FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

サカリ・オラモ指揮 BBC交響楽団 2018/3/11 サントリーホール

 なんだかサントリーホールに来るのは久しぶりな気がします。途中で地上に出てみたらどこだかわかんなかったけれど見覚えのある場所に出たのでそのまま歩いていった。
 オーケストラの斜め後ろくらいの席でした。

 ラフマノニフ ピアノ協奏曲第2番  ピアノ 小菅優
 アンコール ラフマニノフ リラの花

 休憩

 マーラー 交響曲第5番
 アンコール シベリウス アンダンテ・フェスティーボ
         シベリウス ペレアスとメリザンド 間奏曲

 席のせいか前半はオーケストラの方がかなり勝っている感じだった。良く全体像がつかめなかった。そうして、前日遅くまで飲んでいたせいかねむかった。
 この眠気が後半まで続いて、マーラーの絢爛豪華な響きがしているにもかかわらず眠くてこまった。サカリ・オラモさんはあまりマーラーの音楽をおとろしく鳴らそうとかしていない感じ。とにかく楽譜から音を鳴らそうとしている感じだったので、わりに明るいマーラーだったと思います。弦楽器は太くて美しいし、管楽器もごうせいに鳴っていて、ほんとうに響きを堪能できる感じだった。そのわりに細かく計算もしていたようで、指揮をしながら思わぬパートに指示を出すと、そこがぐっと前に出てきて響きが充実したりして、きいていて面白かった。こんなに眠くなければかなり楽しめたと思います。もったいなかった。

 終演後はすごい拍手で、オケの人たちはステージで記念写真を撮ったりしてたのしそうでよかった。
 
スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

朝練講談会 お江戸日本橋亭 2018/3/11

 前日ちょっと飲み過ぎたもので、朝すこし辛かったけれど、せっかくなので行ってみることにしました。

 宝井梅湯さん 名刀捨丸の由来
 一龍斎貞寿さん 赤穂浪士本伝 浅野内匠頭刃傷、切腹

 梅湯さんの話は、そういうことだろうな、と思ったけれどちょっと良い話のように思われた。貞寿さんは花粉症でつらそうでした。事件の経緯は諸説ある、ということだったけれど、実際はどうだったんだろうと思います。もうちょっとしかし我慢できなかったのだろうか。

上野鈴本演芸場 3月上席 昼席 2018/3/10

 土曜日の鈴本演芸場に行ってきました。御徒町についた時にはもう11時半くらいだったので、あっさりとお昼をすませ、鈴本に向かいました。顔ぶれからしてそれほど混んではいないだろうと思ったけれど、もうかなりの列ができていました。私の後ろに並んだ方もご通家さんで、よくお顔を見かける方でしたが、この列に驚いていました。落語ブームなのかねえ。

 柳家小たけ 道灌
 柳家小はぜ まんじゅうこわい
 柳亭こみち たいこ腹
 春風亭一之輔 真田小僧
 ホンキートンク
 柳家一琴 牛ほめ
 柳家甚語楼 犬の目
 伊藤夢葉
 春風亭一朝 蛙茶番

 仲入り

 にゃんこ・金魚
 五明楼玉の輔 宮戸川
 三遊亭金馬 親子酒
 林家二楽
 柳家はん治 背中で老いてる唐獅子牡丹
 (敬称略)

 印象的だったのは一之輔さんの、力の抜けたような語り口で妙におっかしい真田小僧。それから、最初の芝居の説明をずっと抜いてやった一朝さんの蛙茶番。同じ内容で、やる人によっては相当シモに聞こえるような気がしました。
 金馬さんの親子酒、いつもながらふわっと引き込まれて、楽しいひとときです。短いながらうれしい時間でした。

 夜はお友達と飲むため、御成街道を上野駅方面へ。上野公園の入口の、いつも早い桜が、もう開きかかっているようでした。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

ぶんがく亭寄席 柳家喬太郎独演会 2018/3/7

 落語に興味があるけれどナマできくのは初めてという職場の後輩と行ってきました。いろいろ道中おはなしをしながら。仕事のあとに行ったので到着はギリギリでした。喬太郎さんをきくのはかなり久しぶりではないかな。

