間タイヤがパンクするというできごとがあったのに書かなかった。タイヤ屋さんで見てもらったらなんと今のスタッドレスタイヤを10年近くはいていたらしい。まだ3年くらいだと勘違いしていた。なんやかんやでえらい出費でさっぱわやでした。

 そんでタイヤ替えたらさっそく雪ですわ。昨日はすこし積もりだしたところを帰って来たのですが、後ろの車のライトがぐりんぐりんしていてものっそいおそろしかったです。たぶん明日は路面がてっかてかです。こわいのですこし面倒だけれどあるいて通勤しようとおもう。そういえば今日は軽く陸の孤島だったらしく昼食を買いにコンビニに行ったら棚ががらがらでした。

しろとどき

 うだうだ言っていたら先日伊豆に行った友人が一緒に行くと言うので今日土偶を見に行ってきました。

 少しゆっくり出かけましたが、うちからかなりの距離です。途中、見たいというので、新府城址に寄りました。お昼時だけれど食事をする場所があまり見つからなかったので城跡の日なたでコンビニで買ったおにぎりをたべた。いろいろ土を盛ったりしてあったけれどどこがどういう役割なのかわからなかった。知識があればきっともっと面白いのかもしれない。真田丸の大河ドラマと関係あるせいかけっこう人がいました。

 それから、北杜市考古資料館ってところに行きました。「北杜の土偶~うつりゆく祈りのかたち~」っていう土偶の特別展をみるためです。通常の展示を先に見たのですが、そうだったのか!というようなことを思ったり、説明を聞いてもいみがわからん!というようなこともあったり、なかなか興味深かった。

 土偶の展示はスペースはそこそこだったけどものすごい数でした。ただ顔の部分はあまり多くなかった。あと、後期になるほどつくりが雑になっている、っていうのが意外でした。
 最初の方でみたちょっと抜けた感じのと、にこやかな感じの土偶がかわいらしかった。ああいう展示って写真撮っていいのかなあ?OKなら撮ってきたかったけどわからないので撮りませんでした。
 こういうのはあまり興味がある人がすくないのかなあ。あんまりお客さんはいない、というか途中から私たちだけで、間違えて途中で会場の電気を消されてしまいました。センサーで自動で消灯するのかなと思ってすばやく動いてみたりしたけどつかなかったので変だなと思っていたら係の人がきて謝られました。以前行った会場では会場に入りたいのに電気がついていなかったってことがあった。もっと土偶がたくさんの人に興味を持ってもらえたらいいなとおもいます。おもしろいのになあ(っていう単純な動機で見ている奴に言われても説得力がないけど)。
 すぐ脇に谷戸城っていうこれも山城の跡がありました。発掘調査をしたとかで土塁のようなものが残っていて興味深かったけれど、その山がなだらかな中にけっこう唐突に「山!」ってあるのが面白いなと思いました。ちょっと調べたらなんだか一帯が独特の地形でちょっと興味深い。

 帰りは私が良く寄っている日帰り温泉に寄って帰りました。たぶん好みが分かれる施設だと思ったけれど一緒に行った友人はけっこう気に入ったようでした。

 そこそこの距離をドライブしてきてなかなかつかれました。陽気が暖かくてほわほわした。

どきどき

 しばらく前から(と言いつつけっこう前からかな)土偶とかはにわとか縄文土器にすこしハマっています。ウチの県ははにわはわからないけれど土偶とか土器の出土はそこそこ豊富らしいです。土偶とかの造形は神秘的でもあるしなんだかかわいらしくもあります。
 何度かそういう特別展なんかにも行ってニヤニヤしているわけです。どちらかというと土偶とかのほうが面白くて、先日行った特別展では土器ばかりだなあ、土偶も見たかったなあと思っていたら 「踊る女性」っていう土器がすごくて笑ってしまいました。

 今月中、県内の某施設で土偶の大量展示をやっているのを知って、行ってみたいと思っているのですけど、ほとんど県内を横断しなければならない。かなり遠いです・・・。

 ちなみに県内でもウチのあたりは文化圏が違うのか、地理的な問題か、そういうものがほとんどない(もしかすると全然ない)みたいです。さみしい。

ひかげはさむい

 昨日今日とほとんど野外に出てへんてこりんな仕事をしています。仕事かっ?というような微妙な作業。外に出て寒風にさらされているせいかお肌が荒れる気がしますよ。
 年明けからあまりデスクワークをしていないので復帰が大変な気がします。

 そして職場の人たちが交替で体調を崩してやすんでいる。気を付けないとです。私は寒い中変な体勢でうろうろしたので少し腰が痛いです。

はいてますよ

 昨日コンビニに入ろうとしたら、後ろから杖をついておじいさんがよろよろ歩いてきました。
 ちょうど入るのに前後くらいのタイミングだったのでドアを開けて待っていたら、大丈夫だよ、と言うのでドアを開放して先に中に入りました。
 店内を少し見てからおじいさんの方を見たら、トイレを借りに来たらしい。通路ですでにしてズボンをすこしおろしていて、下から股引が見えて判決状態になっていました。
 可笑しいようなかなしいような複雑な気分になりました。

