FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

悠々ゆうじゃく 其の三 2008/2/17 内幸町ホール

 大阪フィルの演奏会と同じ日にあると知り、では行こうじゃないの、と、出かけてきました。今回は前回より入っていたかな。

 溜池山王のサントリーホールから、やや不便な場所にあるホテルにチェックインに行き、電車を乗り継いで新橋に着いたのは午後5時過ぎ。あたりは暗くなってくる頃です。駅を出てちょっと歩くと案内板があったので、念のため確認すると…まるっきり方向感覚がずれて歩いていたようです。だめだなあ。

 銀座方面をめざして歩き、まいみくさんが以前mixiに書いていらしったお店で晩御飯をいただきました。なにかゴハンと大きなちゃわん蒸し。もっと軽いお食事かと思っていたのですけどそうでもなかった。器の大きさだけ見て深さを見ていなかった。しかしおいしうございました。

 そんですこし銀座をぶらぶらして(オナジミだったヤマハホールはどこいったのだ?)、ホールに向かいました。もうけっこうお客さん入っていて、ごめんなさいよ…と着席。すこしぼーっとしているともう開演。幕が開くとマグナム小林さん。以前きいたようなアレでしたが、たっぷり。ゆるい色物でなかなかけっこうでございます。

 遊雀さん登場。ホール落語は緊張するものだけどマグナム小林さんでここが浅草演芸ホールのように…なんてお話をして、事件やなんかのマクラをふってから「小言幸兵衛」 へ。この間文鳥舎さんできいたネタです。今回のほうがややあっさりした感じだったように思います。最初の小言もすこし少なめだったし。最初に家を借りにやってくる豆腐屋のブチキレるところはやっぱり面白い。そんで、仕立て屋さんはやっぱり幸兵衛さんの妄想に引きつつもツッコミ役になっていて面白かったです。

 続いてゲストの桂南なんさん。初めてじゃないと思うのですけど…ちょっとどうなることかと。ぼんやりとしたおかしみがあって面白いのですけども、ややいろんなとこ雑な印象が。

 休憩後、ふたたび三遊亭遊雀さん登場。今度は紋付です。乗り物の話をマクラに始めて、乗りものに乗る楽しみ飛行機編…みたいな話を始める。浜松町の駅から…っと、話を始め、飛行機の離陸を、最初扇子でもって説明していたのですが、まどろっこしくなったように、自分で体を使って飛行機のシグサをしつつ、右を見ていてくださいっ!っと座布団の上で説明を始めるので爆笑…。いずれゼヒ鉄道編なども…。

 こんな話をするつもりじゃなかったんです、っと、ネタの「ねずみ」 へ。卯之吉が甚五郎にねずみ屋の説明をするくだり「右を見ていてください!さっきの話じゃない…」卯之吉とのやりとりなどが、なんともおかしみがあってよかったです。ねずみ屋の主人が、今までの経緯を話す場面では鳴り物が入りましたが、あれは邪魔だった…。ないほうがよかったです。けっこう長い告白の間、後ろで三味線が鳴っているのは気が散りましたし、そのせいか告白の内容になんだか不自然な印象を持ってしまったかな…。後半、土地の人(不思議な訛り)がねずみを見にくるところでは、たらいの中のねずみを見て「かわいいねずみだ」と目を細めるところが、ねずみの姿が目に浮かぶようでよかったです。ねずみが動くのを見るところで、信じないもうひとりが「酒を飲んだだろう」 みたいな演出は面白かった。サゲも、ちょっと短めにシンプルにやって効果的だったと思います。

 4月の勉強会の券を売っていましたが、文鳥舎さんと日程が近いのでパス…。

 終わって、電車の関係で有楽町で一杯…っと思ったら日曜の晩あのあたりほとんど飲み屋開いていなくて大変でした。けっこう歩き回ってしまった。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bureimono.blog83.fc2.com/tb.php/338-ca94a32e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)