FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

今年のまとめ本のこと。

 本のことを書こうとして、台湾に行くだか帰る飛行機の中で「本能寺ホテル」 って映画をみたことを思い出しました。いろいろ。

 本は75冊くらい。割と今年前半に読んだものに当たりがまとまった気がしています。あとは、好きな作家のパトリシア・ハイスミスを何冊か読み直した。面白いです。最近何冊か訳しなおしたのが出ていたりするみたい。「変身の恐怖」 の吉田健一氏の訳は名訳とされているみたいだけど読みづらかったのでまた新訳で出ないかなあと思ったりします。

 印象に残った本。

森見登美彦 「聖なる怠け者の冒険 」
 京都の実在のちいさな神様が出てくる、祇園祭を舞台にしたおはなし。その、ちいさな神社に行ってみたくなりました。ゆるくて不思議な話で、気持ちもゆるゆるする。森見さんの描く祇園祭を読んでいると、とても幻想的なうつくしいものに見えてきます。

スティーヴン・キング「11/22/63 」
 長い!けれど、どうなるのだろう、というどきどきで引っ張って行く。うまいですなあ。ケネディ暗殺事件を阻止しようとするタイムスリップものです。タイムスリップに一定の縛りがあるのと、恋愛がからんで物語に緊張感がうまれます。ホラーとかじゃないので、はたして面白く読めるのかなと思いましたが、その心配はご無用でした。

久坂部羊「悪医」
 がんにかかったときにどうするか、久坂部氏の小説はどきどきさせながらいつもいろんな問題を提起しています。これまで読んだ久坂部さんの小説はミステリーの要素を含んでいましたが、これは完全に医師と患者の物語。現役医師で作家という人は時々いるようですが、みんな描写が容赦ない。この話も描写がきついので身内をがんで亡くした人とかは読むのが辛いと思いますが、もし自分ががんで余命宣告されたら・・・と、考えさせられました。おすすめ本です。

松原 始「カラスの教科書」「カラス屋の双眼鏡」
 松原さんはカラスの研究をしている人。カラスの生態や、調査中のエピソードなどをユーモアを交えて書いています。非常にお話がうまい。私は外でカラスも含めて鳥がいたりすると見てしまうのですが、この本を読んでからは、あの木にカラスの巣がありそうだ、なんて思ったりするようになりました。身の回りの生き物がちょっと気になりだす、とか、ちょっとカラスかわいいかも、って思い出すような意味で、ちょっとだけ人生が変わりそうな本。すごくおすすめです。

森見 登美彦「有頂天家族 二代目の帰朝」
 前作のほうが好きですが、なんと三部作だそうなので、続いて読まねばなりますまい。前作より少し重い気がしますが、続く第3部が気になってしかたがありません。アニメ化しているようだけれど、読みながら頭のに描いている絵柄と全く違う。もっとふわふわしている話だとおもう。

穂村 弘「蚊がいる」
 歌人の穂村弘さんのエッセイ集。たぶん、それってあるある、と思うようなことが多いから面白いのかなあ。居酒屋のトイレのドアを。がっ、と開けようとしたら誰か入っていて開かなかった、という時の気持ちを書いた部分があるのですが、あまりに的確にひとことで書かれていて、そうそう!とか思う前に爆笑してしまいました。

宮部 みゆき「荒神」
 新聞連載のときは読まなかった。だいたい新聞連載って読まないんだよなあ。今読んでる新聞に津村記久子さんが週末だけで連載しているんだけど、ぜんぜん読んでないし。
 この話は時代ものだけれどゴジラみたいなのが出てくるのでなかなかダイナミック。こういうお話が実際あったとして、残っていくと悲しい民話になるんだろうな、とか思いました。とはいえ泣けるような話ではない。そしてやっぱり宮部さん話の運びが絶妙だなあ。

