FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

N響ゴールデンクラシック2019 2019/4/28 サントリーホール


N響ゴールデンクラシック 2019 ドミトリー・リス指揮 NHK交響楽団 2019/4/28 サントリーホール

 前日雨の中をあちこち出かけたせいか少し風邪気味で頭がもやもやする感じでした。

 連休中だったけれど特に高速も混み合うことなく到着。お昼を食べて、まだ時間があったのでちょっとお茶を飲んで・・・とかやっていたら意外に時間が過ぎてしまってホールにはかなりギリギリの時間になってしまった。
 サントリーホールの前はなんだか骨董市みたいなのをやっていて、たいへんなひとごみでした。

 最初は清水和音さんのピアノで、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。今回は2階のバルコニーの後ろ側の席で、音響の関係もあったのかわかりませんが、なんだかちょっとピアノの音がドライな感じがしてあまりたのしめなかった。
 アンコールにリストの巡礼の年から。

 休憩中は隣に変な人がいてずっと変な鼻歌を歌っていて気持ち悪くて早く休憩終わらないかなと思ってしまった。

 休憩の後はリムスキーコルサコフの「ロシアの復活祭」 序曲。あまり熱心に聞いたことがない曲だけれど面白い曲だなと思いました。
 続いてストラヴィンスキーの「火の鳥」 1919年版。こんなさっぱりした構成だったかな、と思うくらいあっという間に終わってしまった。指揮者さんは終始ゴキゲンぽい表情でたのしげだし、がっつり聞かせるところと美しいところと幅広い表現で面白かった。
 なんだか最近コンサートでこの曲ばかり聞いている気もするけれどたぶんまあ日程とかの関係でそうなっちゃってるだけだとおもいます。
 そういえば前の席の若い女性が例のところですごくびっくりしていてちょっとわらってしまった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bureimono.blog83.fc2.com/tb.php/2029-818dd62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)