FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

上野鈴本演芸場 4月上席 昼席 2018/4/7

 先日水道の検針員さんがきて、今回の水道料がたいへんなことになっていますよ!と言いました。漏水していたみたいです。業者さんが来て、地面をほりおこして、原因がわかって、いくらかは水道料がまかるらしいけれども、それでもけっこうな出費でありますよ。家じゅうの水道をとめて、それでもメーターが回っていれば漏水しているということですけれども、そうそうそんなことしていられないし、なかなか気を付けるというわけにもいきません。

 まあそれはそれとして、先日日帰りで東京に行き、寄席に行ってきました。前々から4月上席は行きたいなあと思っていたのですが、4月から仕事が変わって気持ちが落ち着かず、行く気になれなかったのです。急に金曜日の仕事あがりに、行こう!と思って出かけることにしました。それでもお泊りでのお出かけはちょっとつらい、と思って日帰りにしました。
 行くにしても、池袋の金馬師匠のトリと、鈴本の圓太郎師匠のトリと最後まで迷いました。割と去年あたり金馬師匠のトリに行ったので今回は圓太郎師匠のほうに行くことにしました。

 お昼はアメ横の初めて入るお店でアジフライ定食をたべました。どうでもいい前振りが多いのがこのブログのとくちょう。アジフライは正体がなくて若干青魚臭くていまひとつでした。アメ横の路地の奥にあったまんぷくというお店で以前はよくアジフライを食べていたのです。もうなくなってしまった。あしこのアジフライはうまかったなあ、とか思いました。

 さて今日の顔ぶれは(敬称略)
 金原亭乃ゝ香  たらちね
 春風亭正太郎  初天神
 林家正楽
 林家彦丸     木火土金水
 桂南喬       粗忽の釘
 笑組
 橘家文蔵     夏泥
 柳家小袁治   肥甕
 ペペ桜井
 柳家小里ん   笠碁

 仲入り

 翁家勝丸
 五明楼玉の輔  紙入れ
 隅田川馬石    金明竹
 立花家橘之助
 橘家圓太郎    厩火事

 浅い出番で正楽さん。「コナン」の注文。名探偵コナン、男の子の探偵ってことは知ってるけど、それしか知らない。知らないけど切ります、といって切り始める。お囃子さんがしれっと「野崎」を弾き始めたのに笑いのツボを刺激されました。あとで正楽さんも解説していましたが、先代の桂小南さんの出囃子です。コナンがちがう。

 文蔵さんの夏泥と小里んさんの笠碁は安定のおもしろさ。小里んさんのとき後ろの人はいびきをかいていたけれども、入り込めるかどうかでだいぶ印象が違うのかも。

 馬石さんの金明竹は松公が馬鹿の役をしないという珍しい型でした。おかみさんが主役みたいな型。これはこれで面白いなあと思いました。松公はまだ子供であんまりいろんなことがわからない、というような演出でした。

 圓太郎さんの、厩火事も面白かった。全体にこの日は客席の反応が薄めな感じがしましたが、別にわからなくて、という感じではなくて、それなりにみんなききいっているけれどもあんまり笑い声が大きくない、という感じでした。なんだか圓太郎さんの噺は、気が強い女性もどっかかわいらしいところがある、というパターンが多いような気がします。

 終わっておそとに出てもまだ明るい。金曜日の夜に連絡したにもかかわらず、大学の時の後輩が飲みにいけます!というので、新宿駅の近くのお店でバスが出るまでにけっこうお酒をのんで、よっぱらいの助でバスに乗りました。なんといったか忘れてしまったけれど、奈良のお酒がおいしかった。

 
スポンサーサイト

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bureimono.blog83.fc2.com/tb.php/1964-aa53982f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad