FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

第404回ノラや寄席「遊雀・遊かり親子会 10回記念!」2019/4/28 なかの芸能小劇場

 サントリーホールから移動。どうもやっぱり風邪気味で元気がない感じのままむかいました。
 
 最初は遊雀師匠。前日の落語会から、今日は岐阜で仕事してきて、中野に着くまでの話、と、なかの芸能小劇場は久しぶり、遊雀になってから初めてかも…、出禁になった気がする…とかいきなりすごい発言。いいハコなので今後は出ていただきたいですね。
 ネタは「つる」 かるーく。あとから雌が…のところでガーッとつまるのがオモシロイ。
 高座返しも遊雀師匠がして、遊かりさん。出にくい、というお話から。ネタは「鉄砲のお熊」 前に神田鯉栄さんで聞いたのかなあ。きらりさんのとはまただいぶ違って聞こえる。白鳥さん作だったんですねえ。よくできてるなあ。

 中入りです。来るときに薬屋さんで買った飲み薬を飲みました(きかないね)。

 もう一席遊かりさんで、ご隠居さんのパートをおかみさんにした「千早ふる」 間にちょっときいたことのないクスグリが入っていて新鮮だったけど、ちょっと長い気がしたかなー。

 最後は遊雀師匠、昔喬太郎さんと、この中野でお互いのネタを交換してやる会があって、ハワイの雪をやった気がする、というお話でした。きいてみたい!昔、白鳥さんのおばさん部隊をやったこともあるらしいのでそれもきいてみたいなあ。
 ネタはお得意の「花見の仇討ち」 今年は聞かずじまいだなあ、と思っていたのでウレシイ。もう桜終わっちゃったよ、というところで、舞台を函館に変えて…、って、上野でもいいんです別に!それはそれで。遊雀師匠もよくできている、とおっしゃっていましたが、本当によくできた噺だと思う。今年最後の花見を、遊雀師匠の高座で堪能しました。桜の木の下で煙草を吸っている熊さんの後ろに花びらがはらはら散っている気がしました。これから咲く花を想いつつ聴く「花見の仇討」も良いけれど、終わってしまった花を思い出しつつ聴くのもまた良いなあと思いました。

 体調がイマイチなため、お誘いを失礼して、高速バスで帰る予定だったのを、ちょっと早く家に着くので電車で帰りました。駅から小雨が降っていてまたすこし濡れてしまった。



スポンサーサイト

N響ゴールデンクラシック2019 2019/4/28 サントリーホール


N響ゴールデンクラシック 2019 ドミトリー・リス指揮 NHK交響楽団 2019/4/28 サントリーホール

 前日雨の中をあちこち出かけたせいか少し風邪気味で頭がもやもやする感じでした。

 連休中だったけれど特に高速も混み合うことなく到着。お昼を食べて、まだ時間があったのでちょっとお茶を飲んで・・・とかやっていたら意外に時間が過ぎてしまってホールにはかなりギリギリの時間になってしまった。
 サントリーホールの前はなんだか骨董市みたいなのをやっていて、たいへんなひとごみでした。

 最初は清水和音さんのピアノで、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。今回は2階のバルコニーの後ろ側の席で、音響の関係もあったのかわかりませんが、なんだかちょっとピアノの音がドライな感じがしてあまりたのしめなかった。
 アンコールにリストの巡礼の年から。

 休憩中は隣に変な人がいてずっと変な鼻歌を歌っていて気持ち悪くて早く休憩終わらないかなと思ってしまった。

 休憩の後はリムスキーコルサコフの「ロシアの復活祭」 序曲。あまり熱心に聞いたことがない曲だけれど面白い曲だなと思いました。
 続いてストラヴィンスキーの「火の鳥」 1919年版。こんなさっぱりした構成だったかな、と思うくらいあっという間に終わってしまった。指揮者さんは終始ゴキゲンぽい表情でたのしげだし、がっつり聞かせるところと美しいところと幅広い表現で面白かった。
 なんだか最近コンサートでこの曲ばかり聞いている気もするけれどたぶんまあ日程とかの関係でそうなっちゃってるだけだとおもいます。
 そういえば前の席の若い女性が例のところですごくびっくりしていてちょっとわらってしまった。

連休1日目

 もうつかれたのでシュークリームをかじったりしています。

 連休なんかたぶんすぐ終わってしまうと思う。
 今朝はお天気さんがいまひとつでした。それでもその中ちょっと自治会の仕事をして、お洗濯をして、屋根にペンキを塗る準備を始めました。けっこう前回の塗装が剥がれてひどいことになっているのですこしだけそれをはがす作業をしました。かなり傷んでいる気がします。思ったよりその作業が大変なのと、思っていたより登るべき屋根が高い感じがするのでかなりテンションが下がってきたところに雨が降ってきました。おまけに弟が「適当に塗っておけばいい」みたいな話をし始めたのでかなりテンション下がりました。

 雨が降って来たので屋根のことはとりあえずやめて、買い物に行きました。ペンキは買おうとしていた缶がサービス品コーナーにひと缶だけ売っていたので安こうた。なぜ安くなっていたのか。賞味期限とか関係ないのに。
 最近ホームセンターにはあまり行っていないのであちこち見て回ってけっこう時間が経ってしまいました。そのあと書店に行って、そのあとまた電気店に行って買い物をしました。最初は買い物のあとジムに行こうと思っていたのですが、なんだか買い物で疲れてしまった。

 そういうわけで今はごろごろしてシュークリームとか食べている。たぶん10連休なんてすぐ終わってしまうでしょう。

れんきゅう

 ながい連休にはいります。
 ちょっとだけ予定はあるけれど無い日のほうがおおい。あっという間に終わってしまうと思います。
あたらしい車を洗って、物置の屋根を塗るつもりでいるのです。

 今日ホームセンターにペンキを買いに行ったのですが、おのぞみの色を売っていませんでした。
 その色が無いのは人気があって売れてしまったのか、それとも人気が無くて仕入れていないのか、そのどちらなのだろうかと思いました。
 おのぞみの色を探しにまた別のお店に行ってみようと思います。

 昨日は暑いくらいの日でしたが、今日はうちのあたりはものすごく深い霧がたちこめて、ひんやりしていました。なんだかこういうひんやりさもすこし気持ちが良い気がします。

 おやすみ中、時間があったら山の遊歩道にも行ってみようかなあ。ちいさな春のリンドウが咲いているかもしれない。



きた

 今日あたらしい自動車を受け取りに行ってきました。前の車よりすこしだけちいさい車になったけれど、もっと小さくても良かったかなとも思います。
 前の車をこまめに直して乗っていればまだ乗れたかなあとも思うし、とても気に入っていたのであたらしい車へのよろこびがいまひとつです。どっかにちょっと長めにドライブにでも行くとまた変わってくるのかなあ。
 新しい車は物を入れるスペースがとにかくない。CDとか置くところもないです。何か考えなければならない。少し物を押し込んでごちゃごちゃしてくると自分の車って感じがしてくるのかもしれない。

 そして納車数時間で雨ざんざん予報でわらうしかない。



ジョナサン・ノット指揮スイス・ロマンド管弦楽団演奏会 2019/4/13 東京芸術劇場

 今年はクラシックの演奏会はこれが初めてでした。おー。行きたい行きたいとは思っていたんだけれどなぜこんな感じになってしまっているのかわからない。

 池袋に昼頃ついて、お昼をどうしようか迷いました。あんまりたっぷり食べると演奏会でねむくなる。すくなめに食べて、そのあとコーヒーを飲んで(少なめに食べてと言いつつケーキとかも食べてしまった)、会場には開演の30分くらい前に入りました。
 コンサートが久しぶりのせいか芸劇に行ったのになぜか中のようすをサントリーホールのように思っていて、バルコニー席がない!とかよくわからないとまどいを感じたりしました。こまったものだ。

 最初は辻彩奈さんというわかいヴァイオリニストの独奏でメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲。なんでしょう。非常に存在感があって、よくしゃべる感じのソロですっごく面白かった。私はたいていのコンチェルトは長く感じるんだけど、あっというまでした。また聴いてみたい感じの人でした。

 休憩を挟んでマーラーの交響曲第6番。私はマーラーの交響曲を聞かないことはないのですが、一部を除いては家でもながら聞きしかしなくて、6番はまさにそういう曲なので、大丈夫かなあ、と思いながらチケットを買ったのでした。
 考えてみると昔だったらスイスロマンド管でマーラーをきく、などというとゲテモノじゃないか?というような感じだったのではないでしょうか。時代は変わったのでしょうねえ。スイスロマンドだから、というようなことはなく、非常によく響く、冷たくもゆるくもない立派な演奏だったと思います。部分部分はすごくたのしく聞きましたが、いかんせん曲の全貌が私にはよく見えなくて、途中何回か「長いなー!」と思ってしまいました。あと、ほとんど行進曲的に叫びたてている曲のような気もして、それも長いと感じた原因かも。きっと曲をよく知っている人にはいい演奏だったに違いないと思います。ぎっしり入った聴衆からもたいへんな拍手を受けていて、オーケストラがほとんどはけた後にもノット氏が再び出てきて拍手を受けていました。
 曲が長かったとはいえ、楽しい演奏会でした。またいろいろ聴きたい気持ちになりました。

 明日は用事があるので早めに帰ってきました。帰りにひとりで軽く飲んできましたが、なんだかちょっと寂しい気持ちになって、東京の友達に声をかければよかったなあ、と思いました。