FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

週末

 ようやっと暖かくなってきました。昨日は大雨だというので思い立って露天風呂に行きましたが(荒天と聞くと行きたくなる)なんだかぐったりして屋根のかかったところにしか入りませんでした。休憩室で本を読んでは風呂に入りして半日ぐだぐだしていた。夕方になったら外人さんが大挙してきたので帰ってきました。いろいろ注意書きとかあるけれどやっぱり外国の人は湯舟にてのぐいをつけたりしていろいろ気になってしまう。

 今日はちょっと出かけたのですが、ひょんなことで、知らない人ですが作家さんとすこしお話をしました。知ってる人はすごくよく知っている人らしい。本読んで下さい、って言われたので今度読んでみなければなるまいなあ。

 今週はプレッシャーのかかる会議があって、そのために先週はけっこう忙しかったです。ここ数日夜中何度か目が覚めるのもそのせいなのかなあ。早く終わりにしたい。先日ある人のブログを読んで、それに引き替え私は最近人間らしい生活を送っているだろうか・・・(冬場は仕事以外は冬眠に近いせいもあるけれど)と反省したり、最近けっこうテンションが低くて大変です。

スポンサーサイト



白煙

 私のお仕事の席はフロアのはずれの方にあってあまり暖房が届いてきません。
 づるい、じゃなかった、古いファンヒーターがひとつ置いてあるのですが、先日来こわれて、うっかり忘れてつけると白い煙が勢いよくぼわぁーっと噴き出してあたりがいちめんセキユ臭くなるのです。こわれている、とわかっていてもついうっかりスイッチを入れてしまったりする。
 ここんところ割と暖かくなってきたのでまあすこしよいのですけれど、早く春が来ないものかなあと思います。

引き続き低調?

 なんだか微妙に忙しくて、やることはやってるし残業もやっているんだけど、やるきがあんまり起きなくて困ります。とりあえずこの忙しさをなんとか乗り越えたいなあ。

 すこし遅く帰ってきて、ちょっと音楽を聴こうと思って、フェドセイエフの指揮したスメタナのわが祖国の第1曲と第2曲を聞きました。へんてこりんな演奏で面白いんだけど、管楽器の音があんまり聞こえなくてもこもこしてちょっとストレスが溜まる気もしました。

 本も読みたいんだけど最近テレビばっかりみていてあまり捗らない気がします。

あったかい

 夜中にすごく風が吹いて目が覚めました。
 先日耳栓を購入したのでこういう時が使い時だ!と思いましたが夜中に起き上がって耳栓をするのは面倒くさくて結局またそのまま寝てしまいましたが、たぶん無意識の間に音を聞いているのか朝は寝不足感がかなりありました。ねむねむ。

 冬場はすごく毎年気持ちがダメになります。冬季うつみたいなものでしょうか。ここ二日ほどばかに暖かいのですがなんだか立ち直れません。これが春になってあったかくなってくると、こんだうきうきしてるのに行動に移せないことでまたヘンテコな感じになります。でもそっちのほうがまだマシかもなあ。
 なんだか音楽を聴く気力があまりなくて、最近すこしごぶさたでしたが、今はむりくりショスタコーヴィチの交響曲第5番とか聞いています。あまり耳に入って来ない。クラシックは聞いていないけどでもそういえばヘンテコな音楽は聞いているな。

池袋演芸場 2月上席 昼席 2016/2/1

 昨日のノラやさんの落語会から、そのまま高円寺にお泊り。朝は高円寺から中野まであるきました。とくに変わったことはなかったけれど、中野の駅のところをあるいてこのあたりに犬がいっぱいいたのかななんてことを思ったりしました。

 中野から池袋に移動。とにかく肩こりが昨日からひどいのでマッサージに。いつも行っているところは12時からでそこに行っていると寄席にはまにあいません。いつもと違う初めてのところに行ったら台湾の人?の女性が微妙ななりで出てきたのでちゃんとしたお店なのか心配になりましたがだいじょうぶでした。足で踏まれるのですな。台湾系だと一度足つぼをぎゅうぎゅうされたい。

 そういうわけで寄席には少しだけ遅れていきました。平日なのにけっこう混んでいました。

 古今亭始 鈴ヶ森
 桂やまと 近日息子
 江戸家小猫
 林家木久蔵 猿後家
 古今亭志ん橋 居酒屋
 林家ペー
 柳家小はん 二人旅
 柳家三三 高砂や
 翁家社中
 柳家さん喬 天狗裁き

