FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

上野鈴本演芸場 10月下席 昼席 2019/10/28 

 前日の流れで寄席に行きました。午前中はゆっくり出て、何してたんだっけ…。思い出した。松坂屋さんとかをうろついていたんだった。あすこの.パルコに犬印かばんっていう浅草のカバンやさんが入っていて、そこのカバンとお財布を愛用しているのです。お財布は一時期だけ作っていたやつで、丈夫で長持ちだったんだけどさすがに最近ダメになってきた。かばんはもう角が擦り切れてみすぼらしい感じになってきているのです。財布をまたつくらないかなあ、と思ってみてみたんだけど気に入る形のはもう作ってくれないのかも。
 カバンはまだ角の擦り切れたのを使います。
 そんなことしていたら開演の時間に。

 演目(敬称略)
春風亭与いち 手紙無筆
林家つる子  やかん
翁家社中
三遊亭歌橘 紙入れ
林家正蔵  松山鏡
林家楽一
桂文雀 大どこの犬
三遊亭歌武蔵
ニックス
桃月庵白酒  長命

仲入り

ダーク広和
柳家はん治
橘家円太郎  真田小僧
江戸家小猫
桂ひな太郎  幾代餅

白酒さんの長命と円太郎さんの真田小僧が面白かった。なんだか最後は疲れてすこしねむくなってしまいました。寄席がはねて外に出ると暗くなりかけて寂しいきもち。秋は好きですが日が短くなるのはなんだか寂しくて好きではない気がします。

スポンサーサイト



第412回ノラや寄席 遊雀・遊かり親子会12  高円寺HACO 2019/10/27

 今回はこの会のために上京です。ただ半月近くひいている風邪の名残と肩凝りでなんとなく調子が出ない。ぼんやりしたまま高円寺ノラやさんへ。高円寺はなんだか演奏まつりみたいな感じでそこここで演奏していました。ノラやさんの近くでも大きな音で演奏していて、これはうるさいな、と思っていましたが、会が始まる頃には終わりました。ああいう感じで演奏するのは楽しそうだな、私もちゃんと練習を重ねなければいけないな、というようなことを思いました。近くでやっていた演奏は伴奏は巧い感じだったけれど歌はなんだかなあ、という感じで残念でした。

 最初は遊かりさん。幇間腹。出戻りのお嬢さんバージョンというもの。女性の噺家さんいうことでいろいろ工夫がされていて楽しい。いつも思うんだけれど、今女流の講釈師さんがこれだけいて市民権(と言うのか?)を得ているので、女性の噺家さんだからといってあまり意識することはないのかもしれないなあって気がするのです。聞く方の意識見たようなものもあるのだろうか。
 続いて遊雀師匠、昨日の文蔵さんとの二人会のことから、七段目。サラリと。何回か聞いているのだけれど、やい親父!と言われたあと親父さんが半笑いなのはどういうことだろう。何だろう。

中入りのあとの遊かりさんの演目はないしょだそうです。古典の教養がうすいけれどなんとなくわかる。古典て古典落語じゃなくて、紫式部とかが出てくるの。

 最後は遊雀師匠で「風呂敷」 熊さんすごい酔っぱらい。最後のところの熊さんに風呂敷をかぶせてぐいぐい絞めてしまうところがなんだか遊雀師匠のやつは好きかもしれない。志ん生の「風呂敷」とはだいぶ違う噺になってますね。上げ潮のごみも出てこないし。

 打ち上げではいろんな日本酒が出てきて飲みすぎました。肩凝りで疲れているので早めに失礼しました。なんか最近この会の時体調がイマイチのことが重なる気がするなあ。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

日本フィルハーモニー交響楽団 第382回名曲コンサート 2019/10/27 サントリーホール

ピエタリ・インキネン指揮日本フィルハーモニー交響楽団 第382回名曲コンサート  2019/10/27 サントリーホール

 夜に落語会があるので出かけたのですが、昼間何かないかな、と探していたらこのコンサートがあったので行ってみることにしました。なんとなく「ついで」感があってあまり高い席を取るのはもったいない気がして、安い席を取りました。
 わりに早く都内について、お昼を食べて、肩凝り(というより首の凝り)がすごいのでちょっともんでもらいました。以前行っていた台湾式っていうところに行ったら知らない人がいてもうそれはすごい勢いでガリガリやられてとても痛かった。終わったらすこし午後のお茶を飲んでからいきましょう、と思っていたけれど、お客さんが私だけだったせいかゆっくりやってくれたらしく、気が付くとかなりギリギリの時間になっていました。おおいそぎで移動してサントリーホールへ。

 演奏が始まってすぐに思ったのですが、安い席(P席ではないです)で、バランスがよろしくない。ふだんから私はコンサートの時は正面じゃないところが好きではあるのですが、今回の席はそれでも少し気になるほどバランスが悪く感じました。
 ベートーヴェンの交響曲第1番はたぶんナマできくのは初めて。小さい編成ですっきりとした演奏でたいそう面白かったです。なんとなく聞くと大人しい曲のようにも思ってしまうけれど、ちゃんとやっぱりベートーヴェンの曲だなあ、ということを感じました。ティンパニの低温がずしっとしていて聞いていて胸がすくようでした。

 続いてのピアノ協奏曲はアレクセイ・ヴォロディンっていうピアニストの独奏。きれいな音を出すし、低音の方はゴリゴリ弾いたりする人でした。ピアノ協奏曲というジャンルが基本的に苦手で好きな曲が少ないジャンルで、この曲もよくわからず長いな、と思いました。アンコールでシューベルトの即興曲集から。何番とかまでは私はよくわからない。低音がこんなゴリゴリいう曲だったっけっか、と思った。

 休憩でトイレに行きました。こんなトイレだったかなと思った。

 後半はなぜかベートーヴェンではなくてドヴォルザークの交響曲第8番でした。割とオーソドックスな解釈のように感じたけれどたいそう面白かったです。この曲もやっぱり好きだなあと再確認した気がしました。木管楽器の使い方とかすごく楽しい。またナマで聞きたいなあと思った。インキネンはあまり癖の強い指揮者ではないように思うけれど、なかなか良いですね。また聴きに来たいなと思いました。

 終わったら高円寺に移動なので大急ぎで大江戸線に乗りました。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

京都には行けず・・・

 台風で交通がとまってしまい、結局京都には行けませんでした。昨日は雨風が強まる中、台風の様子や被害のようすをウツウツときいて一日過ごしてしまいました。

 今日は出かけようかなと思っていたのですが、県外に出るには道路も鉄道もふさがっています。では、ということで県内の博物館でやっている縄文の企画を見に行ってきました。
 そこの博物館には何度か足を運んでいるので、展示されているものに目新しい感じはあまりなかったのですが、土器についての解説がなかなか面白くて興味深くみました。交通が寸断されていて観光客の人が来ないのと、時間がちょうどおひるじぶんだったのでお客さんは自分くらいだろう、と思いましたが何人かお客さんがいて、熱心に眺めていました。こういう日に来るのだから相当なマニアにちがいあるまいとおもった。

 そのあとは映画を見に行こうと思っていたのですが、かんこうきゃくがいない日帰り温泉もよかろう、すいているだろう、と思ってわりとお気に入りの日帰り温泉に行きました。駐車場にはほとんど地元の車しかなくて、それでも県外の車があって、どうやっていらしったんだろう、と思いました。中はいつもよりはすいていたけれどそれでも思ったより人がいて、みんな考えることはいっしょやねんな、と思いました。
 露天風呂につかってぼーっとしていると、空をとんぼが飛びかったりしているのです。今年はそういえばいつまでも暑いけれど、普通の10月13日はどんな感じであっただろう、と思いました。

 もうここ10年以上、毎年京都に行っていますが、今年はとうとう行けないかもしれません。

京台風

 3連休京都に行く予定です。台風来ていますがいちかばちかで。たどりつけるでしょうか。

 地元はすごい荒天になりそうです。