FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

井上道義指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会 第23回ルビー 2019/6/28 

井上道義指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会 第23回ルビー 2019/6/28  すみだトリフォニーホール

 私用で東京に用事がありまして、そのついで、ではなく、なんかコンサートとかないかな、と思って調べたらあったので行ってきました。平日のまっぴるまからコンサートとは優雅ですな。
 開場してすこしあとに着きました。ロビーではコンサートマスターの人とハープのひとでプロコフィエフのロミオとジュリエットを演奏してはった。
 プログラムを読んでいたらすぐ始まりました。今日はぜんぶショスタコーヴィチの曲。最初はジャズ組曲第1番。ちいさい編成。バンジョーとかハワイアンギターが入っているのですが、通常のオーケストラの編成にはもちろんないわけだし、どういう方が参加しているのだろうと思いました。指揮の井上道義さんは、指揮をしているのか踊っているのか、という感じ。以前にもこの曲は聞いたことがあると思うのですが、なんとなくそのときより曲がわかった感じがして、前回聞いた時より飽きませんでした。
 
 終わると次の曲にそなえステージの上にいすを並べたりいろいろするわけですが、その間井上道義さんが出てきてすこしお話をしました。
 続いての曲は「黄金時代」の組曲。ハイティンクのCDと、ヤルヴィのもあったかな。なかなか楽しい曲です。プログラムを読んでそんな内容の曲なのか!と思いました。北朝鮮みたい。ナマできいても楽しい曲でしたが、響きがいろいろでなんだかすごい。

 休憩を挟んで交響曲第5番。演奏の前にも指揮者さんからすこしお話が。以前は嫌いな曲だったとか、楽譜通りに今日は演奏します、とか。第4楽章が途中までゆっくりなところかな。たぶん今まできいたことのない先の方までゆっくりでした。ちょっとゆっくりが長すぎる気はした。この曲は単純にけっこう私は好きなのですが、最近ショスタコーヴィチを聞く、となると別の番号の曲を選ぶことが多くて、久しぶりにききました。美しい曲だなあ、とおもいました。演奏がわりとレガート気味な感じだったのもあるのだろうか。

 アンコールは「ボルト」から、なんだっけ。なんかこう、馬車とか引く人の踊りみたいな曲でした。今調べたら荷馬車引きの踊り、らしい。荷馬車を引くのに踊っている場合なのか。引くのと踊るのとは別か。すごい曲だった。

 帰りに某所でちょっとした小さい打楽器を買いました。これが今回の用事だったの。なかなか地元では現物を見て買えないので。
 お店の人にいろんな打楽器を、これはどう使うんですか、と聞いている人がいて何の人なんだろうとおもった。

 行きかえりのバスでは赤松利市さんの「藻屑蟹」という小説を読んで内容の重さにどんよりしました。すごい話だった。


スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bureimono.blog83.fc2.com/tb.php/2036-03f1ae10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)