FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

第404回ノラや寄席「遊雀・遊かり親子会 10回記念!」2019/4/28 なかの芸能小劇場

 サントリーホールから移動。どうもやっぱり風邪気味で元気がない感じのままむかいました。
 
 最初は遊雀師匠。前日の落語会から、今日は岐阜で仕事してきて、中野に着くまでの話、と、なかの芸能小劇場は久しぶり、遊雀になってから初めてかも…、出禁になった気がする…とかいきなりすごい発言。いいハコなので今後は出ていただきたいですね。
 ネタは「つる」 かるーく。あとから雌が…のところでガーッとつまるのがオモシロイ。
 高座返しも遊雀師匠がして、遊かりさん。出にくい、というお話から。ネタは「鉄砲のお熊」 前に神田鯉栄さんで聞いたのかなあ。きらりさんのとはまただいぶ違って聞こえる。白鳥さん作だったんですねえ。よくできてるなあ。

 中入りです。来るときに薬屋さんで買った飲み薬を飲みました(きかないね)。

 もう一席遊かりさんで、ご隠居さんのパートをおかみさんにした「千早ふる」 間にちょっときいたことのないクスグリが入っていて新鮮だったけど、ちょっと長い気がしたかなー。

 最後は遊雀師匠、昔喬太郎さんと、この中野でお互いのネタを交換してやる会があって、ハワイの雪をやった気がする、というお話でした。きいてみたい!昔、白鳥さんのおばさん部隊をやったこともあるらしいのでそれもきいてみたいなあ。
 ネタはお得意の「花見の仇討ち」 今年は聞かずじまいだなあ、と思っていたのでウレシイ。もう桜終わっちゃったよ、というところで、舞台を函館に変えて…、って、上野でもいいんです別に!それはそれで。遊雀師匠もよくできている、とおっしゃっていましたが、本当によくできた噺だと思う。今年最後の花見を、遊雀師匠の高座で堪能しました。桜の木の下で煙草を吸っている熊さんの後ろに花びらがはらはら散っている気がしました。これから咲く花を想いつつ聴く「花見の仇討」も良いけれど、終わってしまった花を思い出しつつ聴くのもまた良いなあと思いました。

 体調がイマイチなため、お誘いを失礼して、高速バスで帰る予定だったのを、ちょっと早く家に着くので電車で帰りました。駅から小雨が降っていてまたすこし濡れてしまった。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bureimono.blog83.fc2.com/tb.php/2030-67260a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)