今村 夏子「こちらあみ子」
 なんだろうこわい、という感想。発達障害のようなこどもが主役の話なんだけど、悪気がなく周囲を巻き込むさまに、どことなく破壊神のような神々しささえ感じる。短編3編が含まれている本ですが、あとの2編もほのかにずれていて変。なんともいえない後味を残すので、本好きの間でじわじわと評価が高いらしいけれど、納得な感じです。

垣根 涼介「光秀の定理」
 明智光秀が出てくる話だけれど本能寺はほとんど出てきません。面白くて台湾旅行にまで持って行ってしまった。おそらく架空の人物である二人がメインで、なんとも魅力的な人物なので、惹かれます。光秀がいなくなった最後の方がちょっと尻すぼみだったかもしれない。面白そうな作家さんだと思って現代ものを一冊読んだけれどそちらは合わなかったです。

津村記久子「ウエストウイング」
 津村記久子さんは完全に好きな作家さんだなあ。この本はかなり長いのです。どことなくさえない感のある女性と男性と子供、とビルヂングを軸に物語が展開します。後半では、私が初めて読んだ津村さんの小説「とにかくうちに帰ります」 のような大雨が降ってきて・・・。ちょっとしたエピソードが積み重なって、人がつながって、いろんなやりとりをする、そういうのが、あたりまえの社会なんだろうなあ、というようなことを、ちょっと思ったのです。

窪 美澄「晴天の迷いクジラ」
 窪さんもここのところとても気になる作家さん。かなり辛い話ですが、みるみる引き込まれていきました。単純にハッピーエンドとは言えないけれども、なんとかなるのであろう。

相場 英雄「震える牛」
 今年最後に読了したのがこれかー!食品偽装だの大型ショッピングチェーンだの、いろんな問題をがーっ、と提示して、それにからむ殺人事件を追う話。圧力をかける上司が出てきたり派閥が出てきたり、前半は警察ものだけれど、警察を舞台にしたお仕事小説みたいだな、と思ってすごく面白かったです。

 昨日あたりからは西加奈子さんの「サラバ」を読んでいます。最近読むのが遅くなってなかなか進みません・・・。

スポンサーサイト

今年のまとめいろいろ

 今年はもう本も読み切りそうなのがないのでいろいろまとめてしまおうと思います。

 今年は特にコンサートに行っていない気がする。落語もそれほどきいていないかなあ。数少ない行ったコンサートで面白かったのはジョナサン・ノットが東京交響楽団を指揮したストラヴィンスキーの春の祭典と、12月にデュトワがN響を振ったラヴェル。デュトワはトラブルになっているけれどどうなるのだろう。むかしは、芸術家は性格がサイテイでも芸術が素晴らしければ、別に性格に触れる機会があるわけじゃなしかまわないわ、と思っていたのですが、自分が歳を重ねるにつれてそうでもなくなてきたような気がしています。デュトワは好きな指揮者なので事実なら残念ですなあ。

 映画は6本しか見ていない。あまり印象に残ったものはないです。スコセッシの「沈黙」 がそれなりだったかなあ。山内ケンジさんの「テラスにて」 をかなり期待して見に行ったんだけど、ちょっと好みじゃなかった。気になる監督さんですが・・・。

 落語はあまり多くないけれど相変わらず遊雀師匠中心。あとなぜだか金馬師匠のトリを聞く機会が割合からいうと多くて、どれも面白かったです。ほかにはどちらも夏にきいた柳家小里んさんの「樟脳玉」 落語ではないけれど講談の神田松鯉先生の四谷怪談がとてもよかった。小里んさんはもっとたくさん聞きたいと思いました。

オルガンをきいてきた

 昨日はオルガンのコンサートを聞いてきました。なんだかんだでお昼ご飯が遅めになってしまい、15時からのコンサートだったのでねむくなるかと思いましたが大丈夫でした。ソプラノの人がゲストできていて、ビブラートをかけない歌い方でとてもきれいだった。知らない作曲家の曲がいくつかあって、そのうちのいくつかは聞いていてもよく理解できなかった。
 演奏する人の脇にストップをいじるお手伝いの人が丸椅子に座っているのだけれど、立ち上がってそこを通る時に足が椅子に当たってゴトゴト音がしていて、もうちょっと音のしない、いい椅子はなかったものかと思いました。

