FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

なかのらくご長屋 古今亭文菊独演会 2017/6/24 なかの芸能小劇場

 中野までいきました。都議選の最中であちこちで演説したりチラシを配ったりしている。声をかけられても「県民なんで・・・」って言って断りたくなる。
 朝10時からの会で、サンロードの奥の方はまだ暗かった。朝なのにもかかわらずそこそこの入りとそこそこの入場料だなあ、とおもう。

 最初に前座さんの柳亭市若さんで「狸の鯉」 最近時々このネタを聞くようになった気がする。流行っているのか。前半は「狸の札」と一緒だったけどそういう噺だったかなあ。

 文菊さんの一席目はそこそこ長めに「金明竹」 雨が降ってきて、軒先を貸してくんねえ、と言って人が訪ねてくる。今年は空梅雨だけれども、こんな噺から雨のふぜいを感じる。

 仲入りを挟んで、2席目は「やかんなめ」 これも最近はやっているのか。以前はあまり知らなかったネタなんだけど、元々やり手のいた噺なんだろうか。喜多八師匠がやっていたのがバツグンに良かったので、あの人が広めたのかなあ。禿頭を笑うネタなんだけれども、なんだかのほほんとして楽しい噺で、かなり好きなネタのひとつです。お侍さんの気持ちの描写がよく描けていて、ただハゲー、と言って笑うだけの噺じゃないからかもしれない。ここ数日「このハゲー!」ってのが流行っているけれどもそういうのとは違うのです。文菊さんのは、喜多八師匠のとはまたお侍の雰囲気が違って、こういう違いが表れるところがおもしろいな、と思いました。

 昼ちょっと前には会が終わって、午後からはどこに行こうかと思いました。池袋の定席は顔ぶれがいいんだけど、今日は代演だらけになっていそう、以前は携帯でその日の顔付けが確認できたのですが今はできないし、と思って、大急ぎで上野まで移動して講談協会の定席を広小路亭でききました。トリが神田松鯉さんで、水戸黄門のお兄さんの話をしていた。五月晴れというのは元々梅雨の晴れ間のことを言うのだそう。勉強になりました。

 帰りは高速道路がすこし渋滞してつかれた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bureimono.blog83.fc2.com/tb.php/1917-ce7734df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad