FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

阿字ヶ浦に行ってきたこと ふつかめ

 ふつかめです。もうあれから1週間も経ってしまってだいぶ以前のことのようにおもわれる。
 いっぺんアップロードしてから見たら、けっこう写真が切れて表示されてしまうかもしれません。ご興味のある写真はクリックして開いてみてください。

 朝起きて、前日に駅のところのパン屋さんで買ったパンで朝ご飯にしました。近くに商店街らしき場所もあって、そこで買おうと思ったんだけれども、パン屋さんを見つけることができませんでした。
 今回は少し行き当たりばったりな感じで出かけているので、行き先をあちこち考えましたが、前日に気になったいたところに行こうと思い、ホテルの近くの駅まで歩いて行きました。そんで今日もはじめはひたちなか海浜鉄道に乗りました。日工前って駅で乗って、しばらくすると木のトンネルみたいなところをすぎ、やがて田んぼと林の間のような駅につきました。

P8251575_20190831140412c5e.jpg

 まわりにはなにもなく、どうしてここに駅があるのだろうと思いましたが、写真の右手の林を抜けるとけっこう家があったらしいです。写真の左手は田んぼが広がっていました。その田んぼの間の道を歩いていきました。とんぼが飛んだり、足元から驚いたバッタがとびはねたりしていきました。スマホの地図を頼りに歩いて行ったのですが、どうも本来向かうべき方向と違う方を目指しているようでした。やがて目的地が見えてきましたが、目的地はひどい草むらのむこうにありました。とても行けないかも、と思ったけれど、田んぼの畔などを伝って歩いて行って到着しました。見たいところがなんなのかというと、以前伊豆でも見た横穴墓です。
P8251584.jpg

 十五郎穴と言って、昔の人を埋葬した穴の跡です。なぜ十五郎穴というかというとなんかそんな感じの人が昔このへんに住んでいたから、って書いてありました。そんなもんか?かなりの数の横穴墓がこのあたりにはあるらしくて、ここまでくる間にもすこし見えました。冬場の藪が無い時期だともっと見えるのかもなあ。興味深い。昔の人のナマの暮らしの痕跡という感じがします。先ほど書きましたが、田んぼの脇のようなところを通って行ったのです。この横穴墓の脇には黄色い看板が立っていて「まむしに注意」って書いてありました。田んぼのところを歩いているときにナゾの水音とかしていてとてもおそろしかった。夏場に来るところじゃないなと後で思いました。

 踏み分けみちのようなところがあったので、そちらに歩いて行きました。そちらに埋蔵文化財センターのようなところがあって、そちらからく来るのが本来の道だったらしいです。山道のようなところをしばらく歩いていきました。蝉しぐれがものすごい量で降ってきています。今回の旅行の二日目は特に、蝉しぐれがずっと伴奏にあった気がしています。ここの蝉しぐれは特にすごくて、本当のしぐれだったらずぶ濡れに濡れているところです。しばらく歩くと虎塚古墳という古墳があって、その横に埋蔵文化財調査センターがありました。せっかくなのでそのセンターも見学させていただきました。土偶がすこしあってハニワもあって、展示室は狭かったけれどかなり興味深かったです。その手の知識があればもっとずっとずっと面白いんだろうなあ。中には、近くの虎塚古墳の中の壁のレプリカがありました。壁に絵が描いてあって、何の絵なんだろうと思ったけれど、シンプルながら訴えかけてくる感じで良いものだと思いました。
P8251599.jpg

 ふたたび駅まで歩いて戻りました。お陽ぃさんが高くのぼっているのであついあつい。埋蔵文化財調査センターの周りは芋畑がひろがって、ときどき風がわたるのですが、かなりそうはいっても汗をかきました。
 歩きながら、今見て来たいろいろのものについて、むかしはこのあたりはどうだったのだろう、どんな歴史があったのだろう、なんてことをあれこれ想像しました。立派な寺社や城を見るのも面白いのですが、こういうのもまた面白いなあと思いました。

 駅について自販機でジュースを飲んでいると列車が来たので、それに乗って勝田まで戻り、JRで水戸駅に向かいました。水戸駅のスタバで甘いものを飲んですこしぼーっとしてやすみました。

 そのあとはバスに乗って偕楽園に行きました。せっかく水戸まで来たので見ることに。ここも夏来るところではない。あつい。庭園から見下ろす先に千波湖が見えるので風景はやや涼しげに見えます。あと、庭園の半分くらいは梅園です。夏来てもあまりおもしろくない。そうは言っても広々して気持ちがすっとするような場所でした。
P8251611.jpg

P8251617.jpg

 むこうに千波湖がみえます。手前の石は碁盤を模している。

 庭園の中にある好文亭っていう建物は再建したものですが、やっぱりいろんなところに細かいイキな感じがつまっていてとても面白かったです。
P8251635.jpg

P8251632.jpg

 帰りにどこかでごはんを食べようと、途中でバスを降りたのですが、昼時を過ぎていたためなのか、日曜日のせいなのか店が全然見つからない。結局駅まで戻って駅ビルでご飯を食べました。

 帰りは特急には乗らなかったけれど、こんなに長時間乗ることはめったにないのでグリーン車に乗って帰った。最後までわりとがらがらでした。新宿で軽く飲んで帰った。どこに行っても都内を通るとなんとなく旅行気分が薄れてしまうのはしかたがないことですな。

 行きは何となく重い気持ちで出かけましたが、あちこちうろうろしている間にそういう気持ちはけっこう薄れた気がします。やっぱりお出かけは良いものだなあと思いました。


スポンサーサイト



テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

阿字ヶ浦に行ってきたこと いちにちめ

 今年はまだ旅行らしい旅行に行っていないのです。最近なんだか自分でも元気がなく、どうしてよいやらわかりません。とりあえずどこかに旅行に行きたい、と思いました。予定は1泊2日。三連休を取りますがあとの一日は家でごろごろして疲れを取ろうっていう了見です。
 何処に行こうか考えて、3か所くらいに絞りましたが、まだハッキリと、行こうという気持ちになりません。出発前夜、遅くまで行き先をネットで調べていたら気持ちが昂ったのか、いつもは寝つきが良いのに寝付けず、おまけに朝早く起きてしまいました。
 最終的に絞った2か所の行き先のうち、1か所は自分で運転をして行かなければならないところです。一人旅で話し相手もいない状況で、寝不足で運転はいやだな、と思って、もう1か所の候補であった茨城県に行くことにしました。
 
 いままで「行った」都道府県をしばらく前に調べたところ、関東圏なのに茨城県には行っていないことに気が付きました。通過はしているのですが。そんで、茨城県に行こうと思っていたのですが、私が調べた限り、私に興味がありそうな観光名所がありません。今回のおやすみはなんとなく海が見たいなあ、という気持ちだったので、とりあえず海岸がありそうで、しかもなんだか鉄道的にサキッポっぽい阿字ヶ浦というところを目指すことにしました。なんにも用事はないけれど。

 朝はそうはいってもグダグダしていて、出かけたのは8時くらいでした。地元から電車に乗りましたが、最近の心配事が頭のなかをぐるぐるしていて楽しめません。高尾駅のあたりで電車が急に止まりました。線路内に人が立ち入ったとかで、ちょっとの間止まり、このあとの乗り換えが大丈夫だろうかと思いました。このへんではまだ乗り換えようによっては京都とかに行っても良いのだよなあ、と思っていました。

 乗り換えの何処か忘れましたがものすごく混んでぎゅうぎゅうだった。久しぶりにぎゅうぎゅうの電車に乗りました。上野から上野東京ラインに乗った。特急では行きません。行けるところは普通列車で行きたい。そのほうがおもしろい。やがて広々とした田んぼが出てきたり、茨城県に入ると蓮田があったり、栗林があったりした。もう田んぼは稲穂が出ていて見ていて気持ちが良かったです。

 2時間くらい電車に乗りました。途中積乱雲がむくむくしているのが窓から見えたりして不安でしたが、この旅行中は全く降られませんでした。勝田という駅に着きました。水戸駅のおとなりの終点の駅です。水戸を過ぎたところでは私の乗っていた車両はみんな降りてしまって乗客は私だけでした。ここで降りて、時間が遅くて夜に差しさわりそうだったので駅前の立ち食いそばでお昼にしました。からあげの乗ったおそばがうまそうだったのでそれにしたけれど意外にお腹にたまって夜困った。

 再び駅に入って、ひたちなか海浜鉄道という路線の電車にのる。1両編成の電車でした。この日は電車の中はどこもかしこも冷房がガンガンでちょっとさむい感じがしました。うちのあたりも田舎ですが1両編成というのは無いので新鮮な感じがします。途中でお祭りがあるらしく法被を着たひとがすこし乗り降りしていました。14時過ぎに阿字ヶ浦駅に到着。駅には古い車両が飾ってあってたいへんふぜいがあります。
P8241562.jpg

 電車を見て、海の方へ歩いていきました。神社を過ぎると海が見えてきました。良いお天気で気持ちが良いけどあついです。神社のところにほしいも神社をつくるとか書いてありました。なぞだ。

 海に着くと、まだ夏なんですねえ。けっこう水着の人が出ていて、普通のかっこうの私は場違い感がすごく、海水浴場を避けてあるきました。ジャットスキーがうるさかった。防波堤でつりをしている人を見たりしたけどつれている様子はなかった。
 少し歩くと岩場のようなところがあっていい感じでした。波が高い。
 P8241571.jpg

 歩いていたら浜から道路に上がる石垣の上に家があって、そこから排水が流れている。きたないなと思って、海の家的な奴かなと思って、道路に上がって見たら人が住んでいるのかわからないような家でした。住んでいるのかな。

 なんだか夕方になってすごく暑くなってきて、汗がたくさん出ました。日陰は良い風が吹いたのですけれど。
 磯崎という駅まであるきました。駅前に人がおおぜい集まって、これから海浜公園まで歩いていくらしい。コキアのライトアップがあるのだそうです。海浜公園はネモフィラを見に行きたいと思ったこともあるけれどもう行くことはないのかも。

 電車に乗って、電車の中で今夜の宿をさがしました。翌日行きたいところが見つかり、移動の関係で勝田に泊まることにしました。地酒があるって書いてあったのでチェーンのお店に入ったけれど地酒なんかなかった。普通にすこしお酒を飲んで宿に行き、テレビを見ながら寝落ちしました。


上野鈴本演芸場 8月上席 昼席 2019/8/10

 時々一緒に飲みに行っている東京の友人にぜんぜん会っていなくて、ひょっとして患ってでもいるの?というメールが来たので、患っていないということを証明するために一緒に飲みに行くことにしました。ついでに寄席にも。
 
 敬称略
 金原亭 駒七 たらちね
 林家あんこ  都々逸親子
 ストレート松浦
 林家正蔵   皿屋敷
 古今亭志ん輔 紙入れ
 ニックス
 五明楼玉の輔 ざいぜんごろう
 春風亭一朝  強情灸
 のだゆき
 柳家小ゑん 顔の男

 仲入り

 ダーク広和
 宝井琴調  浅妻船
 林家木久扇
 春風亭正朝 悋気の火の玉
 柳家小菊
 林家しん平 

 前回寄席に行ったときはあまり楽しめなかったけれど、今回は大丈夫でした。そのまま友人と飲み。飲むまではねむいけれど飲みだすと大丈夫です。遅くなったので泊まりでした。翌日は早く帰らなければならないので寄席とかには行かず、日本橋の三井記念美術館に行きました。面白かった。仙厓っていう人の絵がことのほか面白いと思った。ステキなので機会があったらみなさんもみてみてください。
IMG_0388.jpg


 帰りは中央道が事故渋滞とお盆の車で混んですこし時間がかかった。