NHK交響楽団 第1873回定期公演 2017/12/3 NHKホール

シャルル・デュトワ指揮 NHK交響楽団 第1873回定期公演 2017/12/3 NHKホール

 デュトワの指揮でラヴェルづくしのプログラムと言うことで、すこしいい席を取りました。お客さんもたくさん入っていましたよ。

 古風なメヌエット
 クープランの墓
 左手のためのピアノ協奏曲(ピアノ ピエール・ロラン・エマール)

 休憩
 道化師の朝の歌
 スペイン狂詩曲
 ボレロ

 左手のときすごく眠くなってしまったけれども、どれも色彩的できれいだった。後半のほうがはっきりきけたな。クープランの墓は一時期好きな曲だったけれど、今回はよくわからなかった。少しねむくなっていたのかも。後半のほうが楽しめました。N響も健闘していて満足です。デュトワ氏はやっぱりうまいな、と思いました。

 おそとに出るとケヤキの木にいちめんに青い照明がぴっかりぴっかりしていて、きれいだけれど目が痛いようだった。ずっとむこうのほうに、すごくすごく大きな月がのぼるところで、そちらのほうが気持ちがやさしく美しかったなあ。


 

鈴本早朝寄席 2017/12/3

 早朝寄席もたぶん久しぶり。入りはまあまあかな。

 柳家小かじ あくび指南
 林家扇兵衛 狸の札
 柳家花ん謝 中村仲蔵
 古今亭朝之助 寄合酒

 小かじさんのは一之輔さんの型だとおもう。一之輔さんのは一朝さんのかなあ。よくわからない。
 本来の出演順はわからないけれど花ん謝さんが出てきて朝之助さんがまだきていない、と言う。たっぷり中村仲蔵を。てことは花ん謝さんがトリの予定だったのだろうな。
 ちょっと仲蔵が若すぎる気もしたけれどなかなかの熱演できかせました。そのあと朝之助さんが出てきて、陽気に寄合酒で笑わせました。なんだか最後すこしパワーが落ちてしまった気もしたけれど、なかなか楽しい一席でした。最後に人情噺でしんみり締めるのもアレだけれど、こういう並び順も楽しいと思いました。

上野鈴本演芸場 11月上席 昼席 2017/12/2

 今年はかなり落語聞いた回数が少ないように思います。そして寄席で聞いたうちの何回かは金馬師匠がトリの番組だった。今回もそうです。

 前座さんは誰だか忘れてしまった。狸の札かなんかやったんだけど、声も小さくてなんだか聞いていてしんどい気持ちがした。

 三遊亭歌太郎 にわかに
 翁家社中
 三遊亭金朝 孝行糖
 古今亭菊丸 ふぐ鍋
 ホンキートンク
 三遊亭金時 高砂や
 桂南喬 千早ふる
 柳家小菊
 五街道雲助 代書屋

 仲入り

 ロケット団
 宝井琴調 徳利の別れ
 古今亭菊太楼 子ほめ
 ペペ桜井 
 三遊亭金馬 品川心中
 (敬称略)

 菊丸さんの陽気な「ふぐ鍋」 が良かった。金馬さんは延々と品川についてのマクラをふるので、品川心中なんだろうけれど、時間は大丈夫なのかなあ、と心配になりました。なんだかでもおじいさんの昔話は面白い。結局、お染に突き落とされて鼻からダボハゼが出てくるところまででしたが、満足でした。
 金馬さんの話は、聞きなれたネタでも演出がちょいちょい違っていることが多い。なぜなんだろう。今回も親方の家におかみさんしかいなかったり、海に突き落としたあとお染が金造をかわいそうだ、と言ったり、いろいろ違っていました。
 あとは南喬さんの飄々とした千早ふるが楽しかったかな。

 終わってバスに乗って移動して大学からの友人とのみました。バスもそうだったけどどこも人が多い気がした。師走だからかな。

FC2Ad