FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

黒門亭(第1部) 2017/7/23

 黒門亭はそれほど久しぶりではないとおもう。早朝寄席がはねて、少し雨がぱらつく中を移動。かなりお客さん良く入っていました。

 三遊亭ぐんま「芋俵」
 三遊亭ふう丈「ビニールカサロウ」
 古今亭菊千代「手は口ほどに物をいう」
 
 仲入り

 入船亭扇蔵「茄子娘」
 柳家小里ん「樟脳玉」
(敬称略)

「芋俵」久しぶりに聞きました。ぐんまさんなかなかいい味わい。
菊千代さんの新作は与太郎が主人公。いい人がたくさん出てくる話はご本人の人柄が出ているのかしらん。
「茄子娘」は、先代の、というか、三遊亭市馬さんから扇橋さんが教わったのだそうな。扇橋さんの茄子娘はなんともとぼけた味わいだったし、扇辰さんのも飄々としている。代々いろんな人に継がれていて良いことです。しかし扇橋師匠はなぜこの噺をおすわろうと思ったのか。目の付け所がスルドイですなあ。

 小里んさんの「樟脳玉」 これはかなり珍しい噺ではないかなあ。とはいえ、誰かで聞いているのだろうと思う。涙の種でございます、というフレーズはなんとなく覚えている。どちらかというと嫌な噺なんだろうけれど、ものすごく楽しくきいた。なんなんだこのにじみでるおかしみは!感動しました。やっぱり小里んさんすごいと改めて思いました。

 第2部の南喬さんも聞きたかったのだけれど、ちょっと苦手な人も出ているのでパスして夜の会に備えることにしました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bureimono.blog83.fc2.com/tb.php/1922-03593656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad