FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

上野鈴本演芸場 2月下席 昼席 2018/3/26

 落語を最近あまりきいていない。聞きたい噺家さんがソコソコ出ている鈴本に行ってきました。前日遅かったので遅くまで寝ていて、新宿の紀伊国屋書店で、あんまりいろんなところで売っていない松原始さんの「カラスと京都」 という本を入手してから行きました。こだまさんの「ここは、おしまいの地」 も一緒に買おうか迷いましたが、なんと地元の書店でも売っていることがわかったのでそちらで買うことにしました。こんな辺鄙なとこの本屋でも売っているのか。

 林家やまびこ「狸の札」
 春風亭正太郎「たらちね」
 ストレート松浦
 五明楼玉の輔「動物園」
 入船亭扇遊「浮世床」 夢
 のだゆき
 春風亭百栄「桃太郎」
 古今亭菊之丞「権助魚」
 ホンキートンク
 春風亭一之輔「こんにゃく問答」

 仲入り

 林家楽一
 春風亭一朝「牛ほめ」
 桂文楽「悋気の火の玉」
 立花家橘之助
 春風亭柳朝「井戸の茶碗」
 (敬称略)

 わりと前半前座噺みたいなのが多くてちょっと物足りない気がしました。扇遊さんが聞きたかったのです。浮世床をきいて、やっぱりよいなあ、と思いました。あと一之輔さんも安定感がすごい。いざ、ってところで大声が出るのは強みだなあ。

 後半は一朝さんの、前座噺とはいえ、牛ほめ、あじわいがありました。文楽さんは「権助魚」 とつかないのかなあ。よくわからないけれど。
 「井戸の茶碗」 はなんだかすごいハイペースでとばしていた。後ろの席の人がどこかで聞いたとか言ってこそこそ筋書を話していました。この噺では以前にもそういうことがあった。先を話したくなる噺なのか。

 また帰りはかるく飲んで帰りました。高速バスの中で本を読んでいたのだけれど眠すぎてすこし居眠りをして舟をこいで、隣のおじさんに頭をごっつんしそうになった。地元でバスを降りたら雪がぱらついていた。でも春はきっとちかい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bureimono.blog83.fc2.com/tb.php/1957-220e7727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad