FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

真鶴にいってきたこと

 昨日は友人と真鶴に行ってきました。以前からちょっと行ってみたいと思っていたのです。箱根湯本のあたりを抜けて行くのですが、ものすごい人だった。車もかなり渋滞していました。混んでいなければわりとすぐに行けそうなのですが、けっこう時間がかかりました。サンデードライバーというのか、運転がこわい車もけっこういて大変でした。

 途中、石垣山一夜城という看板が出ているので寄ってみることにしました。車で山を登って、まだかなあ、という頃についた。太閤はんがつくったという例のアレでして、思ったより見事な野面積みの石垣が残っていました。井戸曲輪というところの石垣はとりわけよく残っていて、底の方には今もみずが湧いているそうです。一緒に行った友人が、水が湧いていると言うので、のぞき込んでみると、底の方にかすかに水面が湧き水のあるようにうごめいているのがみえました。
ichiyajo.jpeg


 そこを出て、また渋滞でした。途中少し道を間違えて細い所を通って、真鶴の半島の途中でお昼を食べました。漁港のようなところで、舟がつくようなところから海を覗き込んだけれど何も見えませんでした。
 お昼は地元のおさかなを食べた。なんという魚か忘れてしまったけれど脂の乗ったのがうまかった。高級魚だよ、というこれも忘れてしまったけれどなめろうが出てきたけれど、高級なうまさはあまり感じませんでした。

 たぶん真鶴にきたのは初めてです。けっこう急な地形で、伊豆なんかと同じで火山活動とかでできたところのように思いました。
 半島の先の方まで行って、海辺におりました。丸い石がごろごろしていて歩きにくい。ところどころ砂になっているところで貝殻などを拾ったりしました。おっさんが二人で貝殻など拾っている姿はあやしかろう。拾ってどうするのかは自分でもよくわかりませんな。
貝殻はそれほどなかったけどフジツボのような殻がものすごくたくさんあった。友人が、お香立てにしてみたら、というので持って帰ってきました。使えるかな。

 潮だまりのようなところもすこしあって、カニはいっぱいいたけどほかの生き物はあまり姿が見えませんでした。あと、フナムシがうじょうじょいた。最初うぎゃーっと思ったけどすぐ慣れました。

 友達は海の際の岩を伝ってむこうに行ってしまった。私もつたっていこうと思ったけれどぬるぬるして危険です。そっちには行けなさそうだけど、と言ったら戻ってきた。私が選んだのとは別の岩に登れば良かったみたいだけど、へたをすると海に落ちる感じなのでやめたほうが良いです。

 戻ろうとして岩の転がったところからふつうの地面のところに戻ったら、ずっと不安定なところを歩いていたので足がふわふわしました。もう夕方で波がきらきらしました。釣りもしようかと言っていたのですがそのような時間はなかった。

 帰りも混むかと思いましたが帰りはいたって順調に帰ってきました。地元でかるくお酒を飲んで帰りました。

スポンサーサイト