FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

東京フィルハーモニー交響楽団第901回オーチャード定期 2018/1/28

チョン・ミョンフン指揮 東京フィルハーモニー交響楽団第901回オーチャード定期 2018/1/28

 オーチャードホールはどうも苦手で、というか渋谷の街がどうも苦手で、ものすごくヒサビサに来ることになりました。前回オーチャードホールに来たのがいつなのかわからない。午前中の落語会の池袋から移動してきて、東急への循環バスに乗っていきました。あっというまにつくけど乗る手間で歩くのとどっちが早いのかは不明。雪がぱらついていた。

 ホールに入ってぼけ、っとしていると開演です。なんだか今日はそういうめぐりあわせなのか、隣の席の男性がとんでもなくどうしようもなくて、がっつり足を広げて座るは、隣の女性になんだかワケのわからないウンチクを垂れるは、演奏中手を動かすんだけど、演奏と全くズレズレなので気になってしかたがない。大変閉口しました。もしかしたら今までコンサートで隣り合った中でサイアクだったかも。終わってからもろくに拍手もせず演奏がどうこう言っていてむかむかした。帰りにけんふんでも踏んでずりこければよろしいと思った。

 曲はモーツァルトのジュピターとベルリオーズの幻想交響曲。ジュピターは今風の演奏でところどころいろんな仕掛けをしていたけれど、美しい曲だな、と思ったくらいでとおりすぎました。私はこの曲はなんだか第1楽章が特にすきです。

  幻想のほうは、ミョンフンのCDだとコルネットが入っている版で、あれはじつはあんまりすきではありません。今回は入っていなかったので良かった。こういう曲はたぶん合っているのでしょう。たいそう面白い演奏でした。昔、N響をデュトワが指揮したものをきいてものすごく感動しました。その時はどちらかというとシャープな感じの演奏ぶりに感動したのですが、こちらはもっと狙った感じの面白さがありました。もちろん迫力にも欠けることはなく、たのしく聞きました。

 帰りは新宿駅に待ち合わせの人がいるのでおおいそぎで歩いて帰りました。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bureimono.blog83.fc2.com/tb.php/1954-d953a44d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad