FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

りょこう

 今年はもう半分きましたが、ちょっとしたお出かけはあるものの旅行らしい旅行に行っていません。
 昨日はお休みで三連休だったのですが、どこに行こうか、が決まらないのと、やっぱり気持ち的にあまり元気がないのかなあ、雨の中出かけるのが億劫で日帰りで東京とか行ってしまいました。
 阿房列車的なことでもしようと思ったけどわたしには山系くんがいないからなあ……。

スポンサーサイト



井上道義指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会 第23回ルビー 2019/6/28 

井上道義指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会 第23回ルビー 2019/6/28  すみだトリフォニーホール

 私用で東京に用事がありまして、そのついで、ではなく、なんかコンサートとかないかな、と思って調べたらあったので行ってきました。平日のまっぴるまからコンサートとは優雅ですな。
 開場してすこしあとに着きました。ロビーではコンサートマスターの人とハープのひとでプロコフィエフのロミオとジュリエットを演奏してはった。
 プログラムを読んでいたらすぐ始まりました。今日はぜんぶショスタコーヴィチの曲。最初はジャズ組曲第1番。ちいさい編成。バンジョーとかハワイアンギターが入っているのですが、通常のオーケストラの編成にはもちろんないわけだし、どういう方が参加しているのだろうと思いました。指揮の井上道義さんは、指揮をしているのか踊っているのか、という感じ。以前にもこの曲は聞いたことがあると思うのですが、なんとなくそのときより曲がわかった感じがして、前回聞いた時より飽きませんでした。
 
 終わると次の曲にそなえステージの上にいすを並べたりいろいろするわけですが、その間井上道義さんが出てきてすこしお話をしました。
 続いての曲は「黄金時代」の組曲。ハイティンクのCDと、ヤルヴィのもあったかな。なかなか楽しい曲です。プログラムを読んでそんな内容の曲なのか!と思いました。北朝鮮みたい。ナマできいても楽しい曲でしたが、響きがいろいろでなんだかすごい。

 休憩を挟んで交響曲第5番。演奏の前にも指揮者さんからすこしお話が。以前は嫌いな曲だったとか、楽譜通りに今日は演奏します、とか。第4楽章が途中までゆっくりなところかな。たぶん今まできいたことのない先の方までゆっくりでした。ちょっとゆっくりが長すぎる気はした。この曲は単純にけっこう私は好きなのですが、最近ショスタコーヴィチを聞く、となると別の番号の曲を選ぶことが多くて、久しぶりにききました。美しい曲だなあ、とおもいました。演奏がわりとレガート気味な感じだったのもあるのだろうか。

 アンコールは「ボルト」から、なんだっけ。なんかこう、馬車とか引く人の踊りみたいな曲でした。今調べたら荷馬車引きの踊り、らしい。荷馬車を引くのに踊っている場合なのか。引くのと踊るのとは別か。すごい曲だった。

 帰りに某所でちょっとした小さい打楽器を買いました。これが今回の用事だったの。なかなか地元では現物を見て買えないので。
 お店の人にいろんな打楽器を、これはどう使うんですか、と聞いている人がいて何の人なんだろうとおもった。

 行きかえりのバスでは赤松利市さんの「藻屑蟹」という小説を読んで内容の重さにどんよりしました。すごい話だった。
【“井上道義指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会 第23回ルビー 2019/6/28 ”の続きを読む】

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

東京都交響楽団 第879回定期演奏会Cシリーズ

アレホ・ペレス指揮 東京都交響楽団 第879回定期演奏会Cシリーズ  2019/6/8 東京芸術劇場

 コンサートのことはほとんど書かない感じなのでご了承ください。

 最近とみにぼーっと生きていて、なんだかなあと思うのです。ここも更新していませんね。急に思い出したからついでに書いておくと、先日ベーゼンドルファーのピアノを、ほんとうにピアノのすぐ脇で(なんなら寄りかかるくらいのところで)聞きました。すごくいい音がする楽器だなあと思いました。スタインウェイより好きだと思った。

 それはそれとして。ぼーっとしていたところ、東京のお友達から、最近全然連絡来ないけど患ってるの?とかいうメールが来ました。あまりに御無沙汰だなあ、と思って出かけよう、ではついでにコンサートにも行こう、と思ってチケットを取りました。
 出かける3日ほど前の午後に急に咳が止まらなくなり、あっというまに風邪をひきました。私はだいたい鼻からひくことが多くて、こういう感じの風邪は初めてくらいな感じがします。仕事が忙しくて休めず、一応病院にも行きましたが、なかなか抜けません。東京の友達との飲み会は延期にしましたが、咳はおさまってきて、チケットももったいないのでコンサートだけ行くことにしました。

 早めにホールについて、ゆったりしていると開演です。最初はストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」 1947年版ということで、そこで終わるんか、というところで終わった。私としてはもうちょっとキレの良い演奏の方が好みかなあと思いました。

 休憩のあとはファリャの「三角帽子」 今回はディアギレフの関係の曲が2曲でした。こちらの方がなんとなくしっくりしていたように思います。2曲とも色彩的な楽しい曲で、体調がもっと良ければ楽しめるプログラムだっただろうと思いました。

 行って帰って来ただけだけれどだいぶ疲れてしまい、今日はきらクラとか聞きつつまたぼーっとしています。ドンの正解は…ファリャとも時々カップリングがあったりするあの方の超有名な曲ですね。

 帰りに新宿の京王デパートのお酒売り場で何か買っていこうと思ったら、試飲をしていて、次から次へといろんなお酒を注がれて、酔っぱらってしまいそうでした。お手頃な値段のを一本買ってかえった。

タネ

 はこねの強羅というところにお風呂に入りにいってきました。強羅というところはもしかしたら車で行くのは初めてだったかもしれない。すごい坂が多くて、私の車では登るのがたいへんな感じでした。しばらく前から箱根山の火山活動レベルがすこしあがっているという話をきいていましたが、強羅ではあちらこちらが硫黄のにおいがしていました。いつもああなのか、それとも火山活動のせいかはわからない。

 強羅公園というところにいってみたら、いろんな花があったけれども、ネモフィラがすこし咲いていた。ネモフィラてイヌノフグリみたいな小さい花かと思っていたのですが、あんなにちいさい花ではなかったのですねえ。初めて知りました。可憐そうだけども丈夫そうな感じもしました。

 庭にまいたオジギソウはひとつだけそれらしき双葉が出てきました。ソコソコの数蒔いたのにひとつだけ。