FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

ゆにおん食堂 三遊亭遊雀 三遊亭好の助 二人会 2018/4/28

 錦糸町のコンサートホールからゆにおん食堂さんに移動。時間があるので、途中、市ヶ谷の駅で降りて、エクセルシオールかなんか入って休憩しました。持っていった文庫本を読んでいたのですが、横の席できれいな感じのお母さんが子供に勉強を教えていて、その会話がちょいちょい耳に入ってくるのですこし気が散った。

 南北線で六本木一丁目まで行きましたが、めったにそこで降りないので方向がわからなくなりそうでした。ゆにおん食堂さんにお伺いするのはかなり久しぶりだと思います。

 最初は遊雀師匠。好の助さんの九蔵襲名騒動について、そもそもそういう名前を継がせようと師匠が思うのは、ココがいいから(腕をとんとん、と叩く)というような話をして、楽屋に向かって「このくらいでいい?」
 好楽さんがお酒が強い、という話から「替り目」 に。俥屋のくだりなどをはしょって、すっと入る。ここのところかけているのを知っていて、聞きたかったのでうれしい。漬物石を頭にのっけて台所の隅に座ってる、というクスグリはウケるウケないは別としてなんだか想像してしまうバカバカしさがとても好きです。うどん屋さんも登場で、サゲまで。

 好の助さんは初めて聞く噺家さんです。一席目は「二十四孝」 普通のとかなり違いました。魚を盗まれておかみさんを殴ろうとしたら逆に殴られた、とか。二十四孝の話をされても、で?みたいな反応しかしないとか。若干かっ飛ばし気味な印象でした。

 中入りを挟んで好の助さん。1席目が短いと言われた、とのこと。2席目は「不精床」 こちらは割と普通だったかなあ。しかしこれも短めだった。

 遊雀さん、出てきて「短いっ!」 2席目はやっぱり最近よくかけている「三枚起請」 でした。それぞれの登場人物の表情やなんかを描いて、それほどクスグリだくさんって感じではないけれどすごく楽しかった。

 終わってからは打ち上げでした。食べて飲んで、たいへんに酩酊した。次の日は朝がっつり二日酔いで、本当は寄席に行くつもりでしたが、あちこち歩き回って、整体に行って、お買い物をして、予定より早めにかえりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bureimono.blog83.fc2.com/tb.php/1967-5eb56984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad