FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

N響JAZZ at芸劇 2017/8/19 東京芸術劇場

 上野から山手線で移動。ほどほどの時間に着いて、ねむけざましのコーヒーなどを飲んで開演をまっていました。お客さんはかなりの入り。売り切れだったという話もなんだかきこえました。

 最初はショスタコーヴィチが編曲した「二人でお茶を」 ヤルヴィが指揮したCDを持っていますが、ふだんそれほどきいていないので、こんな感じだったかなあ、と思いました。あまり面白いものでもないように思う。ちなみにこのCDにはあとショスタコーヴィチの交響曲第9番や、祝典序曲が入っているのですが、どちらもすごくいい演奏だと思います。

 続いてショスタコーヴィチのジャズ組曲第1番。これはちゃんと聴くのは初めてかも。ちょっと面白いけど、前の曲も含め、ショスタコーヴィチらしさはすこし薄い気がします。あーでもピアノ協奏曲とかもこんな感じかもなあ。

 チック・コリアの「ラ・フィエスタ」 という曲。コリアがオーケストラとやったバージョンを再編曲したとかいうもの。塩谷哲さんが前の曲に続いてピアノを担当。前の曲ではあんまり目立たなくて、なんだろ、と思っていたけどこの曲はバリバリ弾いていました。正直、よくわかんなかったなあ。もっとオケとピアノがからむのかなと思ったんだけどそうでもない。アンコールで塩谷さんが自作の曲を1曲。思い出したけどここまでの前半、隣の人が頭をぐりんぐりん振り回しながら居眠りをしていたので気になって気になってしかたがなかった。

 休憩を挟んでバーンスタインの「オン・ザ・タウン」から3つのダンス・エピソード」 なかなかいきいきした演奏でたのしかった。続いてバーンスタインの「ウエストサイド物語」 からのシンフォニックダンス。速めのテンポでいてメリハリの効いた楽しい演奏でしたが、そのぶん全体にちょっと腰がかるいかなあ、って気がしました。最後の曲だけすごくしんみりと美しくて印象的だった。

 アンコールでもういちど「マンボ」の部分。先ほどの演奏の時にもそうでしたが、マンボの掛け声の時にチェロを回すなどしていました。

 前半ショスタコーヴィチ、後半バーンスタイン、間にチック・コリアの曲という編成でしたが、全体にはなんだかクラシカルな感じであったなあ、と思いました。

 19時前には終演。表は雷が鳴ってすごいです。すこしごはんを食べて高速バスで帰りましたが、途中高速道路ののり面が崩れたとかで通行止めになっていて、一般道を迂回したりしたので帰りが遅くなりました。こんなことは初めてだなあ。高速で渋滞にはまりましたが、路面をたたく激しい雨と、びかびかする雷を眺めて飽きなかった。

 高速バスのバス停から家までは、むこうお山のほうから黒い雲が出て、ぴっかりぴっかりと激しく光っていましたが、結局雨は降らなかったようです。
スポンサーサイト

日本講談協会8月定席 2017/8/19 お江戸広小路亭

 この日は、夕方からNHK交響楽団の演奏会だったのですが、昼間時間があったので、広小路亭で講談をきいてきました。演目はメモっていないので出演者とあらましのみ。

 神田みのり
 神田紅佳

 神田蘭
 神田鯉栄
 神田鯉風

 仲入り

 神田紫
 神田松鯉
(敬称略)

 いつも割といっぱい入っているのに今回はあんまりお客さんが大勢じゃなかった。
 みのりさんはなかなかいい感じー。顔だちもよいですねえ。
 鯉栄さんは誉れの梅花。安定感がすごいのです。この時期に梅の話かー。蘭さんも家光公が出てくる話で、キャラの違いにちょっとふわふわした。
 鯉風さんは飄々としているかんじ。神崎与五郎のわび状の話。こういう話は多かれ少なかれあるような気がして、ききながらいろんなことを考えました。

 トリの松鯉先生は四谷怪談の発端でした。初めてききましたがすげえ話だなあ。真景累ヶ淵の宗悦殺しやら、スウィーニートッドとかを思い出す話でした。時間的には35分くらいだった気がするけど、なんだか圧倒された。

こんしゅるじ的な

 なんだよこんしゅるじって。

 9月に台湾を再訪したいとおもっているのです。何も考えずに行くとろくなことはない気がするので、行き先やなんかをいろいろ調べています。
 京都やら会津やらに行った友達と出かける時も行く先を考える係だし、そのほかは一人で行くので行くところは自分で考えなければいけません。結局ネットや何かをみて、ここが面白そう、と思って訪れることになります。
 だけれども、そうするとだいたいこんな感じのものがあるということを先に知ってしまうのがとても残念な気がします。予備知識なしに訪れた方が多分感動もひとしおであろうとおもう。ただ、誰かに引き連れられて行った場合は個人的にすごく面白ポイントを外されるおそれもある。私の好みを知った上で、旅程を組んでくれる人がいないかなあと、行く先をあちこち探しながら思います。まあ、こうやって行き先をあれこれ探したりするのもたのしみのうちなんでしょうけれどもな。