 判決て。

 それからここ数年思うんだけど正月の3が日くらいはあんまりお店とかやらないほうがいいと思います。お正月のありがたみがなくなる。昔はお正月はもっとずっとずっと静かで気持ちのいいものだったと思う。

伊豆にいってきたこと

 あけましておめでとうございます。今年はあまり新年のごあいさつをする気分ではないのですけれど、気持ちを切り替えて行きたいと思います。皆様におかれましても平穏な良い年になりますよう。

 それでもって。

 例年、年末年始はほぼ家にいるのです。っていうか今まで飲みに行くくらいで出かけたことはないように思う。
 以前から、伊豆に行きたい、と言っていたのです。20代の頃は毎年数回というような勢いで伊豆に行っていたのですが、もうとんとご無沙汰で、最近海の近くに行きたい、手近なところで伊豆とか、ってすごく思っていて、ことあるごとに伊豆に行きたい、と言っていたのですけれど、そんなら一緒に行こう、という友達があらわれました。年末年始ひまなので(本当はひまではない)大掃除などをほっぽりだして(←やることをやらずにひまと言う)出かけることにいたしました。

 12月30日から31日の旅行です。お互い帰省している家族と話をしたりしたいのでゆっくり出かけよう、ってことになって、お昼頃の出発となりました。昼食を軽く食べて出発。道はすいていて、長岡あたりまですごく順調にすすみました。伊豆中央道の先で道がつまっていました。トンネルの先のトイレで休憩しながら、混んでいるならいそぐ旅ではないから海を見ながら海岸線を通って行こうか、って話になりました。海岸線沿いの方は道があまり良くないし、遠回りになるのですが、うちのあたりは海がないので海をみるのはだいじです。まわっていくことにしました。そこからはちょっと走るともう海です。海岸線沿いをゆっくり走りました。

 大瀬崎でいったん休憩。岬の先までいってみると、海岸には大きなまるい岩がごろりごろりと積み重なっていました。一緒に行った友達はつけもの石にちょうどいいよねえ、と言っていました。ちょうどよさそうな石もいっぱいだったけど、すっごく大きくて丸い石もたくさんありました。海岸をまたぶらぶらしたけれど魚の姿などは見えなかった。
 途中、みかん畑があってみかん買いたいなって思って、帰りに買おうと思ったのですけれど、帰りはそっちを通らず結局買えませんでした。二人であとで後悔した。

 井田っていうところの先に煌めきの丘ってところがありました。若いころ来たときにはこんなのなかった気がする。どのくらい煌めいているのか車を降りてたしかめることにしました。そんなに煌めいてはいなかったけれども、高いところで下に集落がみえて、菜の花なんかが咲いていて冬のような気がしないのどかな風景でした。よくわかりにくいですが奥に富士山がみえています。そして写真は切れてしまっているのでご興味のあるかたはクリックしていただけるとぜんぶ見れます(適当だ)。
kirameki.jpg

 展望台があって、すぐ下に古墳がありました。見て行こうって展望台の階段をくだっていくと、すぐ脇の木に何か小さなかわいらしい小鳥が何羽かとまってチイチイ鳴いていてなごみました。
 古墳はまとまっていくつかあって、一番保存状態のいいものは石棺もあって屋根をかけて保存されていました。たぶん石棺はないけれど私の住む県にも石室のある古墳はいくつかあるのです。先日そのひとつに行ったところ、背の高い雑草がわらわらと生えていて近づくこともできませんでした。ここの保存のしかたを見て、ウチの県でももうちょっとお手入れしてきれいにしておけばいいのになあと思いました。そうすれば一定数の古墳好きが見にくるのにと思います。統計によると全国に古墳好きはおよそ五百万人はいるといわれているそうです。うそだけど。

 さらに進むとだんだん日が落ちてきました。友達は海がきれいだと言うのですけれど、道が曲がりくねっているところを運転しているからゆっくりみることはできませんでした。

 お泊りは土肥ってところです。宿でつまむものなどを買っている間に日没になってしまい、海に夕日が沈むところを見逃しました。山に夕日が当たって凄い色になっていた。
toi.jpg

 泊まるところは小さな民宿です。海まで走れば10秒って感じのところ。夏は海水浴客でにぎわうのだと思います。
 入ってごあいさつをすると、ものすごいおじいさんが部屋の鍵をくれました。部屋に行こうとしたらおかみさんらしき人が出てきて、今の鍵は戻してください。それは外出してるお客さんので、こっちの鍵です・・・。と言って別の鍵をくれました。なかなかしょっぱなからいい出だしで第一印象はバッチリです。連絡していた時間より30分ほど到着が遅れたのですが、来ないので心配していたと言われた。せっかちなので時間に遅れると気になるんだそうで。のんびりした気質のところだと思っていたので意外でしたがみんながのんびりなわけではないのだろう。