 最初は「茶代」 という噺。初めて聞く噺です。小噺に肉付けをしたような感じの、どうということはないネタ。続いて「北欧探訪記」 ってなっていましたが、北欧に公演に行ってきたときのことを話しました。かなり長かった。オーロラをみてきた。サバの皮のところみたい、って。どうなんだろうじっさい。

 中入り後は何をやるのかなと思ったら「牡丹灯篭 本郷刀屋」でした。ここから長い牡丹灯篭の噺が始まる。話としてはたいした筋書はない部分なんだなあ。牡丹灯篭は岩波文庫で全部の話を読んでいるんだけれど、これからどんな話しになっていたのかかなり忘れています。圓朝の時代から、いまの喬太郎さんの噺に、時代に連れいろいろ変わってきているんだろうなと思います。喬太郎さんは緩急つけて、笑いもうまく入るように演じていました。春に怪談?っておもいましたが、中入り前の漫談で笑い疲れている空気だったので、こういうネタのチョイスはよいよなあ、と思いました。

旅行まとめメモ

 今年は3月だがまだ旅行行っていない、ということで、いつもそんなに旅行行っているのかな、と思って、ここ5年ほどの旅行をまとめてみることにしました。その前はほとんど京都奈良にしか行っていない。だいたいの月で拾っているのでちょっと違うのもあるかも。

2013年  ◇1月 仙台  2月 福岡  9月 鎌倉  ◇12月 京都

2014年  ◇7月 愛媛(大三島)-広島(宮島)-大阪  ◇8月 仙台  9月 京都  ◇11月鹿児島・熊本

2015年  5月 京都  ◇8月 愛媛(大三島)-姫路-奈良-京都  ◇9月 金沢  ◇12月 伊豆

2016年  ◇6月 伊豆  ◇6月 会津若松  ◇9月 京都  ◇12月 伊豆

2017年  ◇1月 京都  5月 三崎  9月 台湾  11月 滋賀  ◇12月 伊豆


 ◇がついているのは誰かと行ったのです。意外と一人で行っていないのだなあ。とはいえ昨年は遊んでくれる人がいなかったのでほとんど一人でしたが。昨年は一人で出かけすぎだなあ。

 今年も一応お仲間との旅行の予定があります。どこ行くのかまだ決まっていないみたいだけれども。京都には行きます。あったかくなってきたからそろそろどこかに行きたいです。

たべられるから

 先日、月に1度くらい行くお店に友達とお酒を飲みにに行きました。
 いつもそこでは定食を頼んで、それをおつまみにお酒を飲んでいるのです。

 わりとよくたのむメニューを、たまには違うものにしようと思って、別のものを頼みました。お店は混み合っていてすこし出てくるのに時間がかかって、頼んだ食べ物がいざ来てみたら、いつも食べてるやつだった。
 頼んだのこれじゃないです、どこか他のテーブルと間違えたのでは、と聞いたら、どうも単純に作り間違えたらしい。作り直してきます、というので、作り直すんならこれでいいです、と言ってそのままたべました。
 一緒に行った友達は、やさしいねえ、とか言っていましたが、なんとなく自分の中の気持ちとしては、作り直すなんてなんだかもったいない、おやさい高いんだし、みたいな気持ちがありました。あとで、もし作り直すんだったら、私のところに来たあれは誰かが食べたのか、それとも捨ててしまうのだったか、誰か食べるんだったら別にもったいなくなかったなあ、でもそこまでお店の人に確認できないしなあ、なんてくよくよ思いました。いろんなことをこういう感じでくよくよ考えます。くよくよっていうニュアンスかわからないけれども。

 ここ数日外食ばかりでふとりました。この間は初めて赤からっていうお店に行った。とんがらし系の辛さにはいたって弱いのですが、そんなに辛いと思いませんでした。だけどあとで胸やけがして、ビロウな話ですが翌朝おけつが痛かった。