FC2ブログ

ぶれいもの音楽隊(雀の間)

池袋演芸場 二之席(昼席)  2010/1/17

 今年初めての寄席。小三治さんはお休みですが、喬太郎さんがトリなのでまあよいか。って出かけました。どのくらい並ぶのか予測がつかない。小三治さんが出るなら予測できるんですけどもな。それでも、11時ごろにはかなりの人が並んでいました。この人たちみんな小三治さん出ないって承知で並んでいるのかしらん?と思った。早く入れてくれるかと思ったけど、ほとんど普段と同じ開場時間。寒いのぅ。

 古今亭志ん坊「たらちね」
 柳家ろべえ 謎の?「千早ふる」
 柳家一琴「三人無筆」
 柳亭燕路
 ロケット団
 柳亭小燕枝「長短」
 柳家さん八「小言念仏」
 入船亭扇橋「つる」
 アサダ二世
 柳家花緑「くも駕籠」
 柳家小さん「親子酒」
 にゃんこ・金魚
 橘家竹蔵「子ほめ」
 柳家小里ん「碁どろ」
 仲入り
 古今亭志ん輔「野ざらし」
 柳家小袁治「堪忍袋」
 ぺぺ桜井
 柳家喬太郎「ハワイの雪」

 志ん坊さん、きいたことあるのだろうかなあ。寄席に行く回数が減ってるのを最近、前座さんの顔がわからないことで実感します。
 ろべえさんは大学で得た知識を生かした落語をやってみろと小三治師匠に言われたので…と。最初、ちょっとシュールだったのが、ふつうの千早ふるになって、さらにまたヘンテコなほうへ…ちょいとした解釈で意外なほどあの「千早ふる…」のむちゃくちゃ解釈をやってのけるのにちょっとびっくり。それにしても、師匠にだんだん似てくるなあ。
 燕路さんの演目は、初めてきいた。亭主に殴られてかんざし買ってもらう女房のはなし。あまり気分の良い噺ではないと思った。
 さん八さんは珍しく落語をききました。扇橋さんのつる、は、ちょっといつもよりがんばってるバージョンだった。すんごくツボにはまった。つるの由来を教えに行って「おめえにも運が向いてきた」ってセリフが大好きです。扇橋さんの「つる」をきくとき、ここにくると待ち構えてしまう。
 小里んさんは「碁どろ」で渋いところ。

 志ん輔さんの野ざらしはやっぱり先々代の柳好さんを思い出します。ながれるような。

 喬太郎さんはトリで出てくるなり「小三治が出てくると思った人!」みたいなことを言って、すみませんっ!などと言いつ、ハワイの雪。途中「小三治の代演で新作かよ!」みたいな。昨年喬太郎さんをあまり聴いていないのですけど、昨年の喬太郎さんは、たまたまでしょうが、ハズレかな?ってほうが多かった。今日の喬太郎さんは良かったです。さすがだなって思いました。来月上席で池袋のトリなので、また聴きたいとおもいましたが、私が行けそうな日は休演だそうです。ははっ。 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bureimono.blog83.fc2.com/tb.php/948-99391e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)