 お風呂は5人くらいは入れそうでとても熱かった。でも滞在中ほとんど人には会いませんでした。窓を開けると海からの風が気持ちいいです。お湯は熱いんだけども、泉質のせいか、浴室が涼しいせいか、そこそこ長く入ってものぼせたりしませんでした。

 さっぱりしてから夕ご飯。あまり品数はありませんが地元のおさしみがたくさん出ていい感じでした。宿の人が海につかまえにいくらしいですよ。片づけに来たおかみさんが話好きなのか片づけながらずいぶん長い時間話をしていきました。

 夜になってどこか少し散歩に行こうって話になり、あちらのほうでちかちかしている灯台のほうへ。星がすごくきれいで何回も見上げました。うちのあたりも星はきれいだと思うのですが、もっとずっと近い気がした。地元の人に道をきいたりしながら行きました。途中からはかなり暗くて足元も良く見えず、友人はずりこけたりしました。灯台のあたりは足元のコンクリートの下が空洞で、下が海になっているらしく、足元で波の音がしていてけっこうおそろしい感じがした。

 宿に帰ってお布団を敷いてあれこれ話していたら友人は話の途中ですこんと寝ていびきをかきはじめました。

 夜中に目が覚めてトイレに行ったのですが、友人のいびきがものすごく、なかなかねむれませんでした。うとうとしたあたりで朝です。また海べりをあるいたりお風呂に入ったり、なかなかにあわただしかったです。

 10時頃出発しました。友人が旧天城トンネルを見たいというので出かける。伊豆の踊子を読んで行ってみたかったそうです。旧道に入る駐車場に車を泊めて30分くらい山道を歩きました。けっこう車で上がってくる人がいて、そのたび道の脇に避けなければいけないのがけっこう面倒くさい。途中、雨がぱらついていると思ったら雪がちらつきました。歩いている道のずっと下には川が流れていて、ものすごく大きなひらべったい石があった。その大きさとひらべったさはなかなかのものでした。

 トンネルの中はかなりくらくて、足元をみているとまわりから闇が視界を隅どって来る気がしてだんだんへんてこりんな気持ちになりました。
amagi.jpg
 伊豆の踊り子を読んで行ってみたかったという友人と川端康成は描写がムッツリスケベぽくて好きになれないとかいろんな話をしながら歩いていたのですが、話をしていくとお互いに伊豆の踊り子の内容についてほとんど覚えていないことが判明した。

 帰りはかなり急なところを下ってあっという間にもとの駐車場に戻った。早かったけれどあとですこし足がへんでした。
 そのあとは立ち寄り湯でまったり。川がすぐそばで気持ち良かったです。

 西伊豆はあんまり見るところがない感じです。最近ちょっと横穴墓などにも興味があり、友人をむりくり連れて北江間横穴群ってところに行きました。着いたのは16時をまわるあたりで、そろそろちょっとこわくなるくらいの時間です。車をとめるところがないので、もうしわけないけれど近くの交通がないような道の端に車をとめて歩きました。山をちょっとだけ登るので、どのくらいで着くかなと思ったらすぐでした。目の前にあったのはかなり大きな穴で、中に石棺などがあり、迫力がありました。
 脇の方の大きな穴の中にはくりぬいた穴があって、この中に埋葬がされていたのかと想像したらちょっとおそろしい気持ちになった。ほとんど知識がなく行ったので、どういう人たちが埋葬されていたのかねえ、と言いながらまた山を下りました。足許に枯葉が積もってすこしすべりやすくてこわかった。
ema ana (1)

 そのあとは、もう近くまで来たから最後に沼津でまたお魚を食べて帰ろう、というので沼津の魚市場に行きました。暮の31日なのでもう店がかなり閉まっていて、17時でラストオーダーですよー、っていう店に入って海鮮丼みたいなものをたべました。

 おみやげを何も買っていない。市場はかなり閉まっていたのですこし離れたところで干物などみましたがあまりピンとこない。御殿場近くで友人がチーズを買いたいと言うのでそこに寄ることにしました。ときのすみかっていうところ。行ってみるとイルミネーションとかを盛大にやっていて混み合っていました。男二人でイルミネーションの雑踏を歩いてちょっと恥ずかしかった。

 道が激しくすいていて、それからはかなり順調に地元に着きました。ファミレスでお茶を飲んであまいものを食べて1時間ほどいてから家まで行き、良いお年をーって言って解散。
 運転はつかれましたがかなりまったりと楽しかったです。伊豆はやっぱり良いなあと思いました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

FC2Ad