 仲入り

 古今亭志ん橋 手紙無筆
 柳家はん治 ?
 柳家小菊
 古今亭志ん輔 佐々木政談
(敬称略)

 小はんさんの出囃子とか翁家社中の後ろとかで出囃子で歌っている人がいたのですけど、すごくいい声でききほれてしまった。そういう感じのお囃子が前からいたかなあ・・・。

 帰りは仕事帰りのサラリーマンにまじってぺいいちひっかけて帰りました。

第304回ノラや寄席 三遊亭遊雀独演会 2016/1/31 高円寺ノラや

 広小路亭の講談の定席から移動。すこし時間が早くついたので高円寺の町をぶらぶらしました。商店街を歩くといろんなものが売っていてまことに興味深い。地元ににぎわってぶらぶら歩ける商店街があるっていいなあって思ってぼうっとしてしまいました。

 そんなわけでノラやさんにはすこし遅く着いてしまった。すでに前の方しか席が空いていないの。座高が高いのであまり前の方には行きたくないのです。後ろの人のごめいわくになるといけないので。でも今回はあまりにつばっかぶりすぎてあまり邪魔にはならなかったかな?

 三遊亭遊かりさん「強情灸」
 前にも聞いている気もする。もうすぐ二つ目なのですけれども、どういう二つ目さんになっていくのかなーって思いました。

 遊雀さんの1席目は「四段目」 たぶん普通にやっていたと思うんだけど、ずいぶん短く感じた。なぜなんだろ。定吉のキャラがすごく遊雀さんらしくて楽しいネタです。続いて「看板の一」こちらは実際にけっこうあっさりやっていました。

 中入りをはさんで、なにかなーっと思っていたら「三方一両損」 あんまりいじらないですっきりとやっていて、噺の力だけでけっこうたのしみました。たっぷりした一席。

 打ち上げはいつもどおり、今回は差し入れのお酒もふんだんで、たいそう飲みましたな。高円寺演芸まつりの手ぬぐいを販売していたので一本買いました。とつかりょうこさんの絵の入ったかわいらしい手ぬぐい。みなさんが遊雀さんのサインをいただいていたのでわたくしもいただいてしまいました。遊雀さんはサインをするにも絵とかぶってはいけないと気を使ってちいさいサインを書いてくれました。

 そのあとはノラやさんで二次会。かなりの人が移動してきて二次会です。またいろんなお話が出て遅くまでわいわいしました。いつもたのしい。

日本講談協会1月定席 2016/1/31 お江戸広小路亭

 講談のカテゴリが無いので落語で分類。

 昼間、どこに行こうかなーっていう選択肢のなかでいろんな事情でここに行くことにしました。ちょっとはじまりがおそいのでお昼ご飯の選択肢もひろがりがちです。今まで行ったことが無いところに行ってみるというテもありましたが、上野でなかなかスキなのに時間の関係でなかなか行くことのできない伊勢ろくさんで親子丼をたべることにしました。たまごがとろっとろだよ。

 そんで広小路亭のほうは入ったらわりとすぐに神田みのりさんがでてきた。最初はずいぶん入りが悪いのなと思ったけれどだんだんと混んできたよ。

 講談の方はあまり詳しくないので演目とかは書けません。出演者は敬称略で

 神田みのり
 神田紅佳
 神田松之丞
 神田阿久鯉
 神田昌味
 神田鯉風

 仲入り
 神田紅
 神田松鯉

 松鯉先生は寛永三馬術から出世の春駒です。目玉がぽーんとはならない。

 鯉風さんっていう人と紅さんが面白かった。紅さんは最初に黒田の殿様が真田の話ばっかりじゃなくてワシの話もしてくれよーって泣かれたので黒田節の話をしますって始めました。そんでやっぱり真田の話も、って。のほほんとして楽しかった。黒田の殿様が夢に出てくるなんて、しりあいなのか。
 今日は松之丞さんは自分でついったであらっぽいって言ってた。あらっぽいのか。そのせいかちょっと途中ついていくのに苦労したけれどもな。相変わらずたのしい。

 講談もちょっと色物が入ると気が変わっていいのかもなあ。

 電車に乗ってつぎの場所に移動。えらく肩がこるので神田でマッサージに寄ろうと思ったら混んでて入れなかった。