FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

台湾に行ってきたこと 2017 ふつかめ 平渓線のほう。

 ふつかめです。昨日もそうだったけれどものすごく暑い。たちまちにして手ぬぐいがびちゃびちゃになります。昨日はあまりにタジタジして過ごしたので反省して今日はもうちょっと言葉は通じなくても前向きにいこうと思いました。
taipei2.jpg

 木柵って駅からバスで行こうかと思ったのですが、今回のホテルから行くと割と時間がかかるようにも思ったので、行きかえりとも電車で行くことにしました。MRT(地下鉄みたいの)で南港駅まで行って台鉄に乗り換えです。ここから瑞芳まで台鉄に乗りました。
 割と良いお天気です。割と晴れ男なのかなあワタクシ、とか思いました。いったん瑞芳で降りて、朝ご飯を食べることにしました。駅を降りて少し歩くと市場のようなところがあって、すでにものすごい賑わいでした。なぜか女性の下着を売っているお店が多い気がする。別に女性の下着に興味があるから目立つということではないように思うのだけれどもなあ(2かいめ)。美食広場とかいうようなところがあったな、と思って入ってみたらまだ暗くてあまりやっていない。地元感がすごいのでちょっと気後れしてしまい、すぐ出てしまいました。
 駅前の少し今風な感じのところでサンドイッチとミルクティの朝ご飯にしました。何サンドかわからないで注文したけど普通のハムエッグサンドだった。ミルクティがめっちゃおいしかった。私は牛乳×なにか、という組み合わせがすごく好きなので台湾のミルクたっぷりの飲み物はすごくうれしい。このお店はすこしだけ日本語が通じました。前回来たときもジュースを買った店のような気がしましたが違った。

 平渓線の一日切符を買いました。80元。300円くらいです。電車のおかねはすごくやすい。ディーゼルの車両でかなりうるさい音がしていました。まだあまり電車は混んでおらず、車窓の景色を見ながら行きました。線路わきにすごくいい感じの川が流れている。線路わきのむさむさの草が車両に当たりそうな感じでした。

 以前来たホウトン、今回は寄らないけれど、大きな猫の張りぼてのようなものが置かれていたり、なんだかちょっと猫猫しくなりすぎていかがなものかなあと思った。平渓線沿線では普通にしていてもそこそこ犬猫成分は満たされるのでこのくらいやらないと大変なんだろうか。

 いったん終着駅のジントンまで行きました。古い駅舎だそうです。
jinton2.jpg

 なんのまじないか知らないが竹の筒がたくさんつるされている。ちょっと書いてみたい気もしましたがやめました。
jinton3.jpg

 ツタにやられている建物。反対側はやられておらず普通に使われていたので逆に驚いた。
jinton4.jpg

jinton5.jpg
 この人はつながれていたけれど、普通に黒い犬がうろうろしている。自由な感じなのです。

jinton7.jpg
 猫もあまり人を警戒しないのは逆にあまり人が猫にかまわないからなのかなあ・・・。

jinton6.jpg

 日本人が住んでいたという集落の方をまわりました。見かけない花やらがたくさん咲いていてやすらぐけれど、暑さはひどいです。橋の上から川をのぞくと、何の魚かわからないけどたくさん泳いでいて、うろこがきらきらしていました。

 ぐるりと歩いてみました。お寺なのか、お寺に収める像を作っているのかわからないようなところがあって、庭にはニワトリが鳴いていて、猫が狙っているのかと思ったけれどすぐに草むらで寝てしまいました。「情人橋」 という橋があるようなので、坂を下って歩いていってみました。いい感じの廃電柱があったので写真を撮ろうかと思っていると坂の下からおばさんが一人歩いてきました。軽く会釈をしたら、何か話しかけてきました。なんだかわからない!と思ったらどうも橋の場所を教えてくれているらしい。しぇしぇ。あまり坂を下りるとこの暑い中また戻らなければならぬ、めんどくさい、と思っていたけれど教えてくれるなら行かなければ申し訳ないです。角を曲がると廃屋がありました。
jinton8.jpg

 荒れ放題のゴミ屋敷のふぜいです。もう一軒の家は庭先に車が止まっていたので人が住んでいるのかと思ったのですが、近づいてみたらもう動かなくなってシブめな感じになっている日本車でした。なにげなく通りすぎようとしたら説明板が置かれていて、「中埔宿舎」という炭鉱の遺物のひとつなんだそうです。説明板を置いている割に保存状態がひどい。ドアには電気停めます、みたいな紙貼ってあるし。この状態で誰が電気使うねん。

jinton1.jpg

 情人橋もびみょうな感じでした。
jinton9.jpg

 橋を渡って階段を登ったら元のツタがむさむさの建物のところに出ました。いったん老街をうろついてへんてこりんなものを食べて、それから線路をわたって山の方に行った。すこし上ったところにはやはり保存されているのか微妙な石炭時代の建物があります。わずかに残ったレールが在りし日の使用感を残していていい感じです。
jinton10.jpg

jinton11.jpg

jinton12.jpg

jinton14.jpg

jinton13.jpg

ここは使ってるみたいだけど大丈夫なのかとおもう。
jinton15.jpg

 湿気がすごいから傷むのも早いのだろうか。見たことのないきれいな蝶なんかもいて面白かったです。

 たくさん汗をかいて手ぬぐいが絞れました。
 長いので続きはわけます。

 
スポンサーサイト

テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bureimono.blog83.fc2.com/tb.php/1929-be2